おかあさんのしあわせ

10キロのお米買って
「おかあさん持ちきれないからお手伝いしてね」
と第二子にお願いした。
マンション下に着いたら電話するよって言ったのに
帰り道の途中まで迎えに来てくれた(*´∀`*)
自転車のかごに載せてたのを
「おかあさん、僕持つよ! 」と懸命に運ぼうとする。
いいよいいよ、といって話をしながら駐輪場まで行った。

お前がおかあさんのしあわせだよ(*´∀`*)

因みに米はおかあさんが運んだ('A`)
やっぱ重かったか('A`)

かわりに色々入ってるお仕事鞄持ってもらった。
こっちも結構重いんだな。1リットルの牛乳とか入ってたしな。

おかあさんはお前が10キロくらいの頃もだっこしてたんだから
ほんというと米袋くらい平気なんだぞ!(`・ω・´)

でも荷物二つは無理('A`)

手伝ってくれてありがとな(*´∀`*)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック