スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dale CarnegieのHow to win friends & Influence People読了!



やりましたよすくみうさま!
(以前子育てで困ってたときに勧めていただいた
折角なのでと原本に挑戦したのは自分の判断)

この本の特長
・そもそもベストセラーなので面白い。
・基本一般向けのハウツー本なのでそんなに難しい文章使ってなくて読みやすい。
・英語と人心掌握術を一度に学習できてお得。

しょーがんないけどアレなところ
・何しろ70年以上前に書かれたものなので妙に言葉が古い。多分文体も古いんだろう。しょーがんないけどねー。でもその分確実に辞書に載っている。時事英語とか読もうとすると言葉が新しすぎて辞書引いても出てなかったりしてそのへんで挫折したりするので安心ではある。
・カーネギーさんが書いた部分は比較的平易なんだけど頻繁に出てくる引用文が突然文学的にハイレベルだったりして戸惑ったりする。但し多分名著ぞろいなので勉強にはなる。

というわけでちくちく行き帰りの電車で「漢字そのままDS楽引辞典」でわかんない用語引きながらなんとか読み終えました。最初は一回につき1ページ半くらいしか進まなかったんですが最終的には一回5ページくらい読めるようになりました。これだけ取っ組んでやると流石に英語読むのが多少早くなったりはします。勉強はいつでもどこでも始められるし続けられるもんだなーと実感いたしました。
あとですね、最初消せるってことでシャーペンで単語の意味書いてたんですがこれを赤ペンに変えたとたん効率が三倍くらい上昇しました。視認性が上がったんですな。いやぁたかが色変えただけですごいもんですよ。
とゆーわけで今は話題のドラッカー読んでます。どれ読もうか相当迷ったんですが自選の入門書にしてみました。思ってたより難しい文章じゃなくて安心。



それにしても、英語の本がワンクリックで比較的安値で買えるなんて、いい時代になったもんですねぇ。



フツーの電子辞書ソフトなんですが発音確認できるもののなかでは比較的安値というのがよいです。ありがとうニンテンドー!



0.28という超細字のゲルインクボールペン。おまけに16色の多色展開。本に書き込みしようなんてぇときにはうってつけです。自分は手帳に書き込みするにも使っております。子どもの予定がじりじり増えてきたもんで、



上の子関連はブルー



下の子関連はグリーン




自分の用事や覚書はブルーブラック



特に目立たせたいものについてはブラウンブラック
と使い分けております。なかなか便利です。

とゆーわけで、面白くて為になる! How to Win Friends and Influence People、おすすめですぜ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すくみうさま、コメントありがとうございました!

やっぱり面白い本を読むってのは大事だと思いました。
今までいくつか挑戦してきたんですが、やっぱりこういうハウツー古典が多分一番とっつきやすいんじゃないかなーと。
科学コラムとかだと専門用語の壁があってむきょーってなるし
時事英語は書いたとおり新しい単語の壁があってむきょーってなるし
それがこちらだとやはり非常に読みやすいし単語も無理がない。
あと、作家さんが一人だと、単語とか文章とかの癖に慣れることができるので
関心のある分野であっても、
コラムを乱読するより一冊通読したほうがいいと思います。
それにしてもすくみうさまが勧めてくださらなければ
英語の本を読もうなんて思いつきませんでした。
ありがとうございました!
相変わらず第一子とはトンパチやっております。
カーネギーとか持ち出す暇もないですわー。
今の時期はしょーがんないんでしょーねー。
めんどくさいっすねー。
わりと色んなお母さんに聞いたら無視とゆーのが一番安全らしいのでほっといてます。
話ができるときは役に立ってます! ありがとうカーネギー!
さてこれからドラッカーでも読むかぁぁ!

ではほんとーにありがとうございました!
ネコタ斑猫 拝

No title

この英語タイトル本はひょっとして?!と思ったら、まさかのカーネギー「人を動かす」!英語原本とは恐れ入りました!私の意図しない形で「英語と人心掌握術を一度に学習できてお得。」なことになっていて、驚きと嬉しさでいっぱいです!

お勧めした本を楽しんで読んでいただけたようで良かったです。今後のネコタさんの人生においても役に立つ本でありますよう、願っております。(*´∀`*)
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。