七草粥は三日の夜に設定すべきだと思うんだ。

お節に飽きて
胃がもたれてて
三ヶ日で休みで
いいじゃねーすかよー。
七日の朝なんて仕事ですよー。
朝っぱらから青菜湯掻いてらんねーっすよー。

大体あれだよー日本てこなさなきゃいけないイベント多すぎなんだよーもー。
クリスマスはビュッシュ・ド・ノエルだの冬至の柚子湯だの大晦日の蕎麦だの正月のお節だの雑煮だの七草だのバレンタインにはチョコだのお雛様には潮汁だのちらし寿司だの端午の節句には菖蒲湯だの風呂に入れるもんまで規定されるのはどーゆーことだよーもー。
節分だっていつからだよー太巻食うなんてわけわかんないこと言い出したのはよー。大体アレ品がねーんだよー。なんで切っちゃいけねーんだよー。イラマチオじゃねーんだからよー。そんなんヒロインに咥えさせてモザイクかける以外に使いどころねーだろーがよー。
もう好きなもん好きなときに食わせてくれよー。
なんで日本だけ行事とそのオプションが全部入りになってんだよー。
大体ツリーしまったらすぐに正月飾り出さなきゃいけねーとか忙しーんだよー。
季節感じるどころか季節に振り回されとるわー。
ほんとにもー。
こういうのなんとかしてよーネギ先生ー。

(それでもネギ先生なら…ネギ先生ならきっとなんとかしてくれる…)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック