スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり乾燥肌。

えー。
ちょいと更新お休みしてまして申し訳ありません。
あれです、
生まれて初めて乾燥肌になりまして。
さらに
そこに発生していたかゆみ

蕁麻疹
から
痒疹
というものに
勝手に進化を遂げやがりまして。

いやもうほんとにアレですよね。
痒いってのは気ぃがそがれるもんですよ。
ほんと
アトピーの方とかどんだけ辛いだろうと
えらいこっちゃなーと
改めて思い至りました。


その要因なんですが
ストレス
疲労
季節の変わり目に負けた
柔軟剤を使い始めた
歳のせい
さぁどれかという話なんですけども
ああもうあれですよね
どれもアリアリですよねって感じで。

とりあえず柔軟剤はやめました。
アレネー子どもにせがまれてのりのりで使ってたんですけどもネー
やっぱり肌のトラブルのもとになりやすいらしいっすネー。
知らんかったわー。

んで病院行って
アレグラもらったり
アレロックもらったり
エンクロッククリームもらったり
なんか不思議軟膏もらったり
色々したんですけども
どうも今ひとつ寛解の兆しが見られず
色々ネットで調べておりましたら
乾燥肌には水分不足と脂質不足の二種類あるという話
湯上りに化粧水で手入れしてたガンメンが改善していることを考えると
これまでの「水分が逃げないよう軟膏や乳液で蓋をする」戦略から
「むしろ水分を補給する」戦略にシフトしたところ
ようやく改善の兆しが見えてきたところでございます。
今もちょっと痒くなってきたら
とにかく
無印の化粧水敏感肌用高保湿タイプを
こうシュシュっとスプレーしてですね。
毎日をしのいでいる有様でございます。

で、吃驚したのが
乾燥こじらせて瞼をエレー腫らしたんですが
それがなおるうちに
ぺりぺり顔の皮が剥がれてですね。

ピーリングみてぇに。

やったことないけど。

瞼の皮剥がれるトコなんて初めて見たわー。

いやーオモシロイもんですね。色々。

肌も頑張るわー。

とゆーわけでぼちぼち更新再開しますんで
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

ネコタ斑猫 拝
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

naoさま、また古いネタにまでコメントを…(*´∀`*)

未だにそれは私にとっての命題です。ち◯こー!
個人的にはなんか
ぴよって上に上がっちゃって方向が定まらなくなるんじゃないのかな
とか思ったりしたんですが
きちんと下げればいいわけですね。鳴る程。

睡眠は大事だと思います。
あと皮膚がこうなって不思議なのは
一箇所痒くなると連動して色んなとこが思い出し痒いになるとこ。
暖かくなるとダメですねー。
不思議ねー。

すっきり治りそうなもんでもないようなので、まぁぼちぼち付き合っていこうと思ってます。

ネコタ斑猫 拝

No title

ああー皮膚科ってその辺の情報遅れているからどーかなー^^
私自身はアレルギーオンパレードでアトピーもそこそこひどい
のだけど・・・実は一番問題は睡眠不足かと^^
よく寝ているときは、わり皮膚の状態といいんですよね。

ところで、以前コメントしそこなったのですがw
男子で前開きで無いパンツでどーやっておっしこするのかって
やつですが~~普通に、チャックを下してパンツを下げれますよw
なにもズボンを脱ぐ必要ありません^^

naoさま、ありがとうございます!

湿潤療法のひとのサイトなんですね!
ありがとうございます!

子どもの反抗期のときもそーだったんですけども
なんか科学と乖離した口伝みてーなのが独り歩きしちゃってるなーと思って
マジメに皮膚科学勉強しようと思ってた矢先のナビ!
ありがとうございました!

界面活性剤というのは相当大きい概念だと思うので
私の持つ今現在の拙い知識で一概に断ずる事はできないのですが
常在細菌も大事にしたいと思ってます。

とりあえず一日塗って悪化したよーなきがしたので乳液はやめました(*´∀`*)
今は医者に貰った軟膏をじりじりと塗ってます。

今度病院行ったら
専門書何読んだらいいか聞いてみよーかなー(*´∀`*)

ではほんとにありがとございました!
ネコタ斑猫 拝

蓋になりません

>これまでの「水分が逃げないよう軟膏や乳液で蓋をする」戦略から

軟膏(クリーム)や乳液て、基本的に水と油を混ぜるものだから・・
皮膚の油を溶かして皮膚の水分を出すだけですよーー^^

このサイトの http://www.wound-treatment.jp/
この辺を参照
http://www.wound-treatment.jp/next/wound351.htm
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。