私は子どもを虐待してたらしい。

上の子が熱を出した。8度5分。
病院に行こうかというと却って具合が悪くなるからいいという。
それではと仕事にでかけ、学校と実家に連絡した。
昼ごろと夕方ごろ、様子見の電話をしたが、携帯にも固定電話にもでない。
(上の子は家電は面倒臭がってほとんどとらない、携帯は私がかけるとほとんど出ない)
帰ると「寝てた」「電池なくなって充電してた」「電源切ってた」というので、電話には出るように言った。
朝作った弁当は空になっており、夕食にはクリームシチューを食べた。

次の日、朝方熱を計ると7度5分だったのでやはり休ませることにした。
前日実家に電話したときまだ寝ていたらしい父がとったので、まぁ上の子だし、と実家への連絡はしなかった。
昼ごろまた電話したが、やはり出ない。

夕方五時頃母から電話があった。
今日買い物に子どもを連れていってあげるというので、実は上の子は休んでる、というと、じゃあ買い物はだめね、といわれた。
良かったら見に行ってくれないか、と言ったところ、
父が行ってると思うので聞いてみる、と言ってくれた。

さらに担任の先生から電話がかかってきた。
子どもに確認したいことがあるが家の電話も携帯も通じないという。
こちらからも電話したが、やはり出ない。

明日でよいということになった。

流石にトサカに来て
帰ってから子どもに、
いいかげん電話には出ろ、
メールのために買ったんじゃない
お母さんが仕事してるから連絡をとるために買ったんだ
こういうふうにお母さんとの連絡がとれない状況が続いたら携帯を停止すると
大説教をした。
子どもは、
携帯はお父さんが買ってくれたのになんでお前が口出しするんだ、
出なかったのは寝てたからだ、電源切ってたからだ、と言い募り
しまいには切れた。

口論の最中
上の子が床を酷く踏み鳴らして
下の人が訪ねてきた。
前から子どもの足音を気にしていた人だ。
平謝りに謝った。
子どもは
「お前が説教長くて足を踏みならさせたんだ」
と顔も出さなかった。

お前の説教がうぜぇから
やめさせるには足を踏み鳴らすかものを壊すしかねぇんだよ
と上の子は言った。

しょーがんないので実家に電話したところ、
あんたに手をあげなくなっただけまし
家の電話にはでなさいって言えばいいだけじゃないの
とにかくあんたはしつこい
あと今日なんで実家に子供が病気で休んでるって伝えなかった
大体電話して誰も出なかったらこじらして気を失ってるんじゃないかとかそういうことは考えないのか
言ってくれたらうちが近いんだからこっちで見に行くに決まってるじゃないか
このことちょっと話した知り合いに言われて思ったんだけど
あんたがやってることは虐待だネグレクトだと言われた。
多分連絡がとれないってことで中学でも問題になってると言われた

説教がしつこくなるのは
一度で聞かない、すぐばれる嘘を含んだ口答えをするからだ。
(携帯の電源を切っている時の留守電メッセージと出なかった時のメッセージの違いとか)
だが私の説教は我慢出来ないレベルのものだと
母が子どもに保証してしまった。
いよいよ調子にのって子どもは言うことを聞かない。
三回いえばわかるからと母は言うが
三回言ったところでどうにもならない。

熱で休んだんだから早く寝なさい
4時間もやってたんだからそろそろ一旦ゲーム切りなさい
そんなことすら子どもに聞かせられない。

お前がやってることは間違ってるって
おばあちゃんも言ってるし
僕もそう思う
なんでわかんないんだといわれた

空気読めなさすぎ
自覚なさすぎ

お前そんなんだから
いっつも一人なんだよと
言われた

私も職場の人と飲みに行ったりしたいが
早く帰って子どもにご飯を作らなくてはならないと思って
直帰している

子どもを一人にして飲みに行くなんて
とんでもないと
母に言われているからだ

集まりがあるときは
数週間前に母に頼んで
預かってもらうそういうことになってしまっている

友だち
実家
双方のスケジュール調整が難しすぎて
飲み会を企画する気力がなくなってしまった

土日も
家事で手一杯
疲れすぎてもいるので
どこに出かける気力もない

楽しいことが見当たらないので
せめてブログを書いている

もし時間と体力と子どもの将来のためにと使うのを我慢しなくていいお金があったなら

やりたいことはいっぱいあるよ。


web拍手で励ましのコメントくださった皆様、ありがとございました。
嬉しかったですm(_ _ )m


高校生の頃こんなでした、もっと信じて欲しかった、というコメントをくれた方。
多分君はうちの第一子の代弁者なのでしょう。
その言葉、うちの第一子の言葉だと思って、大切にします。
(諸般の事情でやりきれない時もあると見込まれるが許せ息子よ)





ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Dさま、コメントありがとうございました。

コンビニ弁当は多分今まで食べさせたことないけど
インスタントラーメンは食べさせちゃいますねぇ。
土日のお昼とか
疲れてる時。

平日だと大体カレー作りおきですね。
カレーいいやつですよ。
レンチンでうまいし。

別にちびどもはもうお母さんいなくても
二人で楽しくゲームやったりマンガ読んだりするんですけどね。
やっぱかーちゃんなんだから
そういう感覚を大事にしたいなぁ、と。
ただ一緒にいるだけみたいなもんなんですけどね。

> つらいときはぜひ吐き出してくださいね。
> ネコタさんの育児は手伝えないけれど、
> ネコタさんの肩の荷をちょっとだけ降ろすことは出来ますから。

ありがとございます。
コメント正直嬉しいです。
こんな辺境を見守ってくださってありがとございます。

では!
ネコタ斑猫 拝

No title

返信ありがとうございます。

「でも自分小心者だから
子供ふたりで食卓囲んでるとことか想像しちゃうと
どうもダメなんですよ」

なるほど。親のいない夕食が母のするべきことなのかと
自責の念に駆られるのでしょうか。
うーむ、コンビニ弁当を子供が食べてると思ったら、
楽しくお酒は飲めなさそうです。

女性であるネコタさんの豊かな想像力が、
子供たちを抱きしめているのですね。



つらいときはぜひ吐き出してくださいね。
ネコタさんの育児は手伝えないけれど、
ネコタさんの肩の荷をちょっとだけ降ろすことは出来ますから。


Dさま、コメントありがとございました。

自由かー。
あとちょっと自由があったら何したいかなー。
金曜日会社帰りに美術展観に行きたいなー。
あと元同僚群と呑み行きたいっす。

でも自分小心者だから
子供ふたりで食卓囲んでるとことか想像しちゃうと
どうもダメなんですよ。

下の子がまだ小学生ですしねー。

虐待は違いますよね。
なんかもうめんどくせぇですよ親。
でもまぁ色々世話になってるし
世代と年齢のせいでおかしくなってるんだと思うことにしてます。
あんまりなときはここに吐き出しますので
ご容赦ください。

デハ
ネコタ斑猫 拝

No title

少なくとも虐待ではないと私は思いますよ。
言うべきは言うべきです。母親の前に、人間なんですからね。

中学生ならもう立派な大人だと思います。
ネコタさんがもっと自由に生きても良いと思いますよ。
がんばってください。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック