スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものファンになってくださいと家庭児童相談室の美しいひとに言われたのだが

「お母さん、子どものファンになってください。
ファンってちょっとやそっとの欠点があっても目をつぶりますよね?
そういう心構えで接してあげてください」

そう美しいひとはおっしゃったのだが。

無理。スゲェ無理。

でもところでさ。
そもそもファンってなんだ? ファンってどういうモンなのだ?

わかんなくなってきたので考察することにした。

ワタシのいだいている超弩級のファンのイメージ
AKB48でCD一杯買って握手会に行く人

その人を見るとハイになり
またその人のためなら自分の何かを費やすことにためらいを持たない、
それがファン

その伝でいくと自分がファンな相手
ヒラコー
荒俣宏
北野武
タッツミー
鷹村守
千堂武士

何故ヒラコーのファンか
すげー頭よさそうだから
偏った博学(日本語として矛盾しとるが)っぽいから
漫画はセリフ回しは勿論キャラクターも絵もなんもかもフル勃起モンの素晴らしさ
ツイッタを見ていよいよファンに

ヒラコーに対して自分はどういう行動をとっているか
単行本全部買い(Hiテンション未入手('A`))
ツイッタで発言追う
ツイッタで発言が途切れると不安になる
締切り間際の壊れた発言や非モテな雄叫びを見るといよいよ愛しくなる
ヒラコーが映画見ながらツイートしてるとき状況が許せば一緒に見て楽しむ

自分に見える範囲でのヒラコーの欠点
締め切り前になるとコカンがくさくなるらしいところ

自分が感じるヒラコーの悲しいところ
巨乳好きのあまり貧乳の人に対して
「何か用か貧乳男女
少しはパイオツ大きくする努力をしなさいよおまえは
なにそのまな板なめてんの」
とか言っちゃうところ

その欠点や悲しいところについてどう思っているか
ヒラコーだからいい 巨乳のパツキン娘と早いとこ幸せになって欲しい

何故荒俣宏のファンか
超博学
なんか諸々に対して愛がある
物事を突き詰めることに対して壊れ気味

荒俣宏に対して自分はどういう行動をとっているか
昔は著作をほぼ全部買いしてた
今は図書館で借りる程度だがいつまでもお慕いしてます
テレビで偶然ご尊顔を拝見したりすると興奮します
知的な一言一句で無駄に惚れ直します

自分に見える範囲での荒俣宏の欠点
物事を突き詰めることに対して壊れ気味過ぎて故杉浦日向子さんとの結婚が破綻してしまったらしいこと

その欠点についてどう思っているか
自分が結婚してるわけじゃないから別に全然いいです その存在を愛してます

何故北野武のファンか
カッコいい 全面的に
Wikipedia読んでいよいよファンに
毎日タップの練習してるとかカッコ良すぎ

北野武について自分はどういう行動をとっているか
ただただ好き なんかもう好き
番組とか著作とか全然網羅してないけど
でも何をやっても好き

自分に見える範囲での北野武の欠点
ナイ どんなエピソードが出てきても好きでいる自信がある

何故タッツミーのファンか
こなれてるから
カッコいいから
視野が広いから

タッツミーに対して自分はどういう行動をとっているか
漫画を全巻買った
アニメを正座して見る
動いてるタッツミーを見ると「キャーカッコイー」とか奇声を発してしまって恥ずかしい

自分に見える範囲でのタッツミーの欠点とは
特に見当たらないが周りのキャラは大変なときあるだろうなぁと思う

何故鷹村守のファンか
鮮やかに強い
カッコいい
真摯

鷹村守に対して自分はどういう行動をとっているか
試合の巻と活躍巻だけ持ってる

自分に見える範囲での鷹村守の欠点
なんか色々ダメ 特に最近はうんこがひどい

その欠点についてどう思っているか
多分リアルに身近に居たらすごく迷惑そうで無理
てかジョージ先生もう少し扱いよくしてください

何故千堂武士のファンか
かわいい
強い
カッコいい
人なつこい

千堂武士について自分はどういう行動をとっているか
試合の巻だけ持ってる
セル画写真サイズにプリントアウトしたのを部屋に貼ってる

自分に見える範囲での千堂の欠点
あまり頭がよろしくなさそう

その欠点についてどう思っているか
全く気にならない 知り合いに居たら面白そうだなぁと思う

番外
自分がファンをやめた相手とその理由
ツイッタの発言を見ているうちに驚くほど器が小さいこととネタレベルでは済まされないほど発言がいい加減なことが判明したため

考察から導かれた結論
ファンであっても欠点はヤダ

自分への設問:子どものファンになるべきか
自分なりの回答:やはり無理せずフツーによいところは認めダメなところは誘導すればいいと思う。
ただ最近のワタクシは子供に脅されすぎて拒絶気味だった。
拒絶したいという感情にとらわれず良いところはきっちり認めかつ絶対にそれを伝えるようにしよう。
それが自由ということだ、多分。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。