スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでんカーでおでんおかわりできなかったから翌日お多幸に行ってきました

沢の鶴の1.5cupが発売15周年ということで
沢の鶴1.5カップとおでん5品で300円という
神のようなキャンペーンを開催中。
アキバのは行き逃してしまったんですが
平素は屋台村の聖地である大手町フジサンケイビル前の広場にも来るよ!
ということで
木曜日に職場の人誘って推参してきました。

これがなかなか突っ込みどころが多かったので後の参考とてここに記録させていただきます。

あのそこそこ広い場所のぐるりに屋台村と同じように屋台カーが停められております。
屋台カーを見て回ったところフジサンケイビル地下の飲食店舗が生ビール500円、つまみ300~500円の幅で商いをして居られます。
奥のビル側にはステージ、その左奥にひっそりと仕込みをするおでんカーが。
広場には長机と長椅子がずらり。自分が参じた5:40はまだ超閑散。風も結構あって爽やかというより寒い。

というわけで早速おでんとカップ酒調達へ。

odenn1.jpg

こんなお嬢さんが受付です。
確かここで300円をお支払い。

odenn2.jpg

好きな種を五つ選びます。

odenn31.jpg

お姉さんの左横にあったおでんカーのおでん係のにーちゃんに紙を渡しておでんをゲット!
がんもは小ぶりだがタコが想定以上に楽しい! なにこれかわいい!Σ(・∀・;)

ゆーわけで職場の人とちびちび飲んでまくまく頂いたんですが
アレですよね。おかわりいきますよね。

もう最初選ぶ時点で
次何食べようかなー
ってワクワクしてるわけですよ!
もう炎の転校生のアニメ化控えた炎燃状態ですよ!
moyuru11.jpg

おまえおでん食ったことないのか? ってゆーくらい夢いっぱい。それはもう恥ずかしいほどに。

んが。
「おかわりお願いします! 」
と受付に並んだところ。

断られました。お嬢さんに。

「すいません、ここが売れすぎてて他の屋台が売れないって言われたので
おでんは一回だけです。
1.5cupのおかわりはできますケド…。」






moyuru2.jpg

こんな気分に。

いやいやいやいや。
だってね。
周りの屋台はね、アレですよ、
わかってねぇんですよ。
大体自分ここ来たの
おでんカー目当てですからね。
でそのおでんカーが
ワンカップ150円
おでん5品150円(おでん1品15円が売りだが計算があわねぇのでこの表記)
という良心行き過ぎた砕身価格で販売しておるというのに
他の屋台は平常心過ぎるじゃありませんか!
そら売れるわけないさぁ!

と思ったんですが。

お嬢さんはね、キャンギャルですからね。
言われた通りにやる他ねぇんですよね。
ちゃんとお仕事しないとね。
叱られちゃいますからね。

ま、そんなわけで
他に出店が出ている場合
おでんのおかわりできない場合がありますので
受付で確認しておいた方がいいヨ! という
そんなお話でありました。

あ、あとステージにピアニカサックスの楽団が出たのですが
一曲やって引っ込んじゃった(´;ω;`)

おでん美味かった(´・ω・`)
おかわりしたかった(´;ω;`)
おかわりしたかったんだよー。・゚・(ノД`)・゚・。





ゆーわけで翌日のランチはおでんリベンジのためにお多幸行ってきました。

toumesi3.jpg
おでん4品750円。

toumesi2.jpg
こんなに種があって毎回死ぬほど悩むのでオススメにしてみました。

toumesi.jpg
左下は茶飯によく煮込んだ豆腐と葱とおでんつゆをかけたとうめしです。
これがこちらの名物。すげー美味いんでこれからの季節に是非!
種は切れ目が入っててそれぞれ食べやすい大根、ちくわぶ、厚揚げ。
右上はちょいと塩気の聞いた大根の漬けたのと胡瓜のキューちゃんっぽいの。
いい塩梅のシジミ汁。
ちょっと甘めの昆布の煮物。

これを以て私のおでん欲はようやく満たされたのであったのであった。

あ、あと特記事項。
お多幸、おでんモノであれば異常に出てくるの早いです。
下手なファーストフードより早いくらい。
煮こんであるの盛りつけるだけという理屈はわかるんですが毎回驚愕!
にも関わらず満足度高し!

これからの季節、多方面でマジオススメです。

おでんカー 来週は新宿アイランドウィングに出没するらしいよ!

お多幸



燃えよペン 島本和彦

燃えよペン 島本和彦

価格:525円(税込、送料別)



20100219のお多幸記事はこちら
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。