スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶が出来る子に育てられたんだからもうあなたが子育てで出来ることは終わったのよとか言われたんだが

違うよ! 全然違うよ!
むしろ俺達の戦いはこれから始まるんだよ!
大体なんだよ! 挨拶が出来る子がえらいみたいな風潮は!
そんなんだから事件のたびに
「外で会ったらきちんと挨拶できるいい子だったんですけどねー」
みたいな空々しいインタビューがお披露目されちゃうんだろうが!
挨拶出来るっていうことから推定できるのは
その子どもがそこそこ外向的なことと、
親が人間関係の重要性を弁えていて
その入門としての挨拶の大切さを伝えることに成功したっていうことだけなんだよ!
だから挨拶出来るくらいでいい子認定するなよ!
俺達の闘いはこれからなんだからぁぁぁぁ゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

でもまぁ
ぶっきらぼうでも中学生男子に挨拶されるとなんか嬉しいのは事実(´∀`*)

あと
インタビューに応じるのは
それこそ
「顔を合わせたら挨拶をする程度の距離感」
の人だけではあるよな。
親しけりゃ胸が痛んで応じられないし
全く知らなきゃインタビューも糞もねぇもんな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。