今週のおそうざい

副菜
おくらとみょうがの三杯酢和え
おくらは蒸して斜め切り
みょうがも斜め切り
ワカメは戻して絞る
醤油と寿司酢と梅風味の胡麻で和える
→不評。やはりスライサーで薄切りにすべきだった。

茄子と冬瓜の翡翠煮
角切りにした冬瓜と茄子を味覇と生姜と塩で煮きあわせる

あわび茸と空芯菜のオイスター炒め
あわび茸は細めに割く
空芯菜はざく切り
茄子は半分に切って斜め切り
ゴマ油で炒めた後醤油とオイスターソースで調味

南瓜と榎茸とモロッコ隠元の煮物
南瓜は一口大
人参は四つ割りにした上で乱切り
榎と隠元はざく切り
鰹節粉と砂糖と醤油で調味

お味噌汁
キャベツと人参とあぶらげ

主菜
生姜焼き
小麦粉をまぶし油を敷かずに焼いた肉に生姜醤油を絡める

蒸し鶏
塩した鶏もも肉を蒸して胡麻ドレ

餃子
良く水気を切ったキャベツの千切りと豚ひき肉を合わせオイスターソース、醤油で調味、数日チルドで寝かせなじませた後フツーの市販の皮で包んで焼く
→うめぇ。やはりなじませた餡は肉汁感が違う。

サイコロステーキ
浅めの塩コショウで焼いてステーキ醤油


残り一日分の主菜は刺身でも買うかな(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きゅもさま、コメントありがとうございました。

自分がうまいと思うもんつくりますよねー!
しかしうまいと思っても
油で揚げる系は
どうもやれなくて買ってきちゃうのだった。

では!
ネコタ斑猫 拝

私は「自分の食べたいものを作る」方が
家族には評判がいいです(笑)

こんなんどうかな~とか、この野菜食べてほしい
とか、この間これおいしいって言ってたなーとか
頭を悩ませて作ったごはんより、
今日私の食べたいものはこれだ、これがおいしい
んだ!どうだ!と作ったものの方が、
評判がいいし実際おいしくできます。

子供には私がおいしいと思うものを食べさせる、
というのが、おかあさんになってから決めた
自分ルールです。「おいしい」も思想だと思うし
それを伝えていきたい。

どんなに体に良くても、自分がおいしいとは
思えないものは出さないし、インスタントでも
できあいでも、おいしいならいいじゃない!
という感じですが。

自分の「おいしい」を伝えることも、おかあさんの
だいじな務めだと思っています。
もちろん押し付ける気はないし、いつかは
子どもが自分で自分の「おいしい」を
見つけてくるだろうと思います。

たまに「おいしい」が伝わらない時があっても、
いつかわかってもらえる時が来るかもねー、
来ないかもね、まぁそれでもいいかな、などと
今日もごはんを作るのでした。

長々と失礼しました。。

きゅもさま、コメントありがとうございました。

おかあさんなかまだー( ´∀`)人(´∀` )

アレです単純に
自分が食べたいもん作るだけです('A`)
だからたまに評判悪いです('A`)

でも全てのお惣菜って
どこかで誰かが調理したものなんですよねぇ(´∀` )
だから美味しく食べたいですよねぇ(´∀` )


では
ネコタ斑猫 拝

「今週のおそうざい」の記事を拝見するたび
ネコタさんをはじめ、粛々と家族ののごはんを
用意し続けている世のおかあさん方全てに
頭が下がる思いがします。

自分がおかあさんの立場になるまでは
その尊さに気付けなかったのですが。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック