スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ア☆ブ☆ナ☆イ☆ 競泳水着

今日職場で
「いやースク水小説コンテストってのがあって金賞いただいたんですよーわははー」
と臆面も無く話していたところ
水泳スクール専用の水着は大層高価で
そのためお母さんたちは
ものすごく! 生地が薄くなっても
スケスケなくらい! 薄くなっても
いよいよダメっていうところになるまで着せっぱなしなんだYO!という
素敵情報をゲットしました。
スケスケってもうダメなんじゃないの?
その先の日本には何があるの?
ギャランドゥがあるの?
なんて
あんた仮にも職場の先輩のお嬢さんを妄想するに
ギャランドゥとは何事かという話なんですが
おまけに女子の場合水着の下に大体ベージュっぽい下履きを履くもんなんですが
それもまぁ小学校三年生までは履かせたことないわよねーということで
つまり
スクールで熱心に水泳やってる小学校三年生以下の競泳用水着は大体において大変なことになっていると
そのような結論を導きうるわけです。

がんばれ成長期! がんばれ摩擦! (←ダメな大人

以上、素敵競泳用水着情報でした。


すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。
駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。