スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイで実弾撃ってきた。

ハワイはホノルルで実弾射撃を体験してまいりました。
DFSギャラリア・ワイキキ(免税品売ってる高級なショッピングセンター、ここらで借りれるトイレここしかないので必ず覚えておくこと)の前辺りで三つのガンクラブ
Waikiki Gun Club
waikikigunclub1.jpg
waikikigunclub3.jpg

HAWAII GUN CLUB
hwaiigunclub1.jpg
hwaiigunclub2.jpg

S.W.A.T.GUNCLUB
swatgunclub1.jpg
swatgunclub3.jpg

がビラ配りやってまして、そのうちの
S.W.A.T.GUNCLUB
のにーちゃんが日本語タンノーで良かったのでそちらに行こうと思ってたんですが
単純な誤認で間違って
HAWAII GUN CLUB
に行ってしまいまして。

値段的にはチラシ見ていただいてもわかるとおり
ルガーライフル
リボルバー
ベレッタ
グロック
マグナム
が撃てて70ドルだったんで、問題なかったんですが。

まぁ初めてのことなので色々ありましたや。色々。

というわけでハワイ実弾射撃体験記です。

事前に貰ったチラシで価格比較、先も述べたように
S.W.A.T.
にゆこうと思っていたんですが
チラシに記載されていた「ハワイのガンクラブで唯一の日本人オーナー」
に惑わされて間違って
HAWAII GUN CLUB
のおっちゃんに声をかけてしまいました。

最初にチラシくれて親切にしてくれたパツキン兄ちゃんが休憩中でわかんなかったんですな('A`)

で、ものすごい片言の日本語のおっちゃんに連れられてカラカウアアベニューにあるHAWAII GUN CLUBへ。

gunclub1.jpg

で、階段を上がってゆくとそこでおっちゃんとはお別れ。
二階ではこんな展示が射撃気分を盛り上げてくれます。
gunclub2.jpg

ここで受付嬢に希望のコースを告げ支払いをします。
で最初に
びんらでぃん
の的(6ドル)をめちゃめちゃ勧められたんですけども、
いやですよそんなの。いろんな意味で。

で、一番フツーのにしました。5ドルね。

その後自分筋力とか貧弱なんですけど大丈夫でしょうか、と確認、大丈夫だと思いますよ、とお姉さんに言われCコースに。まぁ商売ですからね。
事故にあっても訴訟しないよ! という紙に署名、支払いを行って支払い済みの紙を貰って射撃場手前の待合に向かいます。
gunclub3.jpg

そこでロス疑惑の某三浦さんに酷似しているインストラクターのおじさまに消音イヤホンと説明の紙を渡されます。
gunclub4.jpg

でシングルアクションの銃の撃ち方のみ簡単に実習して、いきなり射撃場へ。
gunclub5.jpg

gunclub6.jpg

gunclub7.jpg

最初に射つのが
22口径ルガーライフル 30発。

これが
確かに的には当てやすいんですが
重い。めちゃめちゃ重い。
もう保持してるだけでふるふる手が震えてくるの。
10発くらいで「もう無理」って気分に。
10発打ち終わると某三浦がマガジン交換してくれるんですが
もうほんとに
「あ、まだおわんないんですか」
って感じに。

その時点で心が半ば折れかけていたんですが
次にいわゆる拳銃を打ちまして。

これ。

めちゃめちゃ怖いんですよ。

手伸ばしたくらいの距離ででかいかんしゃく玉鳴らすようなもんですからね。
目開けてらんないの。ほんと。
どーしても。
反動がすごいとかよくゆわれますけど、マグナムでも反動はそんなに厳しくなかった。
つよりライフル30発で筋肉が既に参っててよくわかんなかったってのはあると思うんですが。
それより
目の前でちっけぇ爆弾を爆発させなきゃいかん!
そこから逃げられない! つか自分が撃ってるっつの!
という事実の前になすすべもなく。

とりあえず
9mmベレッタ
38口径S&Wリボルバー
45口径グロック21
44マグナム
一通り撃ってまいりましたが
そらまぁマグナムは重たいなぁとか、ごっついなぁとか、ベレッタは扱いやすいような気がするなぁとか、そういう気はしました。
でも一番狙いやすかったライフルが何しろ重いし、撃ったときにどーしても目開けてらんないんで他のは当たったんだかどーだかもわかんないし、いやもうホントおっかないですよ。
とにかく筋力ないとダメですね。あとは肝っ玉。あんな重いもんを素早く取り出して照準合わせて射つなんてね、相当慣れないと無理ですよ。
すげー勉強になりました。

で、色々あったっつー話なんですが。

とにかく全て終えまして、某三浦に御礼申し上げまして、
なんとなく買い物とかしたりしながらDFSの前通ったらですね。
パツキン兄ちゃんがおるんですよ。
んで、「やってきちゃいました」って貰った的を見せたら
「どこで! 」
と。
でよく見たらにーちゃんが持ってるチラシ、行ったとこと違うんですな。

にーちゃんのとこは
*チップいらない(行ったとこは「お気持ちで」とゆー日本的な箱があり結局10ドル入れた)
*的タダ
らしく。
にーちゃんが
「みなさーんハワイガンクラブには気をつけてくださいねー」
と周りに声をかけ、俄サクラみたいな立ち位置になって苦笑したんですが。

そういやぁ某三浦、薬莢よけのメガネも貸してくんなくてちょっと
オイオイ大丈夫かよ
とか思っちゃったよーな気も(´・ω・`)

とはいえ、日本では絶対にできない! という意味で非常に面白い体験でした。
あとなんかビビりすぎて悔しかったので(某三浦も多分私に見込みがなさすぎる余り不親切だった)、
次回はパツキンにーちゃんのとこでリベンジしようと思います。
いつになるかはわかりませんが('∀`)

因みに成績。
gunclub000.jpg
かすりもせなんだのが一杯。だって52発撃ってこれだもの(´・ω・`)


あまだんさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。