みつばちハッチの件

「(ミツバチの)オスバチは交尾の際に腹部が破壊されるため交尾後死亡するが、女王バチは巣に帰還し産卵を開始する。
交尾できなかったオスも巣に戻るが、繁殖期が終わると働きバチに巣を追い出される等して死に絶える。」
因みにオスバチが死ぬのは「巣の中では働き蜂に餌をもらう以外特に何もしない」から。
因みに「オスバチを指す英語「drone」は「なまけもの」の意味である」。
(上記カギカッコ引用部分全てWikipediaより)





ハッチがどういう立ち位置で未だに生きているのか分からないが、とりあえず童貞決定。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あまだんさま

すいません色々ありまして。
テキスト公開ありがとうございました。

ネコタ斑猫 拝

箱ミネコさま、コメントありがとございました!

「アダムの呪い」によると
オスのY染色体は悪くなっても修正がきかない(X遺伝子と異なってペアが居ないのでくみかわらない)ので
どんどんダメになるいっぽーなんだそうですよ。
なんかもう不憫ですよねオス。
おっこっちゃうんだオス。
それにしてもなんでハッチをオスにしたのか
当時の監督をぶってやりたいですなハハハ。

マーヤはメス
ネコタ斑猫 拝

Re: ハッチかあ…

> >(ミツバチの)オスバチは交尾の際に腹部が破壊されるため交尾後死亡する
> あいたたたた…。
リアルち◯こもげろです。

> そういえば、僕が子供の頃は「みなしごハッチ」でしたねえ。
> 今は、何かのコードに引っかかっちゃうんでしょうけど。
みつばちハッチだとなんか被ってますよね。タイトルからして。

> それにしても、後になって、一つの巣のミツバチ全部が、女王の産んだものと知って、
> 「何千匹のうちの一匹に再会したところで、感激してるって、どうよ?」
> と、ひねたことを思っておりました。
>
> 嫌な子供でした…。
自分は
ハチなのに四本足なのは作画が面倒なせいか?
と思ったら悪役はちゃんと六本足じゃねぇか!
なんだこの作為的な絵は!
とか思ってました。言葉は拙いですけども。

お互い嫌な子供でしたなハハハ

では
ネコタ斑猫 拝

ネコタさんの新作公開中です

細かい修正箇所があったかもしれませんが、とりあえず受け取っていたテキストで作品公開しました。
急病で入院中なのかもしれないのでこちらで対応しています。
当サイトにて公開中。

「迷子とかくれんぼ」
//breakl.blog7.fc2.com/blog-entry-1511.html

ネコタさんの作品が好きな方は是非読んであげてください。
投票ページもリンクしてありますので、面白いと感じた方は投票をお願いいたします。

あまだん@くしかつ

割とシャレになってない・・・

おーい
返事くれーい。
近所でもないし会社の人でもないから生存確認すらできないぞー。
メールは一切反応なしだし、電話しても電源切ってる?からか留守電になるし、twitterもやってないし本気で体調崩したりしてたりするんじゃないのかー?

25~のイベントの話したかったけど、それ以前に無反応だと割りとシャレになってないー。
どうしても反応できない状況だとしたら一大事だし、反応返せる状況なら何かしら反応示さないとネット通してでは微塵も状況がわかりません。

とりあえず24日中に反応がなかったら辞退の連絡しちゃうよー。
テキストの完成版(修正してるかもしれないので)も絵も全部そっちだから対応できない。

とりあえず連絡はこれくらいです。

メール対応をしてください。
まったく反応がありません。
いたずらメールに分類でもしているのでしょうか。

ハチの仲間には

単独行動するのがいるけど・・・・
肉食だし(笑)
ミツバチではあり得ないな・・・

ちなみに最近の研究で分かったのですが、
オス蜂は巣を追い出されるのではなく
「DNAの配合で能力が足りなくて不器用なため」
巣から自分で落ちちゃうんだって!(涙)
とほほのほ

ハッチかあ…

>(ミツバチの)オスバチは交尾の際に腹部が破壊されるため交尾後死亡する
あいたたたた…。

そういえば、僕が子供の頃は「みなしごハッチ」でしたねえ。
今は、何かのコードに引っかかっちゃうんでしょうけど。

それにしても、後になって、一つの巣のミツバチ全部が、女王の産んだものと知って、
「何千匹のうちの一匹に再会したところで、感激してるって、どうよ?」
と、ひねたことを思っておりました。

嫌な子供でした…。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック