元旦那のお母さんに先日亡くなられたお爺さんの焼香がてら一泊来てくれないかといわれたでござる

いくらなんでもできることとできないことがあるでござる。

子どもたちはアナタの孫であり、その関係は大事にすべきでござる。

ワタシも頂いたご恩のいくばくかでもお返ししたいと思ってるでござる。

んが、ワタシは既に嫁ではないのでござる。

お宅にはアナタの息子が選んだ立派なお嫁様がいるではござらんか。

アルコール依存症に陥ったワタシと子どもたちとを面倒見切れんからとお宅に預けたその足で
ふたり暮らしを始めたほどの
大事なお嫁様がいるではござらんか。

他に女性がいるんじゃないかと死ぬ気で訴えたワタシの言葉よりも
息子の言葉を信じたではござらんか。

ちょうどその頃に娘を孕ませておったではござらんか。

ワタシが酒を飲まずに一年経って、「そろそろ一緒に暮らしたら」と言われても言葉を濁すアナタの息子のありように
いくらなんでもおかしいと証拠を探して質したら
「もう一緒に暮らせない、新しい家庭持ってて子どももいる」とようやくカミングアウトしたではないか。

息子さんの父親はただ
「別れることは出来ないのか」
アナタはただ
「どうしてこんなことに」
を繰り返すばかりだったではないか。

その日の内にワタシは実家に電話して子どもたちと一緒にお宅を出たではないか。


そんなワタシに
どのツラ下げてもう一度行けと?


どのツラ下げて
古い温泉街目抜き通りの土産屋さんに
出入しろと?


確かにワタシは
アナタが患ったときに
子どもを連れてお見舞いに行ったでござる。

だが勘違いしないで欲しい
それは
生きているアナタのためでござる。

酷いようだが
死んだ他人のために使う時間はねぇんでござる。

アナタの息子が選んだ嫁も
焼香のためなんぞにワタシが来たと聞いたら
イヤでござろうが。

アナタの心の内に
腑に落ちない部分もあろうが
アナタの息子が選んだ女性だ、
もう少し慮ってやれでござる。

子どもは派遣するから
それで納めてくれでござる。


あまだんさま、記事の紹介ありがとうございました。
Digital MinDさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがり2さま、コメントありがとうございました。

この年になってようやくやなことはやらなくていいんだっていうことに気づいた次第です。
色々鈍くて遅いのです。

では
ネコタ斑猫 拝

義理と道理と礼節と。
不条理の中にあって、礼節と自尊心を両立させられたネコタさん、立派だと思います。
なにか優しさとか感謝みたいなものを感じます。
それが大人だと言われてしまうかもですが、いやいや、なかなか(笑)

Re: それでイイと思います

> それにしても本当に大変だったんだね、
> うまく言えないけど・・・
離婚すりゃみんな大変ですよ!
箱さんだって色々あったんじゃねぇすか…(´;ω;`)

> がっし(抱きしめ!)
がっし! (抱きしめ返し!)

ネコタ斑猫 拝

それでイイと思います

偉いよ!ネコタさん!
優しいし、「ケジメ」もしっかりつけてるし、
私も参考にさせてもらいます、
離婚家庭として。
それにしても本当に大変だったんだね、
うまく言えないけど・・・

がっし(抱きしめ!)

仰る通りなんですがねぇ。

子供の誕生日にはプレゼント送ってくれたり、
何よりワタシのアルコール依存症の寛解を扶けてくれたり、
元旦那の母親としてはいかん部分もあるんですが
お姑さんとしてはとても心の優しい素敵な人だったんですよ。
そこを一緒くたにして全部リジェクトするよーな
心の狭い人間になりたかねぇなぁ、と。
だからこそこんな次第に至るんでしょうけどねぇ。

しかし前から「新しい嫁さんを大切にして差し上げてください」ってんのに
全然聞いてねぇよなこの人。
まぁ時には実際の状況を解体してでも自分にとって居心地の良い世界を構築しようというのは人の傚いですので
自分もほどほどに付き合えればなぁと思っております。

では
ネコタ斑猫 拝

俺だったら孫派遣なんてせんわ。
ネコタさん心広すぎじゃねえの。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック