究極のmy箸携帯用ギミック「箸キャップ」の適合実験をしてみた

現在箸を携帯するに当たっては

箸袋


重ね蓋式箸箱


箸筒


引き蓋式箸箱


蝶番式箸箱


のおよそ五方式があるわけですが(技術的には立派だがコスパがおかしいのでネジ式は論外)

箸袋は染みが不安
箸箱系は五月蝿いところにもってきて
箸筒・引き蓋・蝶番式は洗いづらい
という欠点があります。

なんですが、そういう欠点を克服した上にコスパに優れている!
という画期的な商品を見つけまして。

それがこちらの

箸キャップ
でございます。

こちら
手持ちの箸にかぶせて使う
というもの。

汚れる部分だけカバーするという点
非常に合理的です。
開閉ギミックは蝶番ですが
hashicap2.jpg

hashicap1.jpg


いわゆる蝶番式の箸箱と違って
多少しなやかなポリプロピレンで出来てますので
砕けて壊れるという懸念が少ない。

とはいえ商品の構造上
綺麗に納まるものと納まらないものがあるわけです。
そのあたりを実験してみました。

まずはうちにある一番美人のお箸。
hashicap4.jpg
細すぎて抜けます。不向き。

マイサンの。
hashicap7.jpg
あまり納まりがよろしくない。

麺のやつ。
hashicap5.jpg
中太なのでやはり納まりがよろしくない。

箸箱とセットだったやつ。
hashicap6.jpg
hashicap8.jpg
やはり箸箱仕様のやつは納まりがよい。

というわけで
弁当男子やりたいんだけど箸箱カラカラカラカラうぜぇよ!
箸袋? 染みが怖くて使えねぇよ!
という
豪胆に見えて繊細な方にオススメな箸キャップ。

箸置きにもなるよ(・∀・)
hashicap3.jpg

送料240円メール便OK 箸キャップ 150円
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もめちゃめちゃ弁当です

これはマイサン用の検討です。
因みにマイサンはお母さんが感動したギミックはどーでもいいみたいです。
フツーでいいみたいです('A`)

自分の場合箸とスプーンは職場におきっぱなしです。
(もっというとペン立てに差しっぱなしです)
からから言ったりしないよー!(当たり前だ)

では
ネコタ斑猫 拝

私は恥ずかしげもなく
弁当持ちをアピールしたい変態なので、

ドカベンでいきます。
土方が持ってるあれどす( ´ω`)
いわゆるでかい弁当ポット。

カラッカラ言わせて自家製の温かいスープ飲めるのが素敵ですよ。

花輪某氏のように真性だーっ!て誰かいってくれないものかなぁ…
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック