きけんなそつぎょうしき

小学校の卒業式の後の親睦ランチの会場が海辺の店だったんすよ。

罠ですよね。
明らかに。


おおはしゃぎでご飯食べ終わった子どもたち
当然のごとく砂浜に放出されるわけですよ。

で、私はといえば
下の子が飯くい終わった瞬間
同じく砂浜に放出。

だってあなた
小学生と中学生のですね
まさに狭間
というか
むしろ
卒業と入学の間の空白期間の女子の肢体をですね、
こんなに堂々と撮りまくれる機会なんてね。

もう一生あるわけないじゃないですか!
(超爽やかな笑顔で)


(下の子の時も狙うと思いますが
今年で懲りて海辺じゃなくなる可能性が大ッッッ!!!)


飯くってるときから
「ああ早く
AKBみたいなカッコした
(地元公立中学制服はブレザーにチェックスカート+大きめのリボンが卒業式女子の正義)
少女たちの(息子じゃねぇ)二度と帰らない美しい青春の日々を撮りにゆきたい! 」

とか口走ってるわけですよ。
同席してるお母さんの一部は
既にワタクシがこういう人物であることをご存知なので
ヘーキなんですが
いや
お母さんって
ほんとうに得な職業ですよね。

で、
下の子がおっそい飯くい終わるの待って
浜に行ったらばですね。

思ってたよりすごいことになってましたよ。

うちの子なんかはね、
一応家帰って着替えてから行ったんですけども
半分くらいの子が
卒業式の後そのまま参加してたんですよ。

おろしたての制服で。

イヤァァァァァオ!

みんな靴と靴下脱いで
素足で遊びまわってるわけですよ。

男子は一応ズボンの裾まくりあげてる子も居るんですが
遊んでりゃ落ちますわな。

女子で下にスパッツ履いてる子は
スカート脱いでるわ
みじっかいスカート気にせんで
しゃがみこんで貝殻拾ってるわ。

もう
ヲタクとしては
プァラダイス!
ですが
一応一介の母親としてはですね、
貧血起こしそうな光景なわけですよ。

また風が強くてですね。
ウフフフフ。

もう何もかも砂まみれですよ。

で、当たり前なんですが
少女写真撮るという一心不乱で飛び出してきた
バカ一人以外の大人は
まだまったり店でお茶とかすすってるわけですよ。

後方支援ナッシングゥゥゥゥ!

しょーがんないから
まだ日も高いし
制服クリーニング大変だから
とりあえずブレザー全部脱がせて浜入り口の竹の塀みたいのにかけさせーの
裾濡れてる男子には
「お母さん泣くからせめてきちっと巻き上げろ! 」と注意しーの

そのあいだあいだに写真撮りまくったんですけどもね。

ウフフフフフ。


一応お母さん友達に
「みんな砂まみれなり」
という電話をしたりしてですね。

何人か出てきてくれたり
着替取りに帰ったりした方おられまして。

いやぁ
ありがとございました。

で、運の悪いウミウシが捕まって弄ばれたり
何故か落ちてたスゲー長い縄で、なんてんですか、縄相撲みたいなの始めて
男子数名が転んで砂まみれになったり
ウフフフフフフ。

しまいには
定番ですけど
海で転んでびしょ濡れの男子が二名。

ウフフフフフフフフフ。

卒業式の後の親睦ランチにね。
タオルは持ってきませんよね。
流石にね。

でもうそんとき3時くらいで
ちょっと気温下がってきて
風が猛烈に吹いてるもんだから
男子二人超震えてるんですよ。

あかん、こらあかん。

で、電話番号聞いて
お母さんにご連絡とったらですね。

さすが慣れてますよ。

「自力で帰ってこい」

伝えたら

「えええええ無理ぃぃぃぃぃ! 」

情けねぇなぁ。

で手が砂まみれで携帯持つの遠慮してる男子の耳に当てて
話しさせてですね。

結局みんなが引き上げる3時半くらいになって
諦めて帰ってました。

で、
一応海だし
卒業式の後になにかあったらあかんということで
夜回り先生みたいに子どもたちに声かけて全員回収してですね。

次の日熱出ました。

太陽に長時間当たるとダメなんですよ。
日光写真か。

でも
子どもたちほんとに楽しそうだったし
いい笑顔の写真とらせてもらって
よかったです。

唯一の不満は
女子がみんなハイソックスだったことくらいでしょうかね。

そこはサイハイだろうが!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック