スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエの中の人に失礼だろうが!

第二子に勉強を教えてたんですよ。。
ウチで使ってるのは文英堂のくわしいシリーズ
こちら東京丸善で時間かけて選んだ中で一番秀逸。
ポイントは
・一年ごと分冊で開きやすく且つ子どもが圧倒されない厚さ
(4・5・6年合冊になってる奴があるけどアレ「こんなに勉強すんのかー」とか「開きにくい」とかゆー理由で子ども嫌になると思うし改訂に耐えられねーから出版形式見直した方がいいと思うぞマジで)
・章の最初に見開きで簡略な学習内容がありその後例題→問題、最後に中学受験問題がまとめとして出るという必要にして十二分なシステム構成
(別に中学受験問題がつるつる解けるようになれっつーんではナイ。中学を受験するお友達というのはこのくらいの内容をやっているんだよ、ということを知って置くだけでヨイ)
・情報量が豊富。写真がカラー、全体的に見やすい。
(三色刷りのとかありますからね、今でも)
の三点。

で。
角度の問題。
最初は分度器で測るヤツ。それはいい。測り方も問題なし。
次の三角定規組み合わせた角度を答えるって問題。
それも全部分度器を使って測っちゃったわけだ。
で、見てたお母さんは当然注意する。
「お前それ計算で出さなきゃだめだよ」
「いいじゃん分度器使ったって」
「いや、ここにも書いてあるじゃん、「分度器を使わなくても三角じょうぎのそれぞれの角度がわかっていれば計算でもとめられます」って」
ここで早切レ。
「気がつかなかったんだよ」
「じゃ今読めよ」
「答えもう出てるんだからいいじゃん! 」
「いや、これ計算で求める方法を覚えるための問題だからちゃんとそのとおりにやらなきゃだめだよ。三角定規の角度わかるだろ? それで計算すればいいんだよ」
「うるさいな、三角定規何度か忘れてたんだよ! 」
「いやだからここに書いてあるだろ。見ろよ」
フツーに諭しているつもりなのだが聞きゃしねぇ。
挙句テーブルを叩く、プリンタを殴りつける真似をする、足を踏み鳴らす。

うちはマンションの三階なので床を踏み鳴らすのはご法度。
にも関わらず禁を破り、更に狼藉の数々。
許すまじ!

「お前なぁ、ドラクエのキャラクターとか
「呪文覚えんのめんどくせぇよ! 」
とか言っていつまで経っても覚えなかったりするか?
「モンスターと戦うのなんかやってらんねーよ! 」
っていって逃げたりするか?
もしそういうキャラクターだったらお前ゲームやろうと思うか?
やんねーだろ? 
レベル上がったらきちんと呪文覚えるし、強い敵に遭っても勝手に逃げたりしない、だからお前ゲームを続けようって思うんだろ?
「難しいからやだ」「めんどくさい」とかいって呪文覚えなかったり、ちょっと強い敵に遭ったらすぐに逃げたり、戦うのめんどくさくなったら逆ギレする
お 前 み た い な キ ャ ラ ク タ ー
だったら
こ ん な ク ソ ゲ ー や っ て ら れ る か !
って辞めちまうだろ? 
でもゲームのキャラは、呪文はきちんと覚えてくし、強い敵に遭っても逃げない、戦うのめんどくさいって逆ギレもしない。
お前とは違うよなぁ。
更にいやぁ、ゲームのキャラってのは、逃げてもいいって命令されて初めて逃げられるんだろ?
お前に。
温かい部屋で死の危険なんて全くない中でぽちぽちボタンおしてるだけのお前に
「逃げてもいいぞ」
って命令もらって初めて逃げられるんだろ?
それまでは死ぬかも知れなくても戦い続けるんだろ?
今までだって何度か全滅したりもしてるわけだろ?
「まだいける」とか「あと少し」って思って追い込んじゃうんだろ?
おこた入ってぬくぬくしてるだけのお前が。
かわいそーだなー。ゲームのキャラクターとはいってもさー、全滅ってのはキツイよなー。自分もすげー痛い思いして、仲間もばたばた苦しんで死んでくの見なきゃいけないんだろ? やっぱかわいそーだよなー。
でもそうやって追い込んでるのは、目の前の勉強ごときに逆ギレしてすぐに逃げちゃうよーなヤツだぜ?
それ、恥ずかしくねぇの?
お前が好きでよくやってるゲームのキャラクターに恥ずかしくねぇの?

お前がドラクエが好きで、ゲームのキャラクターが強くなっていろんなミッションこなして最終的に世界を救ったりするのをかっこいいって思ってて、そういうキャラクターのことを時には死ぬまで戦うよう追い込んだりしてるんなら、お前もせめて逃げないで勉強くらいしろよ! 
まずは落ち着くために水でも飲んで、それからここにある三角定規の角度覚えて、それから問題読み直せよ。段階踏めばわかるようになってるからっもっぺんきちんとやってみろ!」


等とかましたところ、急に神妙な顔つきになって、最後まで問題をやったのだった。

が、この記事を書くために改めて参考書開いたところ、今年度後一月なのに、カリキュラムの半分までしか進んでないことに気づいたのだったorz
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。