スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもってスゲェ。

いつものことだが、
下の子に布団を敷いてくれるよう頼んだ。
いつの間にか上の子もやってきて
二人できゃっきゃきゃっきゃ言いながら
「ふわふわになるように」と
何度も敷き直してくれた。

振り返ったら
当たり前なんだが
二人の子どもがいた。

一人はまだまだぷにぷにで
もう一人は手足が伸び始めて腹筋とかつき始めた体して
そうして、二人ともにこにこしていた。

職場で
もっと人生楽しんだ方がいいよ
海外旅行楽しいよ行きなよとか
せっかく一人なんだから恋人とか作んなよとかいわれて
その度に
「海外旅行とかは大きな金が必要になるから
行くとしたら子どもたちが大学卒業して独り立ちする
十二年後になるなぁ
恋人は今でも時間も金もないんだから無理だよ」
なんて返して
残念そうな顔をされたりするんけれども。

いやもう全然こいつらの方がすげぇよ。

旅行とか行って世界見るのも一興だと思うし
そういう機会を逃しているのは残念なのかもしらんと思うことも勿論あるさ。
でも
世界は日本語だけでも知り尽くせないくらい広がってるし
なんていうの
それよりも
旅行とか行くよりも
こどもってスゲェ。

これ、なんかスゲェ成果物だよ。

旅行行ったり恋人と一緒に過ごすための時間や金を
一心不乱に費やすだけの
価値があるよ。

だってこいつら
こんなにすくすく成長して
笑ってるんだぜ。

お母さんのために
二人して
どうやったら布団をもっとふかふかに敷けるか
言い合ったりしてるんだぜ。

ああもうなんかスゲェよこいつら。

もう母ちゃんは旅行なんて行かなくても十分さ。
お前らがそこに存在してるんだからな。
母ちゃんの心と時間を尽くした成果物が
確かにそこに存在して
母ちゃんの知らないところでも
きっと誰かを幸せにしてるんだろうからな。

なんてことを、
布団に倒れて寝た振りしてる下の子を
思う様もふもふしながら思ったのだった。

あ、あと上の子には
「お前はもう中学生になるんだから
お母さんじゃなくて女の子といちゃいちゃしろよ
だがキスまでしか許さんぞ」
と言っておいた。

後から考えると
ちょっとかわいそうな気がしたので
明日は先に銀魂最新刊読ませてやろうと思った。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

皐月様、ようこそおこしくださいました。

「いつも楽しく拝見させていただいています。私事ですが昨年秋に娘を出産、今年1月より復職いたしました。」
いろいろおめでとうございます。
ほんっと大変だとお察し申し上げます。
泣いても膝ついても乗り切れば勝ちですので
なんとかやりすごしてくだせぇ。
(何があったんだか)

「娘との時間を長く作るための策として、ネコタ様の「今週のおそうざい」を参考にさせていただいています(週末にまとめておかずを作り、平日は娘を寝かしつけてから弁当作りと簡単な掃除をしてます)」
恐縮です。
あれですよね、
デパ地下のお惣菜とかより
地味に自分が作ったモンの方が口に合ったりするんですよね。
素人講釈にすぎて恥ずかしくなって書くのやめたりしてたんですが、
アレです、また書きます。てへ。

「身体はしんどいですが、娘の顔を見てるとなんともいえない幸せな気分になります…本当に、子供ってすごいですね。」
生まれたての頃の
すげーちっさくてやーらかくてうっすい肌着から
もっとちまい手が覗いてるとことか
新生児用の紙おむつから
ガニガニした細い足が覗いてるとことか
ほんと可愛いですよね。

「最近もっぱら読み専になっていたのですが、思わず書き込みしてしまいました。長々と失礼しました。」
こちらこそ
「昨年の秋に生まれたんだったらまだ三ヶ月四ヶ月かー。
首は座ったのかなー。
綺麗な目なんだろうなー」と
大変幸せな妄想に耽ることができました。
ありがとうございます。

ではまたのお越しを心よりお待ちしております。
ネコタ斑猫 拝

こんにちわ

いつも楽しく拝見させていただいています。私事ですが昨年秋に娘を出産、今年1月より復職いたしました。娘との時間を長く作るための策として、ネコタ様の「今週のおそうざい」を参考にさせていただいています(週末にまとめておかずを作り、平日は娘を寝かしつけてから弁当作りと簡単な掃除をしてます)身体はしんどいですが、娘の顔を見てるとなんともいえない幸せな気分になります…本当に、子供ってすごいですね。
最近もっぱら読み専になっていたのですが、思わず書き込みしてしまいました。長々と失礼しました。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。