大変な匙。

toriiti1.jpg

もとはフツーの丸い匙だったらしいんですが
二十年間ひたすら焼き鳥のたれを掬っている内にこんなふーに底辺が真ッ直ぐになったのだそうです。
すごいなぁ。
あんまり吃驚したので紹介させていただきました。

toriiti2.jpg

逗子の鳥一さんは鳥肉専門店、国産に拘りながら庶民価格で食肉・お惣菜を提供してくださっている大変有難い店です。
(写真では確認できない左手方面に食肉コーナーがあります)
夕刻になると焼き鳥を買い求める人で行列ができまして、実に壮観ではあります。

池田通りの方のお店には
やんごとなき方々
の写真が飾ってあるんですが
大変な匙があるのは新逗子通りの店です。

ところで
焼き鳥の左隣りに
お惣菜風のパックがいくつかあるのを
ご確認いただけましたでせうか。

こちら
唐揚げ
鳥皮揚げ
レバ揚げ
軟骨揚げ
などをやはり庶民価格で売っております。

皆美味いのですが
中でも
軟骨揚げは骨粗鬆症とビールのつまみに
レバ揚げは貧血に
オススメ。
殊にレバ揚げ、
新鮮なレバを叩き
塩胡椒を混ぜて揚げたという
あの加熱しすぎのもっさり感も
加熱しなさすぎの過剰な滑らか感も
どちらも無くてそれでいて硬くない
目からウロコな商品なので
鉄分不足だけどレバ苦手という向きにはに是非一度お試しいただきたい。
これだけ手間かけて一パック150円ですからね。
自分は貧血気味なので
しょっちゅうこちらのレバ焼き鳥とレバ揚げにお世話になってます。
サプリ飲むよか断然美味くて幸せになれますからね。
もちろんメンチカツとかコロッケとか
何でも彼にでも美味いもんです。
皆に親しまれ過ぎて夕刻になれば大概売り切れてしまっているという
全体恐ろしい店ではあります。

というわけで
逗子にある鳥肉専門店鳥一さんの大変な匙のご紹介でした。


BREAK LOOSEさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック