スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃれになんねー誤解

図書館で以前借りた本をもう一度読みたくて
正確な書名をアマゾンで検索、
職場の机にメモしてから電話した。

そのメモをほっぽらかって昼休み出かけて
戻って仕事してたら
そろそろと寄って来た先輩が
すんげーおそるおそる
「…このメモどういう意味か聞いてもいいかしら? 」
と尋ねてきた。

メモに残した言葉。




「最悪の仕事の歴史」





ご……ッッッ

誤解だァァァァッッッ!


ほんとーにあるんですよそういう本が!


ほらっ!


51iPmDlx2BLL__SL500_AA240_.jpg




いやー昔のなめし皮職人とかチョー大変ですよ!

でね、あんま面白かったもんでアレですよ、もっぺん借りようと思って図書館に在庫状況聞くために正確な書名をメモっといたんですよォォォォォ!


「あ、そうなの、……てっきりここのことかと思って心配しちゃった」


ンなわけないじゃないすかァァァァ! だったらなんで「歴史」なんすかァァァァ!


「いや、あの、ネコタさん結構長いから……」


違うわァァァァァ!


いやもうおほんと、うっかりメモも置いておけんと思いましたね。てか先輩深読みしすぎ。大体そんなことを職場で書いてメモ残しておける奴は居ねーよ。俺か。ごめんなさい。

図説「最悪」の仕事の歴史
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

deltamさま、コメントありがとうございました。

> 面白かったですよ。
> 著者が50人の一般人に直接インタビューして、それぞれの仕事や生き方に対する考え方をまとめています。ありがちな成功話だけじゃなく、むしろ失敗している人の方が多いです。逆に端から見れば大成功なのに本人は納得してなかったりとか。
うーむ、これは面白そうですね! 素で読んでみたい!

> 書き忘れてましたが、タイトルに劣らずどストレートな内容で「みんな悩みながらも生きてるんだなぁ」と妙に感動しました。
そ、そういう内容でそのタイトルかぁ…。
つい手に取ってしまいずんと来る! みたいな感じですかねー。
にしてもホントどストレートなタイトルだ…。

あ、あと前回レスしたときハンドルネーム間違ってしまってすいません。
なんだデルタマンって。女性の茂みか。私の頭はいつもそんなか。
ほんとスイマセン。

('A`)
ネコタ斑猫 拝

書き忘れてました

面白かったですよ。
著者が50人の一般人に直接インタビューして、それぞれの仕事や生き方に対する考え方をまとめています。ありがちな成功話だけじゃなく、むしろ失敗している人の方が多いです。逆に端から見れば大成功なのに本人は納得してなかったりとか。
書き忘れてましたが、タイトルに劣らずどストレートな内容で「みんな悩みながらも生きてるんだなぁ」と妙に感動しました。

deltamanさま、コメントありがとうございました。

> 毎回楽しく拝見してます
恐縮です。
> ところで私は職場で↓の本を机に置き忘れてびびったことがあります。
> http://ec2.images-amazon.com/images/I/41FWGMP78YL._SL500_AA240_.jpg
> いやー本当にブックカバー掛けといて良かったー!
> それにしてもストレートすぎるタイトルですよね、これ
どストレートですな。
どストレートですが、内容的には面白かったですか?
自分は死にたくなると
「それでも人生にYESという」
を読みます。
余り足しにはならんのですが、なんか色々申し訳ない気持ちになれるのは確実です。
では
ネコタ斑猫 拝

今度はこの本を

毎回楽しく拝見してます
ところで私は職場で↓の本を机に置き忘れてびびったことがあります。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/41FWGMP78YL._SL500_AA240_.jpg
いやー本当にブックカバー掛けといて良かったー!
それにしてもストレートすぎるタイトルですよね、これ
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。