たかだか百数十年。

地球が四十六億年
生命が三十八億年
ホモ・サピエンスが数十万年
有史が数千年として

アクセス可能な情報量が
圧倒的に見えるせいで
色んな事がわかってるはずなのに
どうしてこう人類は間違いばっかりしてるんだなんて
思われがちだけれども

カミサマにフィルタリングされない
様々なものの見方が確立したのが
たかだか数百年、いや下手すると百数十年来で

蓄積された情報群のほとんどが
そのたった百数十年で
蒐集され 整備され 再構築されたものだと考えると

政治も
教育も
社会構造も
なんもかんも

まだまだ試行錯誤中でも
しゃーないんだよなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック