あどけない話

昔のジャンプ読みは尻とは桂正和であるという
ほんとの尻は電影少女にあるという
私は驚いてコブラを見る
ライブメタルの輝き帯びて在るのは
アメコミ風味の
骨盤と肉の張り切った豊かな尻だ
風に翻るスチュワーデスの前垂れは
弾むような尻の無防備な装飾だ
昔のジャンプ読みはコマを見下ろしながら言う
薄物の繊細のうちにそっと隠れている
少し稚くやさしげな尻が
ジャンプのほんとの尻だという
あどけない尻の話である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック