河出の時代。

kawade1.jpg

kawade13.jpg

kawade10.jpg

kawade5.jpg
kawade6.jpg
kawade9.jpg
kawade8.jpg
kawade14.jpg
kawade15.jpg
kawade4.jpg
kawade3.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

じゃでさま、コメントありがとうございました。

> いつも、守備範囲の広さと見識の深さに感心しています。
恐縮です。
お恥ずかしいことに一般的なところがもげているのが実情です。

> 河出文庫=高橋鐡 という個人的な関連付けがあります。お勧めです。
私は渋澤龍彦先生がらみで随分読ませていただきました。
高橋鐡先生も同じ棚の駱駝色に縁取りされた背表紙でお名前を拝見した覚えがございます。
や、懐かしい。

目録は先日実家においてきた本を取りに帰った序に見つけまして。
余りに美しい表紙であったため、大事にとっておりました。
文庫目録の表紙にこれほど力を入れている出版社を
私はついぞ見たことがありません。
にも関わらず検索しても表紙一枚出てこないのがどうにも不本意で
往時の編集の方々への敬意を含め
僭越ではございますが記事として公開させていただくことにしました。
これでおうちが火事になっても安心です。
こうしてウェブに公開しておけば
この素晴らしい仕事が忘れられることはないでしょう。

高橋鐡、見かけたら手に取ってみることにします。
では

ネコタ斑猫 拝

いつも、守備範囲の広さと見識の深さに感心しています。
河出文庫=高橋鐡 という個人的な関連付けがあります。お勧めです。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック