スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

……誰?

今朝六時に電話が鳴った。
こう素っ頓狂な早朝にかかってくる電話といやぁ、
身内の病気

小学校の連絡網
かどちらかだと直観して取ろうとしたところ。

非通知。

いやでも前連絡網非通知で掛かってきたからなぁ、と取ったところ。

男性の声で。

「○○です、覚えてますか? 」





……。





whoishe.jpg





記憶を検索してみたけれども、共学だったの中学と大学だけだし、その中でもそんなに男性とは交流してこなかったし、
マジで○○という姓には思い当たらなかったわけで。

「……いえ、覚えてません。」

するとその男性

「え? ××さんですよね」

……。

姓じゃなくて名前呼ばれたああああ!

でもわかんねぇもんはわかんねぇんだよぉぉぉぉ!

で、ちょっと申し訳ない気持ちになりながら
「スイマセンわかりません、どのようなご用件でしょうか? 」

すると失望した感じで
「ほんとに覚えてませんか? 」

「……覚えてません」

「……覚えてないんだったらいいです」

切られた。





ごめん、ほんと覚えてなくてごめん。



でも○○君、君もね。





覚えててほしいって思った相手に電話かけるのが朝六時ってのはどうなんだァァァァァァ!!!!!!


せめて十時ぐらいにしろよォォォォォォ!!!!!!


忙しいんだよォォォォォォ!!!!!!



いやもうほんと長く生きてると色んな事が起こるもんですね。
終わり。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

yasuさま、コメントありがとうございました。

> その謎の男性、日本と微妙な時差のある海外在住なのでは・・・?(もう9時だから電話してもいいよね→あっしまったこの国日本と3時間時差があったんだった!みたいな)
時差については思い至らなかった! ありがとうございます。

> あと、独身の男性でも親が離婚して姓が変わることがあります。ネコタさんとその男性は中学か大学で親しかったんだけど、中学か大学卒業後その男性はすぐに姓が変わり、そのままこの年まで来ちゃったからもう今の姓のほうが長くてうっかり今の姓名乗っちゃったとか。
自分
結婚

離婚

実家に出戻り

二年ほど前に独立(電話帳に番号掲載は断った)
という過程の内でどんどん昔の縁を切っていったもんでそういう繋がりだとしても家電を知っていることそのものが正直驚愕ものなんですよ。
実家はめちゃめちゃ近い上にわりと硬いので少なくとも男性に無断で番号教えるってのはないですしね。
なわけで連絡網くらいしかマジで思い当たらんのです('A`)

> それが逆にここ2,3年のうちに知り合った、「友達の友達」程度の人で、一度ネコタさんと話してすっごく楽しかったからまた話したいなーとずっと思ってたとか。
うちの職場女性しかいないし、そもそも旦那の隠し子が発覚して離婚する羽目になったので軽度の男性嫌忌になっておりましてリアルでは男性に電話番号なぞ教えた試しがありません。
数か月前に大学でお世話になった先輩に会ってうっかり電話番号をお知らせしてしまったんですがその人とも名前違うし('A`)

> あとは現在のネコタさんの男性関係を探ろうとする何者かの差し金とか。
そんな酔狂な人はおらんのでは('A`)

> とりあえず思いついたのはこれくらいです。って別にネコタさん真相知りたいわけじゃないですよね。差し出がましい真似してすみません(´・ω・)
いえいえありがとうございます。真相は知りたいんですよ。なんか20世紀少年のサダキヨみたいじゃないすか('A`) 名前が思い出せないの逆だけど('A`)
思い出してあげたい気持ちはあるのです。
取りあえず私が思い出せなくても君の世界は終わらないから大丈夫だよ、と、伝えたいような伝えたら気の毒なような。

では、有用なコメントありがとうございました。
ネコタ斑猫 拝

思いついたいくつかの可能性

その謎の男性、日本と微妙な時差のある海外在住なのでは・・・?(もう9時だから電話してもいいよね→あっしまったこの国日本と3時間時差があったんだった!みたいな)
あと、独身の男性でも親が離婚して姓が変わることがあります。ネコタさんとその男性は中学か大学で親しかったんだけど、中学か大学卒業後その男性はすぐに姓が変わり、そのままこの年まで来ちゃったからもう今の姓のほうが長くてうっかり今の姓名乗っちゃったとか。
それが逆にここ2,3年のうちに知り合った、「友達の友達」程度の人で、一度ネコタさんと話してすっごく楽しかったからまた話したいなーとずっと思ってたとか。
あとは現在のネコタさんの男性関係を探ろうとする何者かの差し金とか。
とりあえず思いついたのはこれくらいです。って別にネコタさん真相知りたいわけじゃないですよね。差し出がましい真似してすみません(´・ω・)
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。