スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい方法を学ぶことの大切さをドラクエに譬えて説教してみたよ

小学校四年生の第二子、なんか
算数の位どりについてかなり混乱しているらしいことが発覚。
しょーがんないのでニワカ先生やったところ
・新しい方法を学ぶ必要性が認識できない
らしく、古いやり方で出来るものについて、より効率のよい新しい方法を学ぼうとしてくれない。
しまいには
「勉強なんてできなくてもいい」
とか叫び出す始末。

なわけで、ドラクエに譬えて説教してみた。

「お前なぁ。
ドラクエやってんだったら、ちまちまモンスター倒して経験値稼いでレベルあげて、装備もそれなりにいいモンに換えていくことがどんなに大事かわかってんだろうが。
お前勉強できないまんまでいいっていったよな。
新しい方法覚えなくていいっていったよな。
それっていうのは、ひのきのぼうとぬののふくだけでどんどん進もうとしてるようなもんなんだよ。
レベル上げも装備の強化もしないで強いモンスターがいるとこ行ってみろ、瞬殺だろうがよ。
お前はレベル上げしないでいいって思ってるのかもしれない。出来ない子をみて僕はあの子よりましだって思ってるのかも知れない。
でも塾に通ってる子だっているだろうが。
そいういう子っていうのは、難しい問題どんどん解いてるわけだろ。
それは言ってみればどんどん強いモンスターと闘って、経験値稼いでレベル上げてるのとおんなじじゃねぇか。
で、色んな問題の解き方教わってるんだろ。
それはつまりいい装備をどんどん手に入れるのとおんなじじゃねぇか。
そういう風に周りの子がどんどんスゲェ装備手に入れてレベルもガンガン上げてる中で、お前一人ぬののふくとひのきのぼうで恥ずかしくねぇの?
ぼくはスライムだけ倒せればいいですってか?
そんなこと言ってるうちにみんな中ボスとかガンガン倒せるようになってどんどん先の町に行って、お前一人ずっとラダトームから出られないって羽目になるんだぞ。
まぁゲームはボタン押してりゃ済むからな。そりゃあ現実とは違って楽だからゲームばっかしたくなるのもわかるよ。
現実に何か上達しようと思ったら、なんでも繰り返し練習しなきゃいけないもんな。
サッカーだって勉強だって、実際に体動かして頭動かさなきゃだめだよな。
ゲームは座ってボタン押してりゃコンピュータが計算して進めてくれるからな。
それでレベル上がって装備強いのに換えてったらなんか自分がスゲェやつになったみたいな気分になれるもんな。
でもさ、ゲームいくらやったってリアルには役に立たないだろ?
ゲームで重い装備を身につけてスゲェ武器を扱えるようになっても、実際に剣を使えるようになるかっていったらそんなこと全然ないだろ?
あんな重い武器持ったら振り回そうとするだけで転ぶぞ。
やっぱり実際に剣で戦えるようになるためには、いくらボタン押しててもダメで、剣道みたいなところいって練習しなきゃだめなんだよ。
お前がゲームが好きなのはわかってる。友だちとゲームのこと話すの面白いのもわかってる。だからお母さんはゲームは禁止しない。
でも、もしお前がゲーム三時間やったとするよ、もし一時間しかやらなかった場合、他の二時間はサッカーとか勉強に使って、そっちのスキルが少しずつ伸びたかも知れない。
でもゲームしかやらなかったら、ゲームの中でしか通用しないスキル、通用しない知識、通用しないパターン認識を身に付けただけで終わる。
それでいいのか? 三時間をゲームの中でしか通用しないスキルを高めるだけに使っていいのか?
将来大人になって友だちと話する時に、相手がゲームの他に色んなことやってるのにお前だけゲームしかやってなくて、話すことが少ししかなくてもいいのか?
よくないだろ?

ゲームでレベルを上げるように、現実でもレベルを上げるんだ。ゲームでモンスターを倒すと必ず経験値が溜まるように、お前が何かに取り組んだ時間はけっして裏切らずスキルとして蓄積される。
勉強もスポーツもだ。
色々な問題にあたってその弱点を知ればすぐに解ける。モンスターのときみたいに、パターンがわかってくるんだ。
スポーツだったら練習すれば色々なテクニックを色々使えるようになる。勉強だってこういう問題にはこういう解き方をすればいいってのがわかってくる。そうしたらお前の世界はどんどん広がって行くんだ。
ゲームの中でも現実でも、どんどん経験値を蓄積して、レベルを上げて、装備をいいのにしてゆけ。
新しい装備を手に入れるように、新しい方法を現実でも覚えていけ。」

この説教がどれくらい効いたのかはわからんが、その後は落ち着いて問題に向き合えるようになり、三日後の現在、とりあえず位どりは克服した模様。

関連記事
小学校五年生の子どもに人生をカードゲームに譬えて説教かましてみた
私は勉強がキライだ。


ラダトーム問題について補足させていただきます。
この説教においてドラクエ無印の始まりの町ラダトームを例としたのは
子どもたちが少なくともⅢ、Ⅴはクリア済みであったことを知っており
さらに自分が無印世代であるため
いずれにすべきか迷った挙句咄嗟に原理主義に立ち戻った結果の選択です。
この時点では私は子どもたちが無印を知っているとは思っておりませんでした。
ただ、ゲーマーとしての良識と文脈から、
自分がやったことのないシリーズのドラクエにおけるはじまりの町
と察してくれるだろうという目論見はありました。
せっかくなので先ほど確認してみたところ
子どもたちがやったことのあるドラクエは、実家でのプレイ含め、無印、Ⅱ、Ⅲ、Ⅴであることが判明しました。
というわけでラダトームについては一応知っていたようです。
因みに無印はゲームボーイアドバンスでやったそうなので
復活の呪文のもどかしさはわからないようです。
ゆとり世代め! (絶妙に間違った用法で)


♪上機嫌でいこっと   ♭倉庫さま、記事の紹介ありがとうございました。
あみみさま、記事の紹介ありがとうございました。
るいんずめもりぃさま、記事の紹介ありがとうございました。
かみんぐあうとっさま、記事の紹介ありがとうございました。
障害報告@webry/ウェブリブログさま、記事の紹介ありがとうございました。
駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
ub7637と隣り合わせのHIGHな青春さま、記事の紹介ありがとうございました。
nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。
ここから見える地平 -diary-さま、記事の紹介ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ドラクエメソッド][授業] どくばり

大学の授業中,先生が雑談を言うようなシチュエーションで. 「みなさん,日常生活を楽しく過ごしていますか? それとも,漫然と過ごしていますか? 私の授業でも,他の科目でもいいのですが,頭の中に入れることや,それを使って問題を解くことは,楽しいですか? 思うんです

コメントの投稿

非公開コメント

1440さま、コメントありがとうございました。

> 三行でお願いします

レベル上げが必要なのは
ゲームだけじゃない。

すまん、二行で済んだわ。

ネコタ斑猫 拝

1437さま、コメントありがとうございました。

> 遊び人は賢者になれるんだぜw
その通りだぜ坊やw
パーティに選ばれ見切られることなく長い間一緒に戦い経験値を積む機会を与えられさえすればなw

ねこにゃ~☆さま、コメントありがとうございました。

> いつも素敵な記事をありがとうございます。
や、こちらこそいつもお読みいただいているようでありがとうございます。

> さっそく息子にも読ませました。
> 中3という難しい年頃なので、読んだからといって反省するとか、やってやるぞ、みたいな素振りは見せませんが、きっと感じるところはあったと思います。
中3にこの理屈が通じるでしょうかねぇ…('A`)
記事本文では言及しませんでしたが、かの高橋名人が提唱しておられた「ゲームは一日一時間まで」、その他の時間は別のことに使って世界を広げようという標語を念頭に置いて書いた記事でもあります。
宜しければそちらもご参考に…。
http://zapanet.info/blog/item/218
あ、お子さんが高橋名人わかんなかったらファミコン時代のゲームのスゲェ人って教えてあげてください。

> ドラクエにかける熱意の半分でも勉強にまわしてくれればいいんですけどね..
ドラクエ面白いですからねぇ。
なんにせよ名にし負うゲームってのはいかに長く面白く遊んでもらうかを頭のいい人たちが寄ってたかって考えた極上の逸品なわけですので子どもの自制力じゃあなかなか太刀打ちできないと思っております。

> ありがとうございました。
> これからもよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

ネコタ斑猫 拝

遊び人は賢者になれるんだぜw

いつも素敵な記事をありがとうございます。
さっそく息子にも読ませました。
中3という難しい年頃なので、読んだからといって反省するとか、やってやるぞ、みたいな素振りは見せませんが、きっと感じるところはあったと思います。
ドラクエにかける熱意の半分でも勉強にまわしてくれればいいんですけどね..

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

774さま、コメントありがとうございました。

> 正直くどい
ホントそう思います。譬え話ばっかりしてると
お前はキリストか! 
と突っ込みたくなります(聖☆お兄さんのブッダっぽく)。
あと、名前、わざわざ774って入れられたんですか? 
マメでいらっしゃるなぁ。
正直可愛いと思いました。

では
ネコタ斑猫 拝

通りすがりさま、コメントありがとうございました。

> 素晴らしいですね!
> 自分もこういう話で勉強への取り組み方を解かれたらしっかり向き合えたと思います。
その意気があれば大丈夫、今からでも向き合えます。
がんばってー!!!

ネコタ斑猫 拝

正直くどい

素晴らしいですね!
自分もこういう話で勉強への取り組み方を解かれたらしっかり向き合えたと思います。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。