スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロどうがーエロどうがー

ついにくるものがやってきてしまいました。

うちの第一子が
エロどうが
で検索をかけやがったんですよ。

いやいやいやいや。
第一子も今や小六。
そういうもやもやしたものにもやもやしたくなる気持ちはわかるんですよ。
でもね。

エロどうがってどうよ。

エロはいいのよ。

でも
どうが
でね。
検索かけちゃう
ってのがね。

なんかもう体中にはちみつとワイン塗って樹海に飛び込むようなもんじゃないですか。(@ウシジマくん)

しかも
ヤフー
ですよ。

自分グーグルしか使いませんからね。

ヤフーで検索したらすぐわかりますよ、そんなの。

てか
どうが
ってなんでしょうね。

小学六年生ならせめて漢字に変換しようよ。

でも
エロどうが
でも検索するとトップにちゃんとした18歳以上ですかって聞いてくるようなアレが出てきちゃうのね。

まぁタブブラウザに検索ページ残したまんまほっぽらかっちゃうところに小学生なりの詰めの甘さがあるんですけども、やっぱり検索用語は選んでいただきたい。というよりのっけからウェブはやめてほしい。だって留守の間にヘンなプログラム入れられたりしたら困るじゃないですか。
というわけでワンクリック及びコンテンツそのものの危なさをみっちり教えた挙句
「お母さんいいマンガ持ってるけど貸してやろうか」
なんてやったら至極冷静にお断りされたんですけど。

まぁのっけからね、赤貝にミル貝はめてピコピコ動かしてるようなそんな余りにも露悪的なブツなんて見てほしくないわけですよ。親としては。ああいうのものすごい容赦なく動きますからね。超ピコピコですからね。しかも喘ぎ声も遠慮会釈ないですからね。
そんなんより先ずは
マガジンのグラビア
とか
少年マンガのえっちぃシーン
あたりから攻めてけ、と。
基本押さえようぜ、と。

しかし果して昨今の乳首規制もかまびすしい少年マンガごときに古き良き時代のオヤマ!菊之介のごとき使えるシーンは存在しているんでしょうか?

というわけでせっかくの機会なので少年の心に戻って手持ちのマンガ群から使えそうなシーンを抜粋してみることにしてみました。

先ずは何処に出しても恥ずかしくない少年漫画編。
今乗りに乗ってるワンピースからぶっちぎりエロスなシーンを。


nami1.jpg
もうこれはね。
尾田先生明らかに確信犯ですよね。
少年には友情と努力と勝利だけじゃ足りないんだ、エロスがなくちゃだめなんだ! と言いたげな直球ぶりですからね。
びっくりしましたよもう。

hebihime.jpg
これもね。
もう大変ですよね。ルフィだからこれで済んでるんであってね。
フツーならルパンダイブものですよ。
またこのね、蛇姫様の横乳がね、豊満でね。
これだけオープンだと同人もネタに事欠かないというものですよね。

karifa.jpg
で、実は個人的にはこのシーンのエロスもかなりなもんだと思うんですよ。
もうね、秘書カリファはもう男子の夢の結晶みたいなもんじゃないですか。すっごいエロい体の秘書がそこらへんにいるってだけでね、もうね。
そんなんがお風呂入ってて、ナミさんが体の力奪われてやらしいポーズで倒れてるっていう。
こんな極上のエロシーンないですよ、ほんと。


さて、では次に参りましょうか。

これもまた少年マンガです。王道になりたいけどなれないあすなろ日記のようなマンガです。

そう、さよなら絶望先生です。

そして絶望先生のあざとさ担当と言えばこちら。


abiru.jpg
もうこの包帯たまりませんよね。
股間の巻き方はどうなっているのか、それを考えるだけで半日は潰せそうです。

kaera.jpg
これもクソ定番なネタなのにものすごくいいです。さすがはパンチラ要員カエラ先生、胸チラについてもそつのない仕事っぷりです。
あと、イラストって胸の谷間と顔を交互にガン見してても叱られないからいいですよね。

そして小森霧。
このシーンに想定外の積極性とエロスとを覚えて思わず励んでしまった方もおられるのではないでしょうか?

kiri1.jpg
kiri2.jpg
もうなんかポージングが隙だらけで背後からうんぬんとか妄想したくなっちゃうわけですね。

さて次はちょっとスタイリッシュな方面からえっちぃシーンを。

ジョジョです。

フランスあたりの展覧会から招聘されちゃったりしてもうウルトラスーパーなアーティストとして不動の地位を確保しつつある荒木先生ですが、いや、先生のものされるエロスはどうしてなかなかよいものなのです。

たとえばカーズ様にもてあそばれるリサリサ先生の美脚っぶり! というよりカーズ様の足フェチっぷり!
バステト神も足がグンバツだったことを考えると、多分荒木先生は足がお好きでいらっしゃると思います。
左上のコマのスケールがちょっと気になるというか、
カーズ様がおやすみ中のママに質の悪いじゃれつきかたするお子様なようにも見えるんですけど、
気にしない方向で。
lisalisa.jpg
もうこのシーン見てから駅の階段昇ってるときに美しいおみ足発見しちゃったりするとウィンウィンしたいなとか考えるようになっちゃいましたからね。
全くファン心理にも困ったものです。おきょー。

で、次。高校生の息子を持つ母親ながらその美しい背中でアブドゥルを骨抜きにした危険な女! ホリィ! 
holy.jpg
ヒップの膨らみ具合を如実に伝える丹念なトーンも妄想に忠実!

しかしジョジョと言えばこのエロスを忘れちゃいかんとです。
jotaro.jpg
jotaro2.jpg
キスについてはディオが早いうちからすませてましたがこちらは
先生と生徒!
なぜか胸がはだけすぎているッッッ!
明らかにディープ!
さらに押し倒して胸乳も露わな先生の口から何かを引っ張り出しているッッッ! 
なんだか知らんがとにかくエロス!
という伝で蝶サイコーです。

で。
そろそろ手持ちのエロシーン搭載少年マンガが尽きまして。
じゃあ青年マンガ言ってみまショー! ということで。
トップはこちら、連載終了おめでとうございます! の我らがHELLSING。

でね、HELLSINGといやぁね。
やっぱりぶっちぎりでリップヴァーン・ウィンクル中尉でしょう。

Ripvan.jpg
Ripvan2.jpg
Ripvan3.jpg
Ripvan4.jpg
Ripvan5.jpg
どうですかこのエロス!
純然たるプロの仕事です!
にもかかわらず戦闘シーン見てるだけだよと強弁できるこの融通っぷり!
さすがは平野先生です。そこにしびれるあこがれるゥ!

あ、メガネが不安定なのは気にしない方向で。

で、ついでにエロスを前面に押し出していない開架書庫に置いてあるマンガさらってみたんですけども。

tyatya.jpg
あー…。
そうよね、へうげものは歴史もので面白いから読め! ってやっちゃったんだけど
こんなエライエロいシーンもあったんだよねー。
でもこれで抜かないでほしいなー。

ヒストリエ
eumenesu.jpg
これはねー、しっとり路線でいいんだけどねー。
これおかずにする子どもと言うのもなんか深刻な問題を抱えているような気がする。

で。
これだけはネタにしないで、という物が私にも。

流石に開架には置いてないんですがね。

tika.jpg

…千加さまには罪はないのでございます。
ただ、ただ、あまりにも…!
なおこの他にもシグルイにはスタンドも月まで吹っ飛ぶ衝撃エロスなシーンが満載です。
是非ご覧ください。
あ、この巻読んだ後から
事に臨まんと欲した時乙女の一部位が男子と化す!
が流行語になりました。主に私の中で。

えー、というわけで。
マイサンに大人の世界にソフトランディングしてもらうためのマンガを考える
がいつのまにやら
私家版:少年・青年漫画お役立ちシーン大全集 モロリもあるよ!
になっちゃったんですが、余り気にしないでください。

まぁほっといたってやつらはどこかでハイエンドに出会うんでしょうがね。
だいたいエロどうがの検索用語もクラスの友だちに聞いてきたらしいですからね。
基本的には余計なお世話なのわかってるんですけどもね。

でも、そうであったとしても、まず最初に出会うのは、男女の無理のない愛し方であってほしい。

それが、オトナ世界の先輩としての、小さい人たちへの願いです。


ツキノツバサさま、記事の紹介ありがとうございました。
どどどの日誌さま、記事の紹介ありがとうございました。
木静日誌さま、記事の紹介ありがとうございました。
カトゆー家断絶さま、記事の紹介ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

箱ミネコさま、コメントありがとうございました!

> 初めて見たエロ漫画・・・確か小学校に入る頃?
> 昔は道に落ちてたんだよね、
> あの絵柄、忘れもしません匂い立つ和風エロス。
>
> ケン月影ーーーーー!!(濃)
> ある意味トラウマ。
なんか…ものすごく…エロトピアです。
コメント頂戴して生れてはじめて拝見したんですが、
なんかもうこれは
日本の原風景
ですよね。

> 山口貴由先生も「源エロス」はコレってことで
> 「意気投合」したのでした(笑)
> ↑そんな理由だったのよぅ・・・
ああ、もうなんかものすごく納得しました。山口先生のアレとかアレとか
源流はそこだったのですねぇ…。
感動した!

> ちなみに編集部でケン月影生原稿を拝見しましたが、
> 雑誌ではボカシをかけられていた部分が、
> 「全部」リアルに細かく書いてあった・・・・(もう芸術の域★)
うわぁいいなぁ。そういう
表ざたにできない部分の先生各位の個性
とか比較するサイトとかないかなぁ。無理だけど。
エロマンガ家の方々はやっぱり細かく描かれるそうですね。

自分もやっぱり小学校高学年に拾ったクチですが
一ページだけで
性行為の過程を
陸上競技の三段跳びになぞらえて説明しているもので
一体全体それがどなたの作品であるのか
今となっては手掛かりすらない状態です。
其の後は父親所有のプレイボーイのバックナンバー
おじさんの机の引き出しに入ってた洋モノ無修正
これがまたきっちりハメてるパツキン美男女が
カメラ目線でにっこり笑っているという代物で
それがエロいものであるということは理屈では理解できるんですが今一つ自分のエロス回路には訴求してこないという
そんな感じでございました。
その後フロイトの精神分析方面の本で鍵と鍵穴の比喩を大人の学者が大真面目に学術的に論じているのを読んで
歯が浮くようなそんな気分を覚えたり
こう考えるとアレですな、なんかあんまりこう直球エロスにきっちり向き合った春の目覚めじゃあないですな。

そんなわけで、山口先生と源エロスを共有しうる箱ミネコさまに、正直嫉妬を覚えたりもするのです。
では
ネコタ斑猫 拝

ほりいだんなさま、コメントありがとうございました。

> ヰタ・セクスアリス というヤツですな
> あたしゃ時代が古いんでそのテの「基本」は
> GO!永井センセになりますわ。
> あばしり一家とかキューティーハニーあたり。
自分はテレビアニメで見てたどろろんえんまくんが
マンガ版だとスタンドも月までぶっ飛ぶようなエロス満載で
マンガ版を見る頃までにはある程度エロス回路が成熟していたにも関わらず
むしろ落差に衝撃を受けた覚えがあります。
永井センセは偉大だ…!
あと松本零士センセのマンガで
メーテル風の手足の偉い長い美女が
なんかの罰で宇宙蜘蛛的な何かに体を喰われるシーンで
コマに足だけ出ててその足が震えてたのが
えっらいエロかった覚えがありますなぁ。

> やはり最初はそのものズバリではなく、
> 全然ちがうんだけどなんかエロい、
> またはそのものズバリではあっても非常に暗示的、
> とゆったものが良いように思いますが、どうよ?
そうなんですよ!
あとたとえハメててもですね、
局部はソフトな描写であってほしい。
二次はまぁある程度ええんですけども
三次で局部もろ見えってのはね。
やっぱ内臓的すぎてトラウマになりますよ。

> それ以上はヤンジャンやヤンマガでも面白く読める
> 中学生後半からでよろしい!と思ひます、はい。
映画版三丁目の夕日的昔はよかった論調になりたかないんですけども
昔も今と同程度にエロスはわりと近しいところにあったし、
それに対する背徳感も同程度にあると思うんですよ。
ただ、昔のエロスにおいては、特殊な嗜好にたどり着くのが非常に難しかった。
うっかり特殊な嗜好を持ってしまった人と言うのは非常なる孤独を強いられるような、
そういう状況であったわけです。
が、今は特殊な嗜好と異性生殖をする生物に期待される程度の性行為のモデルとが、まったく同列に展開している。
そのあたりが難しくなる要因だと思われるのです。
さらに言えば、2ちゃんねるまとめ系のサイトで柱にあるエロ系の画像広告とか、他サイト更新テキストリンクの中に何気なく混じっているエロサイトへのリンクとか(またこの文言がなかなか魅惑的でクリックしたくなっちゃう感じなんですよ)、ああいうのも正直心配です。

そういやぁ最近ヤンジャンヤンマガ読んでないです(´・ω・`)ドンナノガアルノカナー
ネコタ斑猫 拝

まぁもちつけ。

1400さま、コメントありがとうございました。
まぁもちつけっていうフレーズもそういや最近見ませんなぁ。

> >「お母さんいいマンガ持ってるけど貸してやろうか」
> >なんてやったら至極冷静にお断りされたんですけど
> コレはアカン、ネコタさんそりゃ丁重に断られるYo!
> 疾風怒濤に差し掛かったばかりの性少年の機微が解ってない。
> 俺だって母親にこんなん言われたら全力で拒否するわwww
アホやなぁ。こんなん表敬訪問みたいなもんでしょ。
うちは子どもが一冊もマンガを買ったことのないうちで、全てお母さん蔵書、さらに成人指定マンガ所蔵してるのもご存じです。
そういう中でですね、いいマンガ持ってるけど貸してやろうかっていうのはアレです、
新宿鮫が共通の敵についての情報を知り合いのおやくざさんのところにもらいにいってですね、
おやくざさんが
「手ぇ貸そうか」
っていうようなもんですよ。
断られるのわかっててもですね、大人の義理としてですね、心意気としてですね、いうもんですよ。
そういうのに
「おやっさん! なんであんな奴に手ぇ貸すなんて言うんですか! あいつサツじゃねぇですか! 」
なんていいうのはアレですよ、若いんですよ。
「フ…ヤス、テメェにもそのうちわかるさ」
というわけでスピードワゴンはクールに去るぜ!

> 女性の側のソレがどうなのかは我々には計り知れない訳ですが、
> いつか来た道の先達としてつらつらとよしなしごとをば。
> 私がシュトルム・ウント・ドランク真っ只中だった頃は、
> 週間“少年”ジャンプに“桂正和”という燦然と輝く神の一柱が鎮座ましましており
> 更に少年誌の限界に色んな意味で挑戦し続けた“Bastard!!”という作品も連載されてたりして
> ネコタさんの仰る“基本”には不自由した記憶は無いですが、
> それでも道端に落ちてたやたらカラーページの多い妖しげな装丁の雑誌とか、
> 同級生がドコからともなく入手してきた秘蔵のブツの回覧とか、
> 部室に世代を超えて連綿と伝わるリビドーの塊とかにお世話になってた訳で。
桂さんはパンツがすげぇ、バスタードはもう女体にかけるあますところなき情熱がすげぇ、
今その直球な大体の位置にあるのは一応ToLOVEるあたりでしょうかね。
しかしやはりそういう直球なものももちろんいいんですが
ワンピースとか、そういう「ラブコメ」もっというと「少年の未だ無意識化の、いわばひこばえ的なエロスに訴えかける」のを主目的としていない王道少年マンガにおけるサービスシーンを探し用立てるというのも
また少年の醍醐味であると思うのです。
あ、自分も公園でものすごくしっとりした唯登詩樹さんを拾ったりしました。
最近も落ちてるのかもしれませんが、きっとあれは少年にしか見えないものなんですよ…!
というのは嘘で、
雑誌の発行部数が少なくなっている
路上で販売する人たちがすぐ回収しちゃう
という二つの要因で或いは落ちていること自体がなくなっているのかと。
それにしても頂戴したコメントとか見てると、やっぱり春の目覚めに印象的だったのはエロトピア流のエロ劇画調というのが多いようで。
あのなんともいえない饐えた淫靡なにほひというものは、やはり昨今のエロアニメ調にはないものですな。
昨今萌え絵でエロスをものしておられる方々も幼少の洗礼はあれ方面で受けたのでしょうか?
なかなか気になるところです。

> まぁその何てんですか、
> 歳経て知識や経験が増えて来れば過程とか情緒とかにも目を向ける余裕が出来て
> そこに新しい発見とかがある訳なんですが、
> まだ知り染めし頃の情動ってのは正しくサルと同じで本能一色なんですよ。
> 有体な話消防や厨房に“萌え”が理解出来る訳が無いんですよ、
> ソレは妄想と情緒の融合という高度な精神活動の産物な訳で
> 未だリアル路線を訴求する妄想力と経験不足で情緒を解しない未熟な精神では
> “萌え出ずる”感覚は体得出来ないと思う訳です。
> その情緒を(少女視点で)描写する事に一日の長の有った少女漫画が
> 極一部とは言えレディコミ寸前の直截表現に走ってるのも
> 動物化するポストモダン@東浩紀と強ち無関係ではないのかも知れませんな。
すいませんポストモダンの下りがよくわかんねぇんですけども。
ものすごい要約すると萌えは子どもにわかんねぇよ! でよろしいでしょうか。
萌えについては様々な解釈が紛糾しているのでそれを定義することなく論ずるのは大変キケンなのであえて避けさせていただきますが、
萌えであれ劇画であれ、生物の本能として備わっているエロス回路に訴求するものであれば
表現形式なぞ飛び越えて直感しうる!
とのみ回答させていただきます。

ああ、このへん議論になるとものすごいめんどくさそうですなぁ。できればご自分のブログでも解説していただきそちらで熱く存分に語っていただければ幸いです。

> ・・・無駄に熱くなって話が逸れましたが何が言いたいかと言うとですな、
> オトナが出来る事ってのはせいぜいが携帯やPcのフィルタリング等の環境をきちんと整備する事と
> 隠しフォルダを勝手に作ってないかを探す事位なモンで後は見守るしかないってこってす。
> だって「人の夢(エロス)は!おわらねぇ!!」モノだから。(良いコト言ったツモリ)
君はアホか。
そんなかわいい仕事で子どもの嗜好を守れたら苦労せんわ。
隠しフォルダなんざお母さんが作っとるわ。すごいのあるわ。見せたろかこのヤロー。こないだパソコンが壊れて泣いてからUSBメモリにしたわ。一番大事なデータはエロ画像じゃ文句あっか。
そういうんじゃなくてですね。
昨今は携帯でも持てばヤバイ画像サイトのURLが向こうからやってくる事態なんですよ。
どこでエロス回路が有性生殖の生物に期待される程度を逸脱するかわからんのですよ。
そこをいかに最初は有性生殖の生物に期待される範囲内で構築してですね。
他の数多の嗜好はオプションであることを理解させるか。
そこにおいてお母さんは闘わなきゃいかんわけです。

すいません、多分私自身が何かの見過ぎですね。
反省してます。

> あ、それとアナログなブツを必死こいて隠してるのをめっけた時は
> 見なかったフリをして元の場所にそっと置いといて下さい。
> これ見よがしに晒し回された日には死にたくなりますんでwww
そんな露悪的なことはしませんよ。ぷんぷん。
ただ、男女の定番な営みのものが全くなくてですね。
質の悪いペド
質の悪い輪姦

リョナ
援交系
屍体
妊婦
しかなかった場合のみ、諮問します。
できればエネマ系もやめておいてほしい。
ユリバラは見逃します。

では
ネコタ斑猫 拝

初めて見たエロ漫画・・・確か小学校に入る頃?
昔は道に落ちてたんだよね、
あの絵柄、忘れもしません匂い立つ和風エロス。

ケン月影ーーーーー!!(濃)
ある意味トラウマ。

山口貴由先生も「源エロス」はコレってことで
「意気投合」したのでした(笑)
↑そんな理由だったのよぅ・・・

ちなみに編集部でケン月影生原稿を拝見しましたが、
雑誌ではボカシをかけられていた部分が、
「全部」リアルに細かく書いてあった・・・・(もう芸術の域★)

エロどうが(笑)

なんか「ぼくのかんがえた~」とか
くっつけたくなるフレーズですな。

ヰタ・セクスアリス というヤツですな
あたしゃ時代が古いんでそのテの「基本」は
GO!永井センセになりますわ。
あばしり一家とかキューティーハニーあたり。

やはり最初はそのものズバリではなく、
全然ちがうんだけどなんかエロい、
またはそのものズバリではあっても非常に暗示的、
とゆったものが良いように思いますが、どうよ?

それ以上はヤンジャンやヤンマガでも面白く読める
中学生後半からでよろしい!と思ひます、はい。

>「お母さんいいマンガ持ってるけど貸してやろうか」
>なんてやったら至極冷静にお断りされたんですけど
コレはアカン、ネコタさんそりゃ丁重に断られるYo!
疾風怒濤に差し掛かったばかりの性少年の機微が解ってない。
俺だって母親にこんなん言われたら全力で拒否するわwww

女性の側のソレがどうなのかは我々には計り知れない訳ですが、
いつか来た道の先達としてつらつらとよしなしごとをば。
私がシュトルム・ウント・ドランク真っ只中だった頃は、
週間“少年”ジャンプに“桂正和”という燦然と輝く神の一柱が鎮座ましましており
更に少年誌の限界に色んな意味で挑戦し続けた“Bastard!!”という作品も連載されてたりして
ネコタさんの仰る“基本”には不自由した記憶は無いですが、
それでも道端に落ちてたやたらカラーページの多い妖しげな装丁の雑誌とか、
同級生がドコからともなく入手してきた秘蔵のブツの回覧とか、
部室に世代を超えて連綿と伝わるリビドーの塊とかにお世話になってた訳で。

まぁその何てんですか、
歳経て知識や経験が増えて来れば過程とか情緒とかにも目を向ける余裕が出来て
そこに新しい発見とかがある訳なんですが、
まだ知り染めし頃の情動ってのは正しくサルと同じで本能一色なんですよ。
有体な話消防や厨房に“萌え”が理解出来る訳が無いんですよ、
ソレは妄想と情緒の融合という高度な精神活動の産物な訳で
未だリアル路線を訴求する妄想力と経験不足で情緒を解しない未熟な精神では
“萌え出ずる”感覚は体得出来ないと思う訳です。
その情緒を(少女視点で)描写する事に一日の長の有った少女漫画が
極一部とは言えレディコミ寸前の直截表現に走ってるのも
動物化するポストモダン@東浩紀と強ち無関係ではないのかも知れませんな。

・・・無駄に熱くなって話が逸れましたが何が言いたいかと言うとですな、
オトナが出来る事ってのはせいぜいが携帯やPcのフィルタリング等の環境をきちんと整備する事と
隠しフォルダを勝手に作ってないかを探す事位なモンで後は見守るしかないってこってす。
だって「人の夢(エロス)は!おわらねぇ!!」モノだから。(良いコト言ったツモリ)

あ、それとアナログなブツを必死こいて隠してるのをめっけた時は
見なかったフリをして元の場所にそっと置いといて下さい。
これ見よがしに晒し回された日には死にたくなりますんでwww
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。