スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして私はこのやりとりをこんなに気持ち悪いと思ってしまったんだろう。

東海道線は東京駅が始発だから、一本か二本見送れば必ず座れるということを先ず念頭に置いておいてほしい。

で、今日、六時ちょい前くらいの電車でのこと。

シートは皆人で埋まっていた。時間が時間だから、並んでいなかった人は先ず座れない。
向かいのシートの右手、ドアの前に、老夫婦が一組立っていた。そこに一人の、なかなか可愛い女の子が乗り込んできた。
で、その女の子、何を思ったのか、シートに置いてある鞄に目を付けた。

それまで自分もまるで気付かなかったのだが、向かいのシート、ドアから数えて二番目にあたる席に、黒の鞄が置いてあった。席ははじから埋まるものだから、多分早いうちから並んでいた人のものだろう。電話をかけるため、あるいはちょっとした買い物のために席を外すけれども、戻ってくるまでの間鞄を置いて確保しておく人というのは少なくなかったから、別段気に止まらなかったのだ。
ところがその女の子、
「この鞄どなたのですか? 」
と鞄の両隣の人に尋ね始めた。
どちらの人も自分のではない、と言っているようだった。
「じゃあどけていいですよね」
女の子は突然、実に明るい調子でそんなことを言い出した。左隣の年配の男性が
え? 何いってんのこの子?
という顔になる。
「電車の座席に誰のものでもない荷物が置いてあるのはおかしいですよね。だからどけていいですよね」
女の子は続ける。男性
「いや、これここの席確保してる人のものだから」
というようなことを言って、見知らぬ鞄の主を庇っている。が、女の子の強弁に最終的に敗北、苦い顔で沈黙した。そして女の子は席から鞄を下ろし
「どうぞ! 座ってください! 」
と明るく、実に明るく老夫婦の奥方に勧めたんである。
奥方は少し遠慮したが
「そこまで言ってくれるなら」
と謝辞と共に座り、なかなか満足そうな顔である。

こうなると事の顛末が気がかりだ。

鞄の主は所用から戻ってきて、並んで確保した席から自分の持ち物が下ろされているのを見て、どう思うだろうか。

ほどなくして鞄の主が戻ってきた。当然のごとく事態に愕然とする。そうして
「この鞄、座席に置いておいたはずなんですが」
と床に下ろされている鞄を指して至極当然の言い分を訴える。
と、
「私が下ろして座ってくださいって勧めたんです」
またもや明るく答える女の子。気の毒そうな目線を送る隣のサラリーマン。
「いや、……これ席に置いてましたよね。人のものを勝手に下ろすのはどうかと思うんですけども」
余りの悪意のなさに却ってうろたえながら自分の正当性を覚束ない様子で確かめようとする鞄の主。
「でも、電車の座席は鞄置くとこじゃないですよね」
更に明るく強弁する女の子。

暫時。

鞄の主は諦めて床に置かれた鞄を取ると出て行った。女の子は至極満足そうだ。そうして安穏と座り続けていた奥方は、若い人もまだまだ捨てたもんじゃないわ、と言いたげな笑みを浮かべながら
「そうよね、座席は鞄を置くところじゃないわよね」
と、呟いたのだった。


sa.yona.laさま、記事の紹介ありがとうございました。
RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
[鬣]たてがみ屋さま、記事の紹介ありがとうございました。以下略。神田のわりと大きくてマンガ関係も力入れてる本屋でも入ってなくて、アキバでも書店によっては瞬殺されてるとかあるかもなので、諦めて29日にアマゾンに注文しました。次の日に届きました。
oTheRwoRldさま、記事の紹介ありがとうございました。
地方在住オタの徒然記(仮)さま、記事の紹介ありがとうございました。
気にな・る・こ・と♪さま、記事の紹介ありがとうございました。 



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1413さま、コメントありがとうございました。

タイトルから多分何か非常に気の利いたことを言っておられるのだろうと推察はされるのですが、警句風の言葉の少なさゆえか、どうもおっしゃっていることがよくわからないのです。

> 彼女は周囲の人間を自分の保身に対する保険にしたんだ、自分のエゴを満たすために。
実のところ彼女の内心については全く分からないのです。彼女のあの行動がエゴからのものなのか、それすらもわかりません。
それゆえに非常に外形的な記述になっております。
私には彼女の行動を記録するだけで精いっぱいだったのです。

> まあ俺なら彼女の狡猾さに敬意を表しつつ、にやにやするかな。それでメタな立ち位置を確保
彼女は狡猾だったのでしょうか。
それもまたわからないことです。

それにしても1413様は素晴らしい他者の心理状況の推察能力再構築能力をお持ちです。きっと国語の試験では優等だったことでしょう。是非その才能を人のため世のためにお役立てくださいませ。
では
ネコタ斑猫 拝

1410さま、コメントありがとうございました。

> 東の地方じゃ、電車において荷物で座席取りとか当たり前なのか。びっくりだな。関西じゃ、迷惑バカ扱いだろう。
おお、そのとおりです。
一方で、聞いた話なのですが関西では乗車時に人が並ばないとか。もしそれがほんとうなら、
「西の地方じゃ、電車で二列で並ばないとか当たり前なのか。びっくりだな、関東じゃ迷惑バカ扱いだろう」
となるのです。
常識とは極めて曖昧で、彼にとっての当然が私にとっての当然でないことはままあります。地域に限らず個々人のレベルでも常識の共有は難しいものです。さあれば、元気にびっくりしたり迷惑バカ扱いするよりも、その場で共有を求められているものとは何であるかを理解する努力は必要かと追われます。それをせずに自分の常識を元気に持ち歩きどこにでも適用した場合、自分以外の常識を共有している人が多勢の場では「迷惑バカ」扱いされてしまう危険性があります。なかなかに難しい問題です。
しかし迷惑バカというのはなかなか面白い言葉ですね。迷惑バカがあるということは迷惑じゃないバカもいるということですね。中々深いものです。
あ、因みにあと数分で発車する通勤電車で席に座った後用を足すために鞄を置いて場を離れるという情景は五年ほどの通勤生活において5回ほどしか見たことがありません。東海道線は走行距離が長く行楽電車でもある関係なのか、飲み物弁当を買いにゆく人、携帯で電話をしにゆく人、そういう人が主であるように思われました。そのような所為が当然だと思っている人はいくらいるか私にはわかりません。また他の人も指摘しているようにそれはけして安全な所為だとも思えません。けれどもそういう所為を寛容し、見知らぬ他人の鞄を庇いだてするような人のいる関東というのは、なかなかよい地域であると私は思います。
では
ネコタ斑猫 拝

頼られるのは好いけど、あてにされるのは嫌い

彼女は周囲の人間を自分の保身に対する保険にしたんだ、自分のエゴを満たすために。
周りの人間はしてやられたわけで、それがもやもやの原因でしょう。

まあ俺なら彼女の狡猾さに敬意を表しつつ、にやにやするかな。それでメタな立ち位置を確保

1409さま、コメントありがとうございました。

> 個人的な意見を述べさせていただければ
おお、素晴らしい、ここで問題になっているのはまさにこの
「個人的な意見」なのです。
鞄の主の
「マジメに並んで席確保したんだから鞄おいといたら他の人座ったりしないよね」
というのも個人的な意見なら
「高齢者を立たせておくのは居たたまれない、電車の座席は荷物を置くところではない、ならば私はこの誰のものともわからぬ荷物をどけてこのご高齢の夫婦のおひとりだけでも座らせてあげよう」
というのも個人的な意見、
年配のご婦人の
「まさか座れるとは思わなかったし鞄をどけてまで座ろうとは思ってなかったけどこのお嬢さんがこんなに行ってくれるなら座らないと悪いかもしれないわ」
というのも個人的な意見、
さらに隣席の男性の
「せっかく並んで席確保したのに鞄どけて誰か座ってたら困るだろうから代わりに権利を主張してあげよう」
というのも個人的な意見です。
こうなると
まぁぶっちゃけ多分蓋開けたカメラ持ってたから鞄置いて席確保したつもりになってた鞄の主(多分撮り鉄)
が一番甘えっ子なのは当然なんですけどね。
事件は現場で起きてるんだYO! じゃねーですけど、ことがややこしくなったのは彼が不在だったからなんですよねー。
で、更に言えばここでの登場人物は
隣席の男性

お嬢さん
に絞り込まれるわけです。
というわけで登場人物を二人の限定してですね。
見知らぬ鞄の主の権利を庇った男性

自分が座ってたわけじゃない席を高齢者に譲りたいお嬢さん
の一騎打ちにおいて、どちらの心意気に分があるのかなぁ、と。
そらぁもうね、鞄の主は甘えっ子ですよ。ほんとにね。
他の方もはてブとかで下さってますけどね、攻殻機動隊の世界だったらカバンが危険物扱いとかね。
ハハーンそんなのはブラックジャックが既にウン十年前に通過してるッッッ! なんですけどね。
私は、やっぱりどうしても、隣席の男性が、最も最も最も最も美しいッッッ! マギー!
という印象です。

> 荷物を置いて座席を確保、などという行為は
> はっきり申し上げて「みっともない」わけでして
例えば公園のベンチで、例えば図書館の机で、例えば新幹線自由席で、荷物を置いて座席を確保と言うのはまぁありな感じでしょうかね。特に新刊席の自由席で席を確保っていうのはお互い不文律で尊重してほしいなぁ。でも明らかな通勤電車では基本そういうチャレンジをする方にはあまりお会いしたことはないです。(一年に2・3回は目撃)そういう方の方法は誤解を招きがちで余りスマートではないため、そういう方法の存在を認めてはいますが自分はやろうとは思いません。
あ、個人的な体験なんですが、同じ東海道線で
私が席に座ろうとしたその座席に一冊の本がぽとりと落ちまして。
私はそれを落とした主に拾ってお返ししたのですが、先方は何やら怒った様子で立ち去られました。
後からあれも席取りだったのだなぁと気付き、天然の力に驚愕してしまったのですが。
電車の中には多彩な常識があり、そらをいかに上手くおり合わせながら
自分の納得のゆく展開を作る
そういうのが今日の電車通勤の人々に求められていることだとしたら、ケッコー難しいですわなぁ。

> そこいらに掃いて捨てるほど居る
> 電車の床に座り込むバカ共と五十歩百歩のような気がします。
宴会してますよね、やつら。
ま、鞄の主についてはちゃんと並んで座席確保しようとしてますので
そいつらと同列というのはちょっと胸が痛みます。
彼は甘えっ子ではありますが、
無法者ではないですから。

では!
ネコタ斑猫 拝

1408様、コメントありがとうございました。

> 日本語喋ってたからって日本人だとも限らない
>
> 空気読まない+対象が老人=半島人?と

大変申し訳ないのですが、そのあたりについて
私は判断すべき材料も断じるべき言葉も持ちません。
またあなたのおっしゃる「半島人」が体が弱っている確率の高い高齢者を
積極的に座らせてあげたいと考えるような気風を持っておられるのなら
それはそれで素晴らしいことであると考えます。
ただ、そのような美しい心を全うするために、
隣席の男性が見知らぬ鞄の主を庇った
そのようなやはり美しい心を蹂躙するというのは
結局のところ不適切な行為になってしまうと思うのです。

では
ネコタ斑猫 拝

東の地方じゃ、電車において荷物で座席取りとか当たり前なのか。びっくりだな。関西じゃ、迷惑バカ扱いだろう。

>東海道線は東京駅が始発だから、一本か二本見送れば必ず座れるということを先ず念頭に置いておいてほしい。

と言うわけなので、カバンの持ち主氏は一本後の電車に乗れば持ち主氏も座れてみんなハッピーと、こういうわけですね。

個人的な意見を述べさせていただければ
荷物を置いて座席を確保、などという行為は
はっきり申し上げて「みっともない」わけでして
そこいらに掃いて捨てるほど居る
電車の床に座り込むバカ共と五十歩百歩のような気がします。

日本語喋ってたからって日本人だとも限らない

空気読まない+対象が老人=半島人?と

ARRさま、コメントありがとうございました。

> 先日とおりすがりとしてエアガンの話にコメントさせて頂いた者です。お褒めに預かり、少々照れくさくも嬉しく思います。ありがとうございました。
や、お父さんに狙撃された方ですね(語弊のある表現)。

> さて、こちらの話は私も気持ち悪く感じました。推測の域を出ませんが、この女の子は席を譲って物凄く褒められた事が以前にあるんじゃないでしょうか。自分が褒められたいためか、老夫婦を思いやってか(あるいはその両方か)女の子の胸中は定かではありませんが、とにかく席を譲るということが彼女にとって唯一絶対の正義になってしまっているんしょうね。だから、それを邪魔する物は全て悪である、と。実際は、隣の男性が指摘された通り、「席に荷物を置いて確保する」というのもまた一つの正論なのに…(一人で多くの席を占領する事以外は電車の席取りくらいは全く問題ないと思います)。
はてブコメントでは
鞄置いて席取りは既得権だ!
なんてなんか大仰な話になってたり年齢書かなかったせいで二十歳代の女の子の年齢が生徒になってたりして言葉で出来ごとを伝えるってのはムズカシイ仕事なんだなぁとか思ったりもしたんですが。
どうですか、二十歳代と聞くと気持ち悪さが倍増しませんか。

> なのでこの場合は、席をすすめられている老婦自身が「ありがとうね。でももしかすると持ち主の人も怪我や病気でどうしても座りたいのかも知れないわ」と述べ、持ち主の到着を待つのが良かったんじゃないかな、と。そうすれば持ち主の到着時点で女の子が「あなた病気ですか?元気ですか?元気ならおばあちゃんに席を譲ってはどうですか?」とでも言うでしょうから、それで席を譲っておしまい。
ほんとにそのとおりです。ARRさまが明文化してくださったこれこそが奥方に期待したやりとりだったのでしょう。

> 個人的には「他人に席を譲らせる」のはちょっと節介に過ぎる気もしますが、実際に起こったやりとりよりはずっと後味がよろしいかと。
更に申し上げれば他人が置いた鞄をどかして座らせるというのは私の中では他人に席を譲らせるのとほぼ同列です。おまけにはてブコメントで書いてくださった方もおられるとおり欠席裁判ですからねぇ。
やはり今回の件では女の子がヘンテコな申し出をししかもそのヘンテコ性にまるで気付いていないというのが全ての元凶だと思うのです。

> 正義や正論ってのはそれこそ人の数ほどあって、その折り合いをつけるために人は「話し合い」をする、という事をこの女の子はまだわかってないんでしょうね。
> 宗教でも国家でもそうですが、聞く耳持たずに「自分の正義」のみをひたすらに純粋に貫く連中が一番怖い。この話の気味悪さはそういう「話し合いの余地なく貫かれた正義」が原因のように思います。
ああ、本当にそのとおりです。
自分の常識と異なる常識に出会うことと言うのはままあることであって、肝心なのはそのような自分仕様とは別仕様の常識の可能性を認識しその存在を尊重することです。自分は通勤電車の中で鞄を置いて席を確保しようとは思いませんがそういう流儀の存在を認識していますしそれを尊重したいと思っております。なぜなら私もそのような私仕様の常識を認識し尊重してくれる人に守られてきたからです。けれども件の女の子はそのような常識の存在を言葉持って知らされる機会を持ちながらなおその常識を尊重しようとしなかった。これは畢竟他者を無碍にする行為です。そのような女の子の傍若無人がこれもまた確かに存在する彼女の老夫婦に席を立たせたままでいたくないという美しい心によって覆い隠されてしまった。そのような、女の子の内に同時に存在する美しさと傍若無人さが期せずして同時に露呈してしまった、そのような現場に立ち会ってしまったが故の気持ち悪さなのでしょう。

ARRさまはじめ、コメント欄で、またはてブで、多くの方が自分の所感を知らせてくださいました。それゆえに自分は当初は曖昧模糊としていた気持ち悪さを解題することができました。ARRさまに、そして何らかの形で所感をお知らせくださった皆様に、この場をお借りして御礼を申し上げます。ありがとうございました。

では
ネコタ斑猫 拝

先日とおりすがりとしてエアガンの話にコメントさせて頂いた者です。お褒めに預かり、少々照れくさくも嬉しく思います。ありがとうございました。
さて、こちらの話は私も気持ち悪く感じました。推測の域を出ませんが、この女の子は席を譲って物凄く褒められた事が以前にあるんじゃないでしょうか。自分が褒められたいためか、老夫婦を思いやってか(あるいはその両方か)女の子の胸中は定かではありませんが、とにかく席を譲るということが彼女にとって唯一絶対の正義になってしまっているんしょうね。だから、それを邪魔する物は全て悪である、と。実際は、隣の男性が指摘された通り、「席に荷物を置いて確保する」というのもまた一つの正論なのに…(一人で多くの席を占領する事以外は電車の席取りくらいは全く問題ないと思います)。
なのでこの場合は、席をすすめられている老婦自身が「ありがとうね。でももしかすると持ち主の人も怪我や病気でどうしても座りたいのかも知れないわ」と述べ、持ち主の到着を待つのが良かったんじゃないかな、と。そうすれば持ち主の到着時点で女の子が「あなた病気ですか?元気ですか?元気ならおばあちゃんに席を譲ってはどうですか?」とでも言うでしょうから、それで席を譲っておしまい。
個人的には「他人に席を譲らせる」のはちょっと節介に過ぎる気もしますが、実際に起こったやりとりよりはずっと後味がよろしいかと。
正義や正論ってのはそれこそ人の数ほどあって、その折り合いをつけるために人は「話し合い」をする、という事をこの女の子はまだわかってないんでしょうね。
宗教でも国家でもそうですが、聞く耳持たずに「自分の正義」のみをひたすらに純粋に貫く連中が一番怖い。この話の気味悪さはそういう「話し合いの余地なく貫かれた正義」が原因のように思います。

長文失礼いたしました。

1395さま、コメントありがとうございました。

> 携帯電話が鳴ったから外に出て通話してたら席が無くなってた。
> …だったりすると男性がかわいそうですね。
> (あくまでも自分の妄想ですよ)
あっそこは妄想でなく想像でよいのでは。
いや、ほんとそうなんですよ。

> マナーを守ったらマイナスとして返ってきた。
> 自分はこれに耐えられるかどうか…
怒っても仕方のないシチュエーションだったのに鞄の持主の方は自制した。
その点は評価されるべきだと思います。

自分だったらやっぱ通勤電車に鞄置いて席確保はやりません。
だっておっかないじゃないですか。
でも鞄を置いてあるのを見て、その理由を推察して遠慮すると思います。
きっと何かやむをえない事情があって席を離れたんだろうなぁ、と。
電車で鞄を置いて席をはずした場合、外からだと空席のように見えて座ろうと思って乗り込んでくる人がたまにいます。
そういう人は、大体見て状況を察し、また周りの人に状況を聞いて、少し残念そうではあるんですが、立ち去ってゆきます。
それは多分、自分も何か所用があって同じ状況に至った時、同じように誰かに察してもらえることを期待してのことではないのか、と。
私は、そういう「誰かの事情を察するための努力をする」ということは、とても大切なことだと思うのです。

では
ネコタ斑猫 拝

mayaさま、コメントありがとうございました。

> 戻ってきた鞄の主が妊婦だった場合、女の子はどうしたのでしょうか。
私もそれについて考えました。
もしも更にご高齢の方が戻ってきたなら、その女の子は如何したでしょうか。
どうも今度は老夫婦の奥方をどかして座らせたんじゃないか、と。
女の子は多分美しい心の全うのためなら何もかも踏破しそうです。
自分自身の先ほどの行為さえも。

では
ネコタ斑猫 拝

1338さま、コメントありがとうございました。

> 元カキコの後段に至ってはエディタからをコピペを失敗してたようで尻切れトンボです。申し訳ないです(汗
や、なるほど、腑に落ちました。
なんか寝落ちしたような文章になってて少々驚愕しました。

> ただ、荷物での場所取りは周りの人の好意や小心を期待した行為にすぎないかな、と。
> たとえ隣の席が友人が場所取りした席でも、その友人が場所取りしたことを伝えてなお席を譲るように言ってくる人がいたら私は拒めませんし、私も友人もどうこう言える立場ではないと考えますので。
うーん、私も多分結果としては拒まないでしょうけども、それは相手に筋があると思っての行為ではなく、
なんかやばくね?
という恐れからでしょうね。

すごい正直なこと書きましょう。

私あの現場であの女の子極端な宗教でもやってるかと思っちゃったんですよ。ハハハ。

こういう展開になると、もう好意とか小心とかのレベルの話じゃないんじゃないかな、と思うおんです。
何かこう通じないというか、別次元にいるというか…。

> 座席取りをずうずうしいとか、不埒だと考える人がいるだろうな、ということで、
> そういった人にとっては、この女の子の行為はある種、痴漢を咎める行為と
> 同じようなものだと考えるのではないかな、と考えたので前段で価値観を云々した次第です。
うぬぅ、痴漢と同列に論じようとするとまたややこしくなるのでちょっとここについては意見を差し控えさせていただきます。

> ローカルルールって言っちゃいましたが、殆どの人が意図は理解するはずなので、ある意味で常識といっても差し支えないですし、常識を無視すれば軋轢はあるわけで、やっぱり難しい問題ですね。
曖昧模糊たる「常識」を論じる際に重要なのは、常識とはどのようであるかよりも、常識に対する人の認識、立ち位置であると仮定してですね。
常識に対する人の認識、立ち位置は三つに分類可能だと思うのです。
1 常識を共有している
2 常識を共有していてなお何らかの理由で無視しようとする
3 常識を共有する必要性を覚えない
他者には2と3は同じように見えますが、実際には1と2が同質です。なぜならどちらも常識の存在を知っているから。
そしてそのような人にとっては、3こそが真の怪物です。

今回の女の子は、例えばアウトローに憧れる若い人のように、常識の意義を知りながらあえて踏み倒そうとしたわけではない。
常識の意義をまるで覚えていない所為のようにしか思われなかった。
女の子には美しい心があった。老夫婦に席を譲ろうと重い立つだけの美しい心があった。
そのような美しい心を持ち合わせながら、己の美しい心を全うするために、左隣の男性の見知らぬ人を庇おうというやはり美しい心を明るく破棄してその結果を顧みない、その一点において私は気味悪く恐ろしいと思ったのです。

ネコタ斑猫 拝

携帯電話が鳴ったから外に出て通話してたら席が無くなってた。
…だったりすると男性がかわいそうですね。
(あくまでも自分の妄想ですよ)

マナーを守ったらマイナスとして返ってきた。
自分はこれに耐えられるかどうか…

気持悪いですね

戻ってきた鞄の主が妊婦だった場合、女の子はどうしたのでしょうか。
妊婦だとうと、老人だろうと退かしたのならば、それは世間知らずではないでしょうか。

1388ネコタ斑猫管理人様

1383です
説明不足な酷い文に返信までいただいてありがとうございました。
元カキコの後段に至ってはエディタからをコピペを失敗してたようで尻切れトンボです。申し訳ないです(汗
以下は意見を返して頂いた点、というより私のカキコが不十分だった点についてです。

>まず、ローカルルールという書き方をなされたわけなんですけれども、
に関して、ご認識の通りです。
「座席に荷物を置く」=「場所取りの意思表示}と日本人なら認識するでしょうし、
あとは、そのメッセージをどう捉えるか、通用する・すべき場であるか、
といった程度の意味で使用してます。

>ただ、ローカルルールではあっても、
に関して、
私も多分、奇妙な光景と感じると思います。
ただ、荷物での場所取りは周りの人の好意や小心を期待した行為にすぎないかな、と。
たとえ隣の席が友人が場所取りした席でも、その友人が場所取りしたことを伝えてなお席を譲るように言ってくる人がいたら私は拒めませんし、私も友人もどうこう言える立場ではないと考えますので。

>状況がつまびらかでないんで答えづらいんですが、
に関して、
尻切れトンボでスイマセン。元の文で何と書いたか正確に覚えてないのですが、
主旨としては、
1.電車の場所取りなら大して周りに迷惑をかけてなさそう。
2.「座席取り」は迷惑な行為と、周りから認識される場合がある。
といった内容を書こうとしてました。

座席取りをずうずうしいとか、不埒だと考える人がいるだろうな、ということで、
そういった人にとっては、この女の子の行為はある種、痴漢を咎める行為と
同じようなものだと考えるのではないかな、と考えたので前段で価値観を云々した次第です。

ローカルルールって言っちゃいましたが、殆どの人が意図は理解するはずなので、ある意味で常識といっても差し支えないですし、常識を無視すれば軋轢はあるわけで、やっぱり難しい問題ですね。

1387さま、コメントありがとうございました。

> 彼女が並ぶというコストを払って得た席じゃない。
> 横取りです。
そこなんですよねぇ引っ掛かるのは(´・ω・`)

> その横取りの席に、娘さんの屁理屈の座布団を
> 敷いてぬくぬく座っていられるご婦人にも違和感をおぼえます。
屁理屈の座布団たぁいかした言い回しですな( ´∀`)
しかしなんというか、女の子の言い分は屁理屈にすらなってないんじゃないか。
譲るべきだから譲れ! みたいな。
自分は目撃しただけで接点がないんでいいんですが、生活を共にしている人たちは相当大変なんじゃないかなぁ、と正直思います。
行動原理が世間的には善意なものだからなおさら面倒というか。

> まあ男性の行動が迂闊なんで
> しゃーないっちゃしゃーない。
ああ、ほんと迂闊ですよね('A`)
でもそういう迂闊さが通用しちゃう日本ってのもなかなか美しい国だな、とか、そんな風に思っちゃうわけです。

ではコメントありがとうございました。
ネコタ斑猫 拝

強くなくては優しくなれないさま、コメントありがとうございました。

> 席に鞄を置いて離籍する
> なんて 日本は平和です
> いったい誰を 
> 信じてやる故意でしょう
> よくあることなんですか?
> なんて平和な国でしょう
> 席を取られただけなら
> ゆるしてあげなさい
こんなに短いコメントの中で誤字が二か所もありまして、正直心配になったりもするんですが、それはともかくとしてコメントありがとうございました。
日本は平和だとおっしゃいますが、平和なのは大変結構なことなんじゃないかと思うのです。
電車の中で鞄を置いて席を離れても鞄を盗まれることはない、せいぜい下ろされるくらいである、老夫婦を座らせてあげたいと考える女の子がいる、見知らぬ他人を庇う人がいる。
素晴らしい事じゃありませんか。
それをですね、電車の中で鞄を放置しておいたら取られて当たり前である、それが世間というものである、取られないと信じる方がおかしいなどという、そういう人は正直日本どころか窃盗が罪とされる全ての法治国家に向いていないと思うのです。えーとね、あれだ、あれ、世紀末のね、モヒカンさんが「ヒャッハァー! 汚物は消毒だー! 」なんて言ってるところにいらっしゃるとよろしい。
放置したものを取られないと信じうる社会と放置したものを取られない社会と放置したものを取られて当然な社会は等価じゃありません。
放置したものを取られないと信じうる社会と言うのは国際的に誇らしい社会
放置したものを取られない社会と言うのは国際的に見て普通の或いはあらまほしき社会
そして放置したものは取られて当然な社会と言うのは国際的に恥ずかしい社会です。

そうじゃあありませんか?

あなたがおっしゃる日本の平和というのは、左隣の男性のような、見知らぬ他人を庇うような、そういう人たちの心性立ち居振る舞いによって成り立っているのです。
そうして、鞄の持主が信じていたのも、あなたのような心性以外の方々です。

……もしかして縦読みΣ(゚Д゚;)!!!???

んなこたーなかった
ネコタ斑猫 拝

1385さま、コメントありがとうございました。

> かばんを置いた方が、見知らぬ人でも構わないから周囲に「所用があり離席しますので荷物を見ていただけますか?」とでも言っておけば済んだのかな。
こういうやりとりがあったかどうかはわからないんですが、何しろ左隣の男性は見知らぬ鞄の主を庇ってましたからね。
庇っても女の子は強弁してましたからね。
そう考えるとなんか荷物見ててって頼まれたと言ってもなんか通用しなさそうですよね。
「連れのです」とか言ったら違ってたんでしょうかね。
でも一般的にそこまでする義理はないと思っちゃいますよね、普通は。
そもそもなかなか庇ったりできませんよね。なんか自分のこっちゃないしもういいや、とか諦めちゃう。
左隣の男性は、そう考えると、一番いい人だとひそかに思っているのです。

> 新幹線の自由席とかでこれやられたら相手を罵倒しそうです。
ですよねー(´・ω・`)
トラブルになってもおかしくない状況ですよね(´・ω・`)
持ち物置いて荷物確保どうよ! みたいなご意見もあるんですけども、鞄の持主の方もあくまで自制なさったわけですからね。
まだまだ日本は平和だなぁとか、そんなことも思っちゃったわけです。

では、コメントありがとうございました。
ネコタ斑猫 拝

1384さま、コメントありがとうございました。

> 席を譲ることにたいしての、正当性はまっとうなのに。
いや、この女の子譲ってないと思うんですよ。
自分が座っていた席に奥方を座らせたのなら譲ったといえるし、それはとても素敵なことなんですけども。

女の子の、老夫婦に対する気持ちと言うのはとても美しいものだと思うんです。
でもそれは自分が確保したものをもとにやるべきじゃないかな、と。
いくらそういう美しい気持ちがあったとしても、じゃあ明らかに誰かが席を確保するために置いた荷物をどかしてまでその美しい気持ちを全うすべきかというと、それはやっぱり違うと思うんですよ。
荷物で席を確保するのが正しいやり方なのか、というのはまた別の問題なんですけども。

で、多分今回一番気持ち悪かったのは、女の子の美しい気持ちに狙撃されつつなお見知らぬ鞄の主をかばった左隣の男性でしょう。
彼の気持ちを慮るとなんともやるせない気持ちです。

では、コメントありがとうございました。
気持ち悪くしちゃってごめんなさい(´・ω・`)
ネコタ斑猫 拝

1383さま、コメントありがとうございました。

> 電車での座席取りというローカルルールに慣れすぎたせいではないでしょうか。
電車での座席取りはローカルルールであるのか? というところからして既に問題が山積なのですが、一つ一つ解題させていただきます。
まず、ローカルルールという書き方をなされたわけなんですけれども、荷物を置いて座席取りというのは果して電車の中でのみ通用する所為なんでしょうか? ちょっと考えを巡らせてみますと、
映画館の自由席
図書館
コメントで書いてくださった方もおられますが、新幹線の自由席
と、まぁ結構あるわけです。
けれどもじゃあどこでも人は荷物を置いて座席取りをするか? と考えればけしてそうではない。
通用する場所と言うのをかなり意識して分別し、そのうえで
「多分この領域なら荷物を置いて座席取りをしても安全だろう」
と見込んでそういう所為をしているわけです。
1383さまがあえてローカルルールと言う書き方をなさったのも、そういう分別をしていることを踏まえたうえで、そういう領域が曖昧になってきているのかも知れない、電車内をそういう領域を認めない人がいるかも知らないということを鞄の持主が忘れてしまっているのかも知れない、そういうのは時には危険なことだよ、と、そういう意味合いを含んでだと読ませていただきました。
あれなんですよね、記事には書かなかったんですけども、鞄の持主の方、多分撮り鉄です。
キャップしてないごっついカメラ肩にかけてましたから。
電車はホームなんだと思うんですよ、そういう方にとって。
だからまぁ、甘えもあると思うんですよね。
ただ、ローカルルールではあっても、そういうのが一般的に通用する領域であるということは、左隣の男性が伝えたわけですから、それでもなおも強弁するというのは、やはり少し奇妙な光景であったとは思うのです。

> 「知ってしまう」と価値観変わりますよね、良きにつけ悪しきにつけ。
主語が不明瞭なんで答えづらいんですが…知ってしまうと価値観は変わるものです、確かに。

> 一般には「座席取り」は、回転率を悪化させたり全体の効率を悪くすることが多いですが、電車の場合はそんなことなさそうですし
状況がつまびらかでないんで答えづらいんですが、飲食店などだと座席取りと言うより居座りの結果回転率が悪くなると思います。

やっぱり女の子がね、自分で座ってた席を譲ったのならそれはとても素敵なことなんだと思うんですよ。
でもね、自分で確保したんじゃない席をね、いないからって置いてた鞄下ろしてまで座らせちゃうっていう。
それは善意に見えるけど全然善意じゃないんじゃないかな、って、そんな風に思うんです。

ローカルルールって難しいですよね(´・ω・`)
コメントありがとうございました。
ネコタ斑猫 拝

娘さんの義賊きどりが鼻につきますね。
彼女が並ぶというコストを払って得た席じゃない。
横取りです。

その横取りの席に、娘さんの屁理屈の座布団を
敷いてぬくぬく座っていられるご婦人にも違和感をおぼえます。

まあ男性の行動が迂闊なんで
しゃーないっちゃしゃーない。

平和です

席に鞄を置いて離籍する
なんて 日本は平和です
いったい誰を 
信じてやる故意でしょう
よくあることなんですか?
なんて平和な国でしょう
席を取られただけなら
ゆるしてあげなさい

かばんを置いた方が、見知らぬ人でも構わないから周囲に「所用があり離席しますので荷物を見ていただけますか?」とでも言っておけば済んだのかな。
新幹線の自由席とかでこれやられたら相手を罵倒しそうです。

うーん・・

正直私も気持ち悪いです。
席を譲ることにたいしての、正当性はまっとうなのに。
なんかしてやったりって雰囲気が嫌なんですかね・・。

電車での座席取りというローカルルールに慣れすぎたせいではないでしょうか。
「知ってしまう」と価値観変わりますよね、良きにつけ悪しきにつけ。

一般には「座席取り」は、回転率を悪化させたり全体の効率を悪くすることが多いですが、電車の場合はそんなことなさそうですし
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。