小学生で付きあうってどーすんだよwww

バレンタインが土曜日だったために、義理チョコの配布はなかったようだが、上の子が本チョコとやらを二つ貰った模様。
下の子はなし。
まぁ下の子はもともと義理チョコのみだったし、本チョコが始まるのは4年生あたりからなので想定通りの展開なのだが。

上の子、なんか同学年の女の子に
付きあって
といわれたらしいwww
チョコなしでwww

しかしその子、タイプじゃないっつーか
わりとやかましいタイプなので
お断り申し上げたらしいwwwww

リアルツンデレなんてそんなもんだよなぁwww

しかし、小学生で付きあうってどーすんだよwww
と思って、上の子に
「もし好きな感じの子だったとして、
お前付きあうってなにすると思う?
小学生で実際に付きあってる子とかいるの? 」
と聞いてみたのだが
「わかんない。いないと思う」
とのこと。

まぁ
バレンタインにチョコもらったりお返ししたりしてそこはかとない好意を確認しあう
ぐらいのおつきあいなら宜しいが
小学生の分際で
付きあって
などと提案してくるタイプというのも、
なんか過度に女子臭くて将来的にめんどくさそうな感じがするので親的には勘弁というのが本音でござる。


職場で女子のお母さんに
「友チョコというのは交換しあうものなので義理チョコと友チョコは違うよ」
とのご教授を頂きましたので、記事を一部訂正いたしました。


あみみさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たなかさま、3年も前の記事にコメントありがとうございます

何やら御立腹のようですが
今一つ論点がはっきり致しません。
よろしければ当該記事の何が問題であり
どのあたりが過度に子どもに干渉したい人に見えたのか
また干渉する人と干渉したい人との違いは何であるのかなど
もう少し理論的に書いていただければ御返答の仕様もあろうかと存じます。

では
ネコタ斑猫 拝

小学生の分際ってのが聞き捨てならないけど、
今からそういう事言ってたらこの先彼女連れてきたらどうするの?
あなたは過度にこどもに干渉したい人に見えます。

植月さま、記事の紹介ありがとうございました。

> 古い話ですが。
> >キスや服の上から触り合う
> が高校の卒業間近くらいの時代の話です。
> つーか、それでさえ「早い」とおもってました。
自分もそんなもんでしたなぁ。なつかしー。
最近の子は禁断がなさすぎてダメですよねぇ。ハハッ殺す。

> 小学校の頃は親さんの監視下でふたりで遊んでました。一緒に餃子作ったり、お菓子作ったり、なんかいきなり娘してました。
餃子がかわいい(*´∀`*)

> あと、キスとか性的な行為は無かったですが、男の子の方にも独占欲と興味だけはあったみたいで、男友達が多いところでスカートはいていると
> 「男の子が多いのにスカートをはくなんてダメだよ!」とか言われました。(意味判らず、紳士的だなー、とか思ってました)一緒に本を読んだり、ただただ話す、遊ぶだけでした。
超可愛い(*´∀`*)

> 「付き合ってる」は「自分だけが特別の異性友達」以外の意味は無く、つまり、「特別」で「好き同士」の友達であることが「付き合ってる」でした。
そうなんですよ、それが私の理想形なのです(*´∀`*)
小学生ってのはそういう風にあってほしいですよねー(*´∀`*)

> 情報はこんなのでいいですか。
> ……古すぎますかね
素敵です。個人的には非常に理想的です。
生きる勇気がわいてきました。ありがとうございました。

ネコタ斑猫 拝

自分の経験では

古い話ですが。
>キスや服の上から触り合う
が高校の卒業間近くらいの時代の話です。
つーか、それでさえ「早い」とおもってました。
高校で15年くらい前ですが。
小学校だと20年前ですが。

小学校の頃は親さんの監視下でふたりで遊んでました。一緒に餃子作ったり、お菓子作ったり、なんかいきなり娘してました。
あと、キスとか性的な行為は無かったですが、男の子の方にも独占欲と興味だけはあったみたいで、男友達が多いところでスカートはいていると
「男の子が多いのにスカートをはくなんてダメだよ!」とか言われました。(意味判らず、紳士的だなー、とか思ってました)一緒に本を読んだり、ただただ話す、遊ぶだけでした。
「付き合ってる」は「自分だけが特別の異性友達」以外の意味は無く、つまり、「特別」で「好き同士」の友達であることが「付き合ってる」でした。

情報はこんなのでいいですか。
……古すぎますかね

yasuさま、コメントありがとうございました。

> DQNな兄姉がいて、早くから性的な知識が身についてる子だと、「兄(姉)の友達と初体験→同級生と経験」というパターンをたどることが多いようです。そして一回経験しちゃうと、それ以外の男女交際のパターンがわからなくなっちゃうというか、「つきあう=やる」みたいな感じになってしまうという。
> 大ざっぱな話ですみません。
いえいえ、なるほど、そのパターンならよくわかります。理解したぞッッッ!(゚∀゚)
上から文化が下りてきちゃうんですなぁ。
うちは中学になったら避妊性病一通り教えたろと思って手ぐすね引いてまってるんですが(どこまで教える気だ)、さすがに小学生は早いわぁ('A`)
この件関連で調べて小学生のうちに三割が精通しちゃうってのを知ったときにはちょっと危機感を覚えたんですが、なんてんですか、
美しい童貞文化を保護したい!
精通と同時に童貞捨ててどうする! お前は歌舞伎役者か!
そうじゃなくてモンモンしろよ! ハァハァして妄想してすりむけるほどオナニーしろよ!
んで正座オナニーであだ名が和尚になれよ!
男子ってのはそういうもんなんだよ!
というような親の側の強い信念があるわけででしてね。
とりあえず中学生まではセックスダメ、絶対。

んではありがとございました!(゚∀゚)
ネコタ斑猫 拝

実例ですが

具体例はいろいろと差しさわりがあるので一般論的なことしかいえませんが、DQNな兄姉がいて、早くから性的な知識が身についてる子だと、「兄(姉)の友達と初体験→同級生と経験」というパターンをたどることが多いようです。そして一回経験しちゃうと、それ以外の男女交際のパターンがわからなくなっちゃうというか、「つきあう=やる」みたいな感じになってしまうという。
大ざっぱな話ですみません。

1328さま、コメントありがとうございました。

> キスや服の上から触り合うくらいは割とよくあるみたいですね

うーん、この記事について同じくコメントをくだすったyasu様にもお返事申し上げたんですけども
これは1328さまが知りあいの小学生あるいは小学生の保護者の方から聞いた事例でしょうかね。
私の見解としては、小学生同士でそういうことに至るには
クリアすべき条件が多すぎて難しいんではないか、
そのように考えておるわけです。
よほど性が身近な家庭に育った児童ならともかく
一般的には、例えばそういうことを妄想することを好むようになっていたとしても
それと実際にしてみることとの間には
かなりの障壁があると思うんですよ。
なわけで、1328さまにも
できればお知り合いの方から聞いたリアル小学生の事例を
お知らせいただければありがたいと切に願う次第であります。

では
ネコタ斑猫 拝

yasuさま、コメントありがとうございました。

> 小学生どうしのお付き合い、高学年になると「すすんでる」子は性関係をもっちゃったりもするみたいです。まだまだおぼこくて本気でアニメに夢中になってるような子からヤッてる子まで・・・幅広いなあ小学生・・

なんというか、
子育てのアドバイスを求めたところ
ネットで仕入れた六ツ子ちゃん育児心得を指南されたような気分
です。
あひょー。

で、ですね。
そらまぁものすごい探せばやってる小学生もおるとは思いますよ。
でもそういうのはマスコミですらネタにしたがるような
非常に極端な事例
ですよね。
そういう富士の高みの下にはですね。
凡庸の裾野が広がっておるわけですよね。

自分はそういう裾野の事例が知りたいわけですよ。

大体小学生同士でやっちゃうというのはほんとうにあるんでしょうかね。

学校のトイレで電球オナニーして割れて死んじゃった女子高生
みたいな
限りなく都市伝説だけど医学的に検索したらなんとか事例が見つかりました
的ポジションのお話なんじゃないでしょうかねぇ。

何しろ
小学生同士でやるってことは
双方が、少なくとも精神面において性的に成熟していて
且つ
かなりアグレッシブで
さらに
両想い
でなきゃならんわけで。

それらの条件のクリアが
結構難しいんじゃないかな、と思うんですよ。

だから
小学生の性行為ってのは
稀な事例としてはあるとしても
片方が十分に成熟した年上の異性(或いは同性)
なんじゃないかなぁ、と。

というわけで
もしよろしければ
できればyasuさまがお知り合いの方から仕入れた的な
リアル小学生のお付合い事例を
教えていただければ幸いです。

ネコタ斑猫 拝

キスや服の上から触り合うくらいは割とよくあるみたいですね

早い子だとヤッてます。

小学生どうしのお付き合い、高学年になると「すすんでる」子は性関係をもっちゃったりもするみたいです。まだまだおぼこくて本気でアニメに夢中になってるような子からヤッてる子まで・・・幅広いなあ小学生・・・
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック