スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードディスクレコーダーのおかげで放送大学の視聴が超楽になったでござるの巻

HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダーを購入したのを機に、今までずっとやりたかったけど手を出せなかった
放送大学
での勉強を始めました。

年度末なもんでもうまとめに入ってまして
おかげで
一科目一日二コマ
とか
集中講義状態になってるんですけども

感じはつかめたので
来年度にでも
一から改めて始めたいと思ってます。

とりあえず
基礎的な勉強をやり直したい!
という欲動を満たすには、放送大学と言うのは大変ありがたい媒体です。

自分はコテコテの文系なんですが
科学に岡惚れしてまして
縦書きで数式の余り出てこない科学の一般書を
図書館でちくちく借りて読んだりしてたわけです。

ですけれども
そういう一般向けに書き下ろされた新しい学説についての本を読んだりしておりますと
やはり
大学の専門課程の一番最初に学ぶ程度の基本知識
或いはそこまでいかなくとも
教養課程で専門の教授が教えてくれる程度の基本知識
なんかの
致命的なまでの不足
がしみじみと実感されてくるわけです。

一般書は教科書では当然ありませんから
学問の基礎については
あくまで遡及的帰納的に推察理解してゆくほかない。
それはあたりまえなんですけれども
数を重ねてくると
やはり段々と基盤部分の不足が不安になってくる。


あんま金遣えないんですけども
教科書として使われているだろう
あの懐かしい章ごとに参考文献がずらっと並んでいるような
そういう仕立ての本をですね、
ちみちみ集めて読んだりしていたのですけれども。

HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー買って
番組表見てたら
放送大学の欄が非常に充実していることを再発見して
もう調子に乗ってぱかぱか録画したわけですよ。

で、
全部見切れなくて泣く泣く消したりもしたわけなんですけども。

大体あれです、
一日に余剰が二時間くらいしかないのに
なんで三コマも四コマも録ってるんだと。
見切れるわけなかろうと。

でもハイになってるから当初はそういうことがわからんでですね。

で、
勉強始めたら
放送大学をハードディスクレコーダーで録画して視聴する
という方法の素晴らしさがわかりまして。

以下その利点を箇条書きにしますと

1 視聴時間を縛られない
当たり前ですね。録画してるんだから。
でもこれは
予約が異常に楽
なハードディスクレコーダーだと特に際立ちました。
何しろ
番組表からワンクリックで毎週予約まで可能
ですからね。

2 字が見やすい
板書、教授によってはアレだったりしますけれども、放送大学は全面活字なので大変見やすいです。

3 図表、データ、動画、資料などが豊富でわかりやすい
自分が大学の頃はせいぜいOHPで、動かない上に座る場所によっては見づらかったりしたんですけども
放送大学は動画やCGもさっくさくですからね。
正直大学の講義より百倍くらいわかりやすいと思いました。

とはいえ
最近のリアル授業はパソコンにつないであれやこれやで
そのあたりの理解のしやすさもはるかにグレードが上がってるんでしょうけども
やはり座る席によって視聴のしやすさが変わるなんて縛りはない点で
放送大学はなかなかよろしいわけです。

4 聞き逃したら戻して聞ける。
録画だから当たり前ですね。
でも講義は本来一期一会です。

5 早さを自在に変えられる
実はこれが一番素晴らしいと思った点なのです。

一コマが45分であれば絶対に45分立ち会わねばならない。
それが本来的な講義の形です。
んが、ハードディスクレコーダーで録画しておれば、
サーチモードを使って二倍の速さで視聴することができる
わけです。

これはほんとにすばらしい。
放送大学で学ぼうと考えた時、致命的なのはやはり所要時間でした。
諸事考えると一日にやはりまんま二コマは勉強しづらいわけです。
んが、サーチで早送りすると、がんばれば一日二コマ視聴できる。
なお放送大学の先生方は非常に聞き取り易い話し方なので、サーチでも十分に視聴は可能でした。

英語については書き取りをマメにしたいのでサーチにはしてませんけども
それ以外の講義についてはメモで済むのでばりばりサーチです。

6 録画一覧がほどよくプレッシャーになる
録画した番組は録画一覧から視聴するわけですけれども
これがさぼるとどんどんたまるんですな。
このたまってるのがプレッシャーになる一方で
視聴して削除する瞬間には達成感が生まれるわけです。

この
やった!
こなしたぞ!
という実感が、結構モチベーションになるんですな。

大学を卒業しても、学びたい、新しいことを知りたいという気持ちはなかなか消えず
といって今更自分のために使う教育費をそんなに用意できるはずもなく
正直持て余し気味であったのだけれども
放送大学というのは
特定の分野を学び直したいと思った時に
極めて基礎的な部分を非常にわかりやすく教えてくれる
素晴らしい媒体なのだとほとほと感服いたしました。
放送までには多くの方が関わっているでしょうから
授業内容は遊び心あれど無駄なく平易
大学において個性的な教授の個性的すぎる授業にぽっくりしていた向きなど驚かれるのではないでしょうか。
自分がこれまでに視聴したのは
文献学

自然科学系

英語
のみなんですが
文献学では美術館の学芸員の方が様々な収蔵品について説明してくれ
自然科学系では動画CG駆使して理解を深め
英語では様々な興味深いトピックについてのインタビューの後に全文を表示しながら逐語解説が入るのでテキスト無用
という
ほんとうによく考えられた、地に足の着いた構成
でして
こと語学についてはテキスト商売のニポン放送協会よりはるかに学びたい人にやさしい作りだなぁ、

しみじみ感じ入りました。

ついでにいうと、視聴途中に一時停止して
ちょっとわかんなかったこと
に関して検索かけるのも自在ですしね。
講義でそれやったら置いてきぼり食らいますけどね。

というわけで
放送大学があれば
割高な感のある教科書レベルの本を買わずに
特定分野の基本的な知識を学ぶことができるという
大変お得な情報をお届けいたしました。

放送大学は
学びたい気持ちとテレビさえあれば
申し込みも、授業料の納入も、テキスト購入すらせずに学び始めることができるという
ほんとうの意味で開かれた大学です。
放送大学と言うシステムを構築し維持してくださっている
関係者の皆さま
平易でわかりやすい授業をしてくださる
先生の皆さまに
心より御礼を申し上げつつ、筆を置かせていただきます。


nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくぅうみうぎさま、記事の紹介ありがとうございました。
誠天調書さま、記事の紹介ありがとうございました。
ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅさま、記事の紹介ありがとうございました。
RinRin王国様、記事の紹介ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年2月7日 ゆるゆるClips ペットボトル味噌とか親指シフトとか他16件

 お久しぶりー。 ■ “革命的”な「ペットボトル入り味噌」、マルコメが発売[oriconグルメ] ペットボトルに入った液状だし入り味噌『マルコメ液みそ』シリーズの発売を、味噌メーカーのマルコメが30日(金)...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。