スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連にはサンタ基金というのがあってだな。

企業の寄付や各家庭からの毎月の積立で集まったお金を国連のえらい人たちが運用してサンタさんの活動資金や世界中の子どもたちへのプレゼント購入代をまかなっているんだよ。

などという法螺話を昨年したところ
昨今の不況関連ニュースを見た小学校三年生の第二子、
「そういえば今年は不況だからサンタさんのプレゼント貧しい子どもたちが優先になるんだよね」
と言ったには驚いた。いやもうすげぇ驚いた。
よく覚えてるし理解してるわ子どもって。

で、せっかく子どもの方からサンタネタ振ってくれたので
「そう、今年は未曾有の不況で運用は失敗するわ企業からの寄付はなくなるわで大変だったんだよ。
更に不況のせいで仕事がなくなっちゃってプレゼントどころじゃないおうちもあるわけでな。
そういう子どもに優先してサンタ基金から拠出するから、プレゼントを買ってあげられるだけのお金の余裕がある場合はおうちの方で買ってあげてください、ってサンタさんからメール来てた。
そんなわけで今年はお母さんが代理で購入する。何がいい? 」

したら下の子
「じゃあ僕かいけつゾロリの本がいいなー」
なんていうんですよ。なんでもガッコで流行ってるらしくてですね。

で、もうお母さんなんてバカだから子どもが本欲しいなんて言った時点で理性が飛ぶわけでですね。
プレゼントとは別件でアキバのブックオフであるだけ買って来たんですよ。
つっても三冊なんですけどね。
で鞄重いから先ずは一冊持って帰ってきてですね。したら
「付録は? 」
あちゃー、付録があるのね。お母さんそいつぁ気が付かなかったぜ!
で、いっしょけんめ値札はがしながら
「付録がついてないから安いんだね、この本」
と冷静に突っ込まれて、
「ごめん、付録あったほうがよかった? 」
って聞いたら
「ううん、付録はいつか捨てちゃうもん、お話が読めればいいよ(*・ω・*)」
っていうんですよ。
なんかもう貧乏性なお母さんでごめんねですよ。
で、次の日帰ったらですね。
子どもが玄関から一番近いお部屋から顔出して覗いててですね。
「…ゾロリの本持って帰ってくれた? 」
とかもうワクテカな感じで待ってるわけですよ。
もうかわいくてかわいくて。

で、クリスマスプレゼントぐらい新品あげようと思って地元の本屋さんでゾロリの最新刊初版限定エコバッグ付きの買ってきました。
「クリスマスにならないと開けちゃだめだよ」
つっていい含めてツリーの下に置いといたわけです。

したらもう第二子楽しみで楽しみでしょーがんないみたいでですね。
毎日ワクテカしながら
「まだゾロリの本開けちゃダメ? 」
「あーたのしみだなー」
「開けていいまであと何日だー」
とかカレンダー見てるわけですよ。

もうかわいくてかわいくて。

で、
「今年はサンタさんプレゼント届けに来てくれないのかなー? 」
というので
「だってお母さんが買ったもんまたサンタさんに送って改めてクリスマスに届けてもらうって送料が二重にかかる上にめんどくさいだろ? 」
「そうなの? そういうシステムなの? Σ(゚Д゚;)」 
驚愕する第二子。
「でもサンタさんちゃんとお前がお利口さんにしてるか見にくるよ。
だから世界中の子どもたちのためにがんばってるサンタさんのためにお手紙書こうな」
「うん。」

暫くしていくつか質問が出ました。

「サンタさん貧しい子どもたちのところには食べ物あげるのかなー」
これには参りましたね。
「うーん、確かにごはんないとごはんが一番のプレゼントかも知れないけど、サンタさんは子どもにあげるプレゼントはもう少し夢のある方がいいと思ってるかも知れないからなぁ。
そのあたりはプロなんだしサンタさんがちゃんと考えると思うよ」

「サンタさん今年ちゃんとプレゼント買うお金あるのかなー」
「それは大丈夫だと思うよ。サンタさんはおもちゃ工場を持ってるからそこで木のおもちゃとかは作れるからね。でもDSとか複雑なおもちゃは任天堂とかのメーカーさんから買いつけなくちゃいけなくてコストがかかるから、今年はそういうおもちゃのプレゼントはなしで自社製品だけになると思うよ」
「サンタさんおもちゃ工場持ってるんだ! すごい! 」
「うん、すごいよ。だってサンタさんだもん」

で、上の子には子ども用万年筆ペリカーノジュニアを、あとあの! ノーベル賞受賞した科学者の方々もご愛読なさっておられたという
子供の科学年間購読
を兄弟まとめてプレゼントすることにしました。毎年のクリスマスプレゼントのベースはこれで決まりだね。あとは小口のオプションでいいやね。

まぁ今年の不況のおかげで一々サンタさんにメール送る手間省けたし代理購入の包装やサンタさん署名の書体に気を使う必要もなくなったし(そんなことまでしてたんかい)色々楽にはなった。
よかったよかった。

あとあいつらがお母さんサンタさん以外に貰うもの。

元旦那の実家の祖父母から
第一子 街へいこうよどうぶつの森Wiiスピーク付き

第二子 太鼓の達人Wii

実家の祖父母から
第一子 自転車
第二子 太鼓の達人のもう一個の太鼓

元旦那から
第一子 キックボード
第二子 スケートボード

どう考えても貰いすぎです本当にありがとうございました。


北沢かえるの働けば自由になる日記さま、記事の紹介ありがとうございました。
RinRin王国様、記事の紹介ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。