スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちんこはでかければよいというものではないわけで。

先日
ほんとうは乳が平等なんて思ってないよ。
なんてぇ記事を書いたらですね、まぁ色々な反響があったわけなんですが、その中に貧乳ラバーで有名なやまなしレイさまからのコメントがございましてですね。


「それはさておき僕の粗チン(最高時が6.5cm)はどうしたらイイんでしょう?」

とまぁ
記事の主題ほったらかしで粗チン相談されちゃったわけなんですけどね。

もうそのほったらかしぶりに却って切実なものを感じ取ったわけですよ。

なんてんですか、彼はつまり
勃起時にご自分のブツを測定したことがあり
その数値が常に念頭にあり
更に貧乳ネタがらみで記事のやり取りくらいしかしたことのない見知らぬ
一応女性が主催してるですね、
ブログにですね
「どうしたらイイんでしょう」
なんて書きこまざるを得ないくらいせっぱつまっていたわけですよ。

私が粗チン好きのモーホーだったらどうするつもりなんでしょうかねー。

「どうにかしてあげるからちょっと会いましょうか」
なんて言われて次の日にはお尻がムーンサルトなんてことになったらどうしようなんて思わないんでしょうかねー。

危機管理が甘すぎますよ!

いやでもなんかね、ぐっときました。

うちの坊やたちだってこういうことで悩むかわからんわけですよ。

いいたかないですが兄弟比べると
弟の方が立派
ですからね。
剥けますしね。
お兄ちゃん
小さくて剥けませんからね。

大きくなった我が息子たちがですね。
自分のマイサンの大きさに悩んでですね。

ネット上で見知らぬ女性のブログに
「どうしたらいいでしょう」
なんて書きこんだりしたらと思うとですね。

…どうしましょうか。

なんかもうどうしようもない気がしますよね。

というわけで、
我が息子もいつ誰に助けてもらえるかわかりません。

私もやまなしレイさまの悩みに全身全霊でお答えしたいと思います。



で、先ずですね。

自分はそれほど経験が豊富な方ではない上に現役から離れて久しいのですが、
記憶を洗ってみるとですね、やはり
チン長6.5センチというのは未体験ゾーン
だということが判明しました。

ま、何と申しますかぶっちゃけますと
体験人数は片手の指よりちょい出るくらいと仮定しまして
10センチより下はなかったと。
(親指と人差指とで見当をつけながら)

で、コメント見て
定規を出してきてですね。

6.5センチの目安を測りまして。

もう一日中考えておったわけですよ。

チン長6.5センチというものについて。

ここを御愛読してくださってる方はご存じでしょうが自分はそういう人間ですからね。
やるとなったらテッテ的ですからね。

チン長6.5センチの有用性を測るに当たっては太さが非常に重要になるなぁ
なんて考えながら仕事したり飯食ったりしてましたからね。

あ、やまなし様、別に答えなくて結構ですからね。

で、結論として
6.5センチは無問題
ということに相成りました。

以下、考察の過程を記してゆきたいと思います。

世の女性が
「男なんて結局巨乳の方が好きなんだぁぁぁぁぁ!!!!!! 」
と妄信しているように(私か? 私のことかァァァァ!!!???)
世の男性も
「女なんて結局巨根の方が好きなんだぁぁぁぁぁ!!!!!! 」
と誤認している節がございます。

が、それ間違い。
大体男性の巨根は女性の巨乳と等価値ではありません。

何しろ男性の巨根は
痛くて迷惑
ですからね。

いやそんなでかいのと手合わせしたこともないんですが。

なんてんですか。

あれです、あのよくエロマンガでみる
子宮口ぐりぐりやるやつ







あれ考えた奴出て来い!

痛いんだよ!

そんなとこに性感帯ねぇよ!

「気持ちいい? 」とか抜かすな!

痛いっていえなくなるだろうが!




とまぁ、
ちょっとぐりぐりされただけでも痛いわけなので
大きいともっと痛いだろうなぁ、と思うわけです。

というかまぁ
自分の筆比べの数が足りないだけで
やっぱり大きければそれだけ気持ちいいのかも知らんとも思うのですが
余り数をこなすとでかくなくてよいほうのものがでかくなって
結果大きくないと感じないとか
そういうことになるかも知れませんので。

結局
自分の体験でしかそういうのは推し量ることができず
微妙に申し訳なくもあるのですが
自分のように二度のお産を経ても
大きいのはヤダしあんまり深くされると痛いとか
そういう風に思うわけで
これがもっと初々しい体の子なら
経産婦なんかよりもっと繊細でしょうから
そんな大きくないほうがいいんじゃないか、と思うわけです。

例えば目の前に福山雅治さんがいてですね。

巨根の福山雅治
普通の福山雅治
生まれたてのハツカネズミのような奥ゆかしいチンコの福山雅治
とどれを選ぶかと言われたらですね。

まぁあたりまえに普通の福山雅治を選ぶわけですけれどもね。

じゃあ
巨根の福山雅治
生まれたてのハツカネズミのような奥ゆかしいチンコの福山雅治
しかいなかったらどうするかと問われたらですね。

生まれたてのハツカネズミのような奥ゆかしいチンコの福山雅治
を選びますよ。

だってほら、
色々もてなしてあげやすいじゃないですか。
そう、
もてなしの局面考えたら
奥ゆかしい方が全然いいですよ。

いや
ぶっちゃけた話
生まれたてのハツカネズミのような奥ゆかしいチンコの福山雅治
って言いたかっただけなんですけどね。

で、凄い平たい話
勃起時のチン長が6.5センチなら
入るから別に問題ないんじゃないか
ってことなんです。

恋にしても結婚にしても
年柄年中やってるわけじゃない
ですし
よほどのやり手じゃなければ
「こんなんじゃ感じない」
ってこともないと思われます。

とにかく
でかいよりはもう全然いいわけですよ。

エロマンガとかで
矢鱈な巨根見るともう
痛くて痛くてですね。
触手が入っておなかが変形してたりするのなんざ
「お前らには管しかないもんなぁ! 
行き止まりの器官なんて持ち合わせてないから痛みがわかんねぇんだよなぁ! 」
とか思うわけですよ、マジで。
(その前に見るのをやめなさいってば)

閑話休題。

マジメな話、
男としてどうなんだ
とか
彼女に大きいのを体験させてあげられないというのはダメなんじゃないか
と思っておられるのかもしれませんが
ピンクローター入れてイくんであれば(私は知りませんよ)
大きさ=快楽ではないということは明らかなわけです。
まぁ女性の膣壁なんて
赤子通さなあかんのですから
基本的にデフォルトで気持ちいいようにはできてないわけで
感度のいいところをいらってあげながら刺激することで
ようやく気持ちよさを覚えるものなわけで
しょっちゅうしてると広がるでしょうし
しなきゃ小さくなるでしょうから
ちゃんと入って擦ってあげられるくらいのものであれば
そうしてお互いのことを大切にする気持ちがあれば
たとえパートナーが処女でなくとも
相手に合わせてちゃんと気持ち良くなると思うのです。

極端な話
チンコが大きくないと生殖が不可能なんであれば
世にはチンコの大きい男性しかいないはずですが
そんなことはありませんしね。

どの生き物でも
私の知る限り生殖器だけを基準に繁殖相手を選択したりしませんし
そうであればチンコの大きさを悩み過ぎるのはバカげたことです。

そんなことより
もっと色んな能力を磨いてみてください
という
詰まらない恋愛相談のような結論に至ってしまうわけですが。

因みに自分は
実のところ乳の大きさで悩んだことはまるでなかったのですが(貧乳だけどそれなりにもてたもんで)
元旦那の浮気再婚相手が巨乳さまだったのと、元旦那が巨乳誉めてたのが相まって
現在身動きできないくらいのトラウマになっております。
まぁ今下手に色恋すると小さい人たちが可哀そうですし
丁度いいんじゃないかと(自虐的に)。

そういうのとやまなしさまが足止めを食らっている理由は根本的に違うわけですからね。

えー、まとめますと
6.5センチは概ね無問題(ただし遣り手除く)
奥に届いたら痛い人もいる
セックスを基準にパートナーを選ぶのは遣り手だけ

やまなしレイさんを待っている女性はきっといますよ。

そうして惨事にくじけても虹にはいつもあなたの仲間が待っていますよ!

がんばってー。



hikoukigumo.jpg


るいんずめもりぃさま、記事の紹介ありがとうございました。
あれですよね、世の中に貧乳についてのニーズはあれど
粗チン描写余り見当たらずひたすらに巨根礼賛なのは
結構問題だと思いますよ。
女性向けエロマンガよりも
男性向けの方が
やたら「大きい」とか「太い」とかいわせたがるし
絵的にもウタマロレベル行ってたりしますからね。
フツーでええやんと思いますがなこっちは。
「ゴツゴツ奥まで届いてるぅ」なんてね。
ふざけんなテメーですからね。
そんな棍棒みたいなん入れたら痛いだけですがなぷんぷん。
テメーも入れてみやがりやがれってんだぷんぷん。
というわけでエロマンガ家さんの方々においては
自分らそして青少年の首を締めないように
少し自重していただきたいと、
そんな風に思う次第であります。

あ、でも抜けると気まずいんで動いても抜けないくらいの大きさがあるとよかろうなのだァー!

あみみさま、記事の紹介ありがとうございました。
初々しい薔薇乙女さまにこんな穢れた記事へのリンクを張っていただけるとは思いませんで…へぇ(鬼平に出てくる貧しい一膳飯屋の親父風に)。
年よりの思い出話みたいなもんですので話半分に聞いてくだせぇ。

それより
「最後の写真自重www」
いや、自分が撮った高野山の写真が明るくて気に入ってたから載せただけなんすけど…。
一体何を連想されたんでしょうか…。
処女の妄想力に完敗です。

すくぅうみうぎさま、記事の紹介ありがとうございました。
先ず、カテゴリを「ひんぬーきょぬー」にしてくだすったことに御礼申し上げます。
あと、やまなしさまはアレですからね、一言コメントしただけですからね。
で、自分もアレですよ、ハンドルネームがっつり出して記事にしなくてもよかったんじゃないかと今更申し訳なく思ってるんですけどね。
なんかもう引っ込みがつかないというかですね。
やまなしさまの方にはトラバ打たなくてですね、あちらのブログは親御さんも見てるそうなのでちょっとそのへんでアレかと思ったんですけどね。
考えてみたらコメント欄でちょこっと書いただけのことを記事にまでされて、いやほんとやまなしさまには申し訳ないなぁ、と。
トラバ打つ打たないの問題じゃないんやないかなぁ、と。
まぁ世の粗チンの方の励みになれば
それが私の一番の幸いなので
やまなしさまには尊い犠牲になっていただくことにしました。

いやほんとすいません、いろいろ。

まさか勝てるとでも?(私が)さま、記事の紹介ありがとうございました。
欄外でいいので、よいこは真似しないでね! って書いといていただければ幸いです。ほんとに痛いんでござります。

tuckinさま、記事の紹介ありがとうございました。
女性の方からもぐりぐりイタイの声が届きました!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

流浪人さま、コメントありがとうございました。

「いつも勉強になる記事が多く,頭の下がる思いで拝見させていただいております」
いつも読んでくださっているのなら何もこんな記事に初コメントくださらなくとも('A`)
いえいえなんでもありません。

これはあくまでも個人の感想ですし(DHCか)、引き合いに出されたやまなしさまはお気の毒ではあるのですが、やはり同じように悩んでおられる方はいらっしゃるでしょうからあえてワールドワイドウェブに発信してみた次第でございます。
お役に立てて幸いです。
やまなしさま二は重ねて申し訳ありません。
今後とも頑張ります。

では
ネコタ斑猫 拝

はじめまして.いつも勉強になる記事が多く,頭の下がる思いで拝見させていただいております.

私も同じことで悩んでおった男ですが,間接的ではありますが同志を見つけて少しホッとしております.

ちなみに,勃起時のチン長が5.0センチをわりますと「マイクロペニス」として医学的治療の対象になるそうな.

尻切れトンボなコメントではありますが,これからもモニタの向こうから応援しています.更新楽しみにしておりますので,お体に気をつけて頑張ってください.

出かけるチンコ

なんかほのぼのしますね。昔谷岡ヤスジさんの漫画でちんこがこすられるのに飽きて一人旅に出るという筋のがあったんですが、それを彷彿とさせます。ヤスジ先生の旅に出たチンコは公園で初めて女陰を目撃するというなんともいいがたい展開になるわけですが、その点でチンコも出かければいいというのはある種適切な見解かも知れないのです。
閑話休題。
実際のところ、女子が「ほんとうに」気持ち良くなっているのかを見分けるのは難しいと思われます。
女子は好きな男子のためにやはり気持ちよさをいくばくか演技する。まぁ二割三割は上乗せしていると思っていいんではないでしょうか。私はそれも女子の優しさだと思うのです。そうであればその二割三割増しの先を見抜くのも男子の優しさです。とりあえず自分の手口を余り過信しない方が女子には好印象です。あと男子も童貞を大切にするのもありだと思います。最初は本当に好きな人と体験したい、というのは、とても素敵なことじゃありませんか。

「お前は人の話を聞いていない様で聞いている。聞いている様で聞いていない」
これは程度の差はあれ人類皆同じようなものだと思いますので安心してください。そうでないのは多分聖徳太子ぐらいのものじゃないでしょうか。

では
ネコタ斑猫 拝

タイトルを、

ちんこは出かければよいというものではないわけで。

と読んで「?」と思ったのが見た理由です。
童貞ですがそんな理由で見てしまって正直ごめんなさい。

「どんな事であれ常に相手の立場と心情を考えて振る舞う」
「優しく優しくとにかく優しく」
という事でしょうか。
「お前は人の話を聞いていない様で聞いている。聞いている様で聞いていない」(←姉談)
な自分ですが気を付けます。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。