小さい人たちとマインドマップで遊んでみた

いや実のところ遊んでみたなんて悠長な話じゃなくて
第一子がちょっと荒れちゃって心閉ざしちゃってどないもならなくなってマインドマップ導入したんですが。
というより自分の理解ではマインドマップって精神分析の自由連想法KJ法のハイブリッド簡略版なんですがどうも本家は色々難しいようで

まぁそれはそれとして猛る子どもに白い紙持ってこさせて真中に
「好き」
とか
「キライ」
とか
「いじめ」
とか書いて周りに思いついたことどんどん線引いて書いてゆきなさい、ってやりまして。

よく言われるんですが
子どもにとって何が近しいものなのかがよくわかる
というのがとても面白い。

あと、
それがねらいでもあったのですが
書いてるうちに心が整理されるというか
言葉にならないもやもやしたものが整頓されるというか
そんな効果があるようで、だんだん落ち着いて集中して書いてゆくようになりました。

言語化するというのは自分の感情や情況を客観視するために非常に大切な営みであって、
そのために自分もこのブログをやってたりするんですが、
子どもというのはなかなかそのあたり慣れてなかったりして
毎日書かせてる小さな日記も概ね判で押したような内容になってたりして。

そういう子どもに言語化を促すには大変良い方法のようで。

あざとくなるまでは、これで子どもの世界を透き見させてもらおうと思います。

で、面白かったのが
第一子が書いたものにはすべて途中に
「第二子」
の名前が入っていたのですが
その全ての連想が
「みかん」
になっていたこと。

そんなにみかんかそんなにみかんか。


すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。
みりん屋さま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[雑記]大きい人がマインドマップで遊んでみた。

「今日は花金だから俺は帰るね!!いいや、帰るね!!!」 と、逃げ出すように仕事定時ダッシュしてきたので、 ネコタさんとこでやってたマインドマップおもしろそうなので、 やってみました。 あぁ。俺がまったくカオスだったってことはよくわかった!! でも、 ちょっと楽

コメントの投稿

非公開コメント

では存分に

にやついてくだせぇ。

ネコタ斑猫 拝

またまたご冗談をw
でも、あれでいいのならば、何枚でもかける。
そんな意気込み(?)でございますよ。

迷惑防止条例ですか・・・
それは参りましたね・・・
ネコタさんとこと、すくみうさんとこで紹介なり
コメントいただいたのみて、
すんごいニマついてしまうんですよね;;ヒィ

みりん屋さま、コメントありがとうございました。

だってよくできてるんですもの。
あと電車の中でにやにやするのは控えたほうがよろしいかと存じます。
私は電車の中で美人に出会ったときやエスカレーターで美しいおみ足に巡り合ったときもその場は我慢して後からにやにやすることにしております。
さうしないと迷惑防止条例に引っ掛かりかねませんからね。
にやにやにも注意が必要な世の中です。

では
ネコタ斑猫 拝

お久しぶりでございます。
さりげなく二人で見事とかかわいいねとかいわんといてくださいw
電車の中でニヤニヤが止まらなかったじゃないですかっ><。

すいません(´・ω・`)

マインドマップ自体は極めてシンプルで親しみやすい手法だと認識しているのですが
なんかあの
ポジティブっつーか、自己肯定にすぎる雰囲気が(;´Д`)て感じで。
赤の女王の理屈と同じように、今のままであることを許される人間なんてどこにもいないと思っているのです。
「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」
だから私は過剰な自己肯定感を恐れるのです。
思考停止につながりかねないので。

一方でマインドマップは非常に簡便で子どもにも楽しんで出来る素晴らしい手法だと認識しています。
今のところ、うちの小さい人たちは、悪いところから始まっても明るいところにたどり着いているので、心配ないと思います。
マインドマップで悪いとみなしうる言葉が出てきても、それについて咎めたりはしません。
それについて多分一番恐れを抱くのは小さい人たち自身だろうからです。
もし悪いとみなしえたとしても、その処遇は本人たちに任せようと思います。
咎めたことでマインドマップという手法を恐れたら元も子もないですからねぇ。
マインドマップは、すくみうさまもおっしゃる通り、自身の心を可視化するための素晴らしい手法だと思っています。

みりん屋さんのマインドマップ可愛いですよね
ネコタ斑猫 拝

> 誤認を招いた揚句お手数をおかけしてしまいました。
いえ、こちらこそ長文失礼いたしました。
マインドマップを楽しんでください。

みりん屋さんのがあまりにもお見事すぎて、驚きですw

言葉足らず申し訳ありません

自分が
色々と難しいようで
と申しましたのは、
マインドマップの公式サイトの第一印象が自己啓発セミナーのそれと酷似している
という点についてなのでございます。

誤認を招いた揚句お手数をおかけしてしまいました。
申し訳ありません。

ネコタ斑猫 拝

> どうも本家は色々難しいようで。
どういう効果があるかとかを他人に説明しようとすると、
いろいろ理屈もつけたり、文章にしたりしないといけなくて、
説明が難しいように見えることもあると思えますが、
トニーブザンさん含め、マインドマップを利用している人達は、
そんなに難しく考えず、本当に「子供のお絵描き」のような気楽さでやっていたりします。

まず、真ん中に「好きなもの、描きたいもの」の「絵」を描くことが大事。
真ん中は「イラスト」であることがかなり重要です。
そして、カラフルなペンで線を引いて周りに伸ばしていく。
その線も直線じゃなくて、自由な線、曲線とかぐにゃぐにゃとかそういうの。
とにかく楽しく描いていって、連想していく遊びのようなものです。

そうやって楽しく描いたり話したりしているうちに、
「頭の中」のことが絵になって現れているというw

あと「頭の中」を外に出して、悪い点・不安な点を見つけたいという目的だとしても、
なるべく「好き」のようなポジティブな言葉を描いていくようにしたほうがいいです。
悪い点を直そうとするよりも、好きな点を伸ばして、その副次的な効果で悪い点も
自然と直る、そういうほうが楽しい気がします。

そう言ってる私が難しい説明をしてしまいましたね、すみませんw
マインドマップは「とにかく楽しく」が重要です。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック