薬を使わずアタマジラミと闘う! ニットフリーコームとロビーコームを実際に使用してみました

アタマジラミは集団生活を始める保育園幼稚園から小学校中学年くらいの子どもたちが罹患する想定以上にポピュラーな感染症である。
そんなに簡単に感染するもんなのか? と思われる方もいるだろうが、
アタマジラミは成虫のオスの最大体長が4㎜、メスが3ミリという寄生虫らしいサイジングにも関わらず
40cm/分
という結構な速度で髪の毛の間を泳ぐように進みやがるらしいので、
(新宿区・「復活してきたアタマジラミ」(PDF)より)
子どもたちが内緒話をするために頭を寄せ合っただけでも感染する
もちろんスキンシップ大好きな家族も感染を免れないだろう。
更に質の悪いことに、このアタマジラミ、
抗体が出来て初めて痒くなるらしく
最初の1~2匹に寄生・吸血されても気付かず
産み付けられた卵が孵化し固体数の増え始める3~4週間後ころからようやく痒くなる

という
宿主の側からすれば発見が遅くなっても仕方のない巧妙な繁殖戦略
を有していやがりやがるのである。
(国立感染研究所:シラミ症(感染症の話)より)

さて、このアタマジラミ対策薬品において、キンチョーは全くの独占状態であった。
何しろシラミ対策薬品を作っているのがキンチョー一社、商品はスミスリンパウダースミスリンLシャンプータイプのみ。
もともとはパウダーしかなかったが、卵を殺すことができない、ということで、浸透性のあるシャンプーが開発されたらしい。
どちらも指定された用法に従うと
一本で一人分の治療が可能
な容量となっている。


が、これがちと高い上に問題がある。

先ずシャンプーだが、定価だと一本2898円。
用法は
一回10~20ミリリットルを使用、二日おきに3~4回
シャンプーをしたら洗い流さないで五分放置
となっている。

パウダーは
30g入り1995円

一回7g使用、二日置きに3~4回
とシャンプーとほぼ変わらぬ用法であるが
散布後一時間は放置
しなくてはならないため、
確かにパウダーは安いけど卵が残っていたら明日孵化した幼虫が誰かに感染して迷惑をかけるかも知れない
粉薬を撒かれた子どもが一時間もおとなしくしてくれるだろうか
などの不安で頭がいっぱいになったほとんどの保護者は
卵も確実に殺してくれる
シャンプー
の方を選んでしまうのである。
が、見た通りの値段な上、先も述べたように
接触が多ければ多い程感染の確率が上がる
繁殖戦略をとっているため
兄弟
のみでなく
一家全員漏れなく感染
の憂き目に遭うことも少なくない。
そうなると、毛量を鑑みて適量を使ったとしても
下手をすれば万札が飛んでゆく
わけである。

皮膚科で薬は処方してもらえないのか?
そうすれば保険が効いて多少安くなるのではないか?
そう思って病院の扉を叩いてみた保護者もおられた。
が、
病院ではお医者さんが感染の有無を判定し
薬局でスミスリンを買うよう勧められるだけ
という話であった。

結局保護者にできるのは
少しでも安い通販を探してみる
ことぐらいなのである。

更に海外では
殺虫剤抵抗性
が問題になりはじめている。
(国立感染研究所:海外におけるシラミ症およびシラミ媒介性疾患の現状より)
スミスリンに含まれている
フェノトリン
についての抵抗性は未だ確認されていないようだが、ライフサイクルの早い昆虫である以上、
いつ抵抗性を獲得するかはわからない
(なお国立感染研究所では抵抗性の全国調査のため、アタマジラミを募集している。)

ここに海外から切り込んできたのがニットフリーコームロビーコームである。

ニットフリーコームは、ステンレスでできた極めて目の細かい櫛である。
歯は根元にゆくほど太くなり、また螺旋に螺子が切ってあって、虫の体が引っ掛かり易くなっている。
こちらで濡れた髪を梳ると、卵も虫体も根こそぎとれる! という素晴らしいすぐれものである。
見掛けはステンレスでできた温泉クラゲである。

ロビーコームは、歯が虫体を検知するとアラーム音が止んで知らせるという通電式の櫛である。
虫体の検知と駆除とに威力を発揮するすぐれものである。
昔おうち散髪屋さんに活躍した歯が取り換えられるタイプの漉き櫛に似ている。

こちら、現在
楽天では一社のみ取り扱い。
ニットフリーコーム2553円
ロビーコーム4283円。
どちらも安くはないのだが、
何度も使える
という利点がある。
小学生中学年くらいまで何度か感染することを想定すると、最初からニットフリーコームとロビーコームを買った方が総じて安上がりなのである。

さて、選択肢が増えたのは大変結構なことなのであるが、
この櫛でほんとうにアタマジラミを駆逐しうるのか
シャンプーじゃなくて大丈夫なのか
ということが最も気になるところであるだろう。
実際自分もこれまではスミスリン一辺倒であり、都度完全に駆逐してきた。
が、
毎回結構な出費であること
先ほども書いた通り、いつ殺虫剤抵抗性を獲得するかわからないこと
から、別の治療方法を探していたのである。

結論からいうと
ニットフリーコームはアタマジラミの駆除に大変有効である

今回感染が発覚したのは
お母さんからであった。
うきうき気分でLUSHのソリッドコンディショナーを利用していたところ
石鹸に付着した虫体を発見。

正直言うと、こういうときのショックというものは筆舌に尽くしがたいものがある。

慌てて子どもの髪を改めたところ
根元から1.5センチほどのところに付着している虫卵を発見。
髪の毛は
2mm/日
の速度で伸びるため、およそ1ヶ月半前に感染したことが推測される。
取り急ぎ前回感染時に入手しておいたニットフリーコームでシャンプー時に子ども同士で梳るように指示、その後髪全体を風呂場で私がまんべんなく梳った。
櫛に付着した虫体や虫卵は用法通り洗面器に汲んだ水ですすいだ。
次の日はシャンプー後に髪の毛が濡れたままの状態でリビングで目視しつつ虫卵を駆除。
同作業四日目あたりで殲滅したかと思われたが
毎回まめに梳ってるわりには自分の痒みが収まらず泣きそうになってロビーコーム注文。
が、ニットフリーコームは実に優秀で、届いたころにはすでに駆除が完了していた、という次第である。
(手元にある「寄生虫学新書」を繰ってみると、
そう痒感は一週間持続する
とあった。
かゆみがあるからといって虫体が残っているとも限らないわけである)

結論として
ニットフリーコームによる虫体・虫卵の駆除は十分に可能である
またこの件についての検索の途に見つかった、国産の
ハイコ-ム
も同様に使えるものと推察される。
が、自分はニットフリーコームしか利用していないのでハイコームの使用感について言及することはできない。

使用時の注意点としては
虫卵はよく確認しすすぐこと
この時期お風呂で長く梳っていると風邪をひきかねず、また虫卵は櫛に付着するのでリビングなど温かく明るいところでよく目視確認しながら駆除した方がよい
櫛でとれないときは髪ごと切ること
などがあげられよう。

ロビーコームについて。
こちらはどちらかというと、
定期的に使って感染状況を先駆けて確認する
ことに使えると思われる。
もちろん虫体については必ず検出してくれるので、駆除し漏れがないか確認し安心できるという利点はある。
が、最も根絶すべき虫卵についてはニットフリーコームが有効であるため
高価なのでどちらか一つしか買えない
と迷った場合には迷わずニットフリーコームをお勧めする。

なお、ニットフリーコームとロビーコームのお得なセットもある。
輸入元は支払方法が代引しかないため、それ以外の支払い方法を選択したい場合は楽天での購入を考えてもいいだろう。
手数料や送料を合計すると、支払金額はほぼ同額だ。
引き渡しはどちらも関東で二日と待たなかった。

アタマジラミを深刻にしているのは、
子どものころはほとんどいなかったためお母さんたちがアタマジラミについてよく知らない
ということがあるだろう。
自分もそういうものは戦後のDDT散布で根絶されたものと思い込んでいた。
が、うちのバヤイ、上の子が幼稚園に入り、下の子が中学年の今に至るまでの期間、およそ
6回
は感染している。
都度ショックを受け、周りの保護者と先生に報告、シャンプーを購入し治療するということを繰り返してきた。
汚くしているからなるわけではないと言われてはいるが、
本能的な寄生虫への嫌忌
というものはぬぐい切れず、都度心と財布への大きなダメージを味わってきた。

今回二つを購入して、ロビーコームによる定期的な検査とニットフリーコームによる治療が可能になり、大分気が楽になった。
アタマジラミの恐ろしいところは
どこかから貰ってきてどこに伝染したかわからない
という点である。
担任の先生からの報告を受けて、保健の先生が全生徒への調査を行ってくれることになったが
タイムラグの問題もあるため、やはりいつ貰ってくるかわからない
のである。
少なくともうちからの二次感染を防ぐために、虫体の段階で検出できるロビーコームはありがたい。
なお、冒頭に書いた通り移動速度が極めて速いため
髪を掻きわけての虫体の発見は難しく、
目視での検出は虫卵の確認で初めて可能になるというのが経験則からの結論である

スミスリンシャンプーぐらい買い置きしておればよかろうと思われる方もいるだろうが、やはり結構な値段なもので、
また感染するかわからない
状況で備蓄しておくのは心理的(つか経済的)に難しいのだ。
実際アタマジラミは低学年までという風説があったため、下の子が三年に上がった時
これで解放される
と手放しで喜んだりもしたものだ。

でもニットフリーコームは買ったけどね!

なお、新宿区では、アタマジラミ駆除用の櫛を無料で貸し出している(PDF)という。
世界的な蔓延状況から見ても、根絶は想定以上に難しいのではないだろうか。


nni's blogさま、記事の紹介ありがとうございました。
駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「一般市民」様、コメントありがとうございました。

> ニットフリーコームも買ってみましたが、
> 針構造は商品説明と違っています。
大変申し訳ありませんが、私は製造販売元ではないので、その件についてはソルドジャパンにお問い合わせいただいたほうがよろしいかと存じます。

> 私のイメージでは、ステンレスなら赤錆びなどでないし、磁石に付く金属とは思っていませんでした。
よくわかります、ステンレスって「錆なし」っていう意味ですものね。
素朴な方なら「なんでステンレスなのに錆が出るのかな? 」って思いますよね。
マジレスすると、ステンレスはあくまでも「錆びにくい」金属であり、環境によっては貰いさびなどにより錆が発生することがあります。
また組成によっては磁石に付きます。
下記URLをご参照いただければ幸いです。
http://www.steel.co.jp/html/oshiet.top.htm
因みにうちでは風呂場に置きっぱなしですが錆は出ていません。
むしろそっちに驚愕しております。
実はアルミで出来てるんじゃないかと思ってたぐらいです。
大したもんですねぇ、ステンレス。

> 使用感は、髪の毛がザクザク切れましたね。(笑)
そのような重篤な被害が生じたのであれば、消費者センターにご相談なさったほうがよろしいかと存じます。
マジレスすると、痛がりませんでしたか?
ソルドジャパンさんの名誉のために申し上げますが、お風呂上がり髪が濡れた状態で丁寧にゆっくり梳いてあげると滑らかな櫛通り、気持ち乱暴にした場合多少引っ掛かって絡んだ髪がちぎれることはありましたがざくざく切れるなどということはありませんでした。
というわけで、感染者が禿げちゃうといけませんので、なるたけ用法を守ってご利用くださいますよう、僭越とは存じますが製造販売元に代わって申し上げます。
お使いになったのが梳き櫛などという落ちはありませんよね?(笑)

> なので、卵の有無チェックに100円ショップに売っているペット用のみ取り櫛でチェックして、
> 発見したら、爪でつまんで取りました。
件のメーカーさんに是非その旨お伝えください。
新しい市場の開拓につながる素晴らしい発見だと存じます。

> 駆除はスミスリンシャンプーのみでOKでしたよ。
仰る通り、スミスリンは非常に優秀な薬剤と存じます。
記事の通り、私もニットフリーコームに出会う前はスミスリンで駆除しておりました。
資金が潤沢であれば私もOKだと思います。心から。

というわけで頂戴しましたご意見をまとめますと
ニットフリーコームを買ったが品質に問題がありあっという間に錆びてしまった上に使うと髪が切れてしまったので100円ショップで買ったペット用のみ取り櫛とスミスリンシャンプーを使ったら駆除できた
ということですね。
こちらの見解もまとめますと
ニットフリーコームについてはお買い求めになった商品に問題があるようなので製造販売元にご相談ください
無事駆除できておめでとうございます
以上です。

> (みなさまの参考になれば幸です。)
常々思うのですが、「一般市民」様のように広範なる知識と深い探究心と確固たる消費者意識をお持ちの方がブログのコメントというような狭い場でご意見を開陳なさるのは大変勿体のないことです。
今後はご自分で発表の場を設けることを心よりお勧めいたします。
それこそが「一般市民」様の考える「みなさま」のためになることと存じます。

それではお健やかに
ネコタ斑猫 拝

頭シラミ退治(現実)

ニットフリーコームも買ってみましたが、
針構造は商品説明と違っています。
私のイメージでは、ステンレスなら赤錆びなどでないし、磁石に付く金属とは思っていませんでした。
使用感は、髪の毛がザクザク切れましたね。(笑)
なので、卵の有無チェックに100円ショップに売っているペット用のみ取り櫛でチェックして、
発見したら、爪でつまんで取りました。
駆除はスミスリンシャンプーのみでOKでしたよ。
(みなさまの参考になれば幸です。)

おいしそう。さま、コメントありがとうございました。

他の方ともやってるわけですからそれはわかれて正解でございましょう。他の感染症の危険もありますものね。
因みに私は第一子のお産から帰ったら元旦那がパイパンになってて驚愕、
あやしからんプレイをしたのか?
と疑いながらひつこくせがまれてお相手したところ
きっちり伝染された
という辛く悲しい過去がございます。
なんで苦労してお産して帰ってきてこんな病気うつされなあかんかったんでしょうかね。
あのときの私はほんとうに可哀そうでした。

離婚決まった序に
「あんときよそでやったろ」
といったらテレクラで引っかけた女とやったとようやく認めました。

ああ、別れてよかったんだなぁ。

では
ネコタ斑猫 拝

スミスリンシャンプーには

ケジラミのほうで2回ばかりお世話になりました。
感染源と思われるヤツに言ったら違うと言い張るので別れました。
そればかりが理由じゃないけど。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック