紺の三連星? いいえ、これはスク水小説です。

もうタイトルからして何がなんだかわからん仕様なのですが、
スク水小説三連作が仕上がりました
という告知でございます。

事の始めは、スク水紳士すくみうさま運営、主にスク水とニュースを扱っておられるすくぅうみうぎというサイトさんがですね、うちのブログの記事によくリンクを張って下さいまして、で、紹介していただいたらありがたいもんで記事の紹介ありがとうございました、とリンクをお返しするんですがそのときに私はものすごい素でサイト名を

すくぅうみずぎ

って間違えてしもてですね、もうそんときにやっちゃった感がすごくてですね。どのくらいのやっちゃった感かというとですね。




yattyatta.jpg

こんぐらいのやっちゃった感でしてね。


で、もうそんときのことものすごい引きずっててですね、いつかこうですね、ブリーチのアレみたいにですね、

bankai.jpg

する機会をですね、虎視耽々と狙ってたわけですよ。

したらすくみうさんがですね、
スク水作文コンテスト
なんてものを開くという報が入ってまいりましてですね。


ちゃんせ

とばかり、筆を執ったわけです。

んが、まぁ字数制限がかなり少なかったのもあり、
初手から守る気なんざなくてですね。

んで序に
スク水でどこまで書けるかな
を試したくなってですね。

スク水の夏が過ぎたにも関わらず
「なんかお題チョーダイ」
と無茶振りをしたわけです。

したら素晴らしいお題を頂戴しましてですね。

それに従い自分的には綺麗にまとまった三連作を上げてですね。

あーもーよーやっと肩の荷がおりたわーなんて安心してたらですね。

なんかすくみうさんも越後屋並の策略家でしてですね。

「ちょっと公開待っててね」

なんて言われておとなしく待ってたらですね。

なんかご自分のご存知の方の素晴らしい絵師さんにこっそり挿画を頼んでいやがりましたァァァァァァ!






このときの心境







esidisi.jpg




いい意味で。

いやもうアレですよ、こんなんされたらお詫びなのかお礼なのかわけわかめじゃないですか。

そしたらもうできることなんて
立派に公開すること
以外にないじゃないですか。


というわけで、すくみうさまのお心尽くしで駆り出された絵師さんによる素晴らしい挿画のおかげで精神と時の部屋で修業した悟空以上にパワーアップしてしまったスク水小説を下記にご紹介いたします。長い前振りあいすみません。


スク水少女と夏の終わり
こちらには先日の記事でも紹介させていただきました通り
banner.gif
ダイアリエ「いないいないばぁ」のたまきさまの手になる素晴らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の始まり
こちらには、イラストとかお絵かきの練習場のもーPさまの手になる愛らしい挿画が付いております。

スク水少女と夏の続き
こちらには、みりん屋の落書き保管庫のみりん屋の人による味わいのある挿画が付いております。

各絵師さんへの御礼は、小説の最後に掲載させていただきました。
ほんとうにありがとうございました。

でですね。

こうやって、自分の小説にですね、ぴったり合った挿画を頂戴して併せ読んでみるとですね。

ほんと絵の力ってすごいなって思うわけですよ。

そりゃもうそもそもの部分で
自分が書いた文章を絵にしていただけた
っていうだけで鼻血で吹っ飛びそうなくらいうれしいわけですけども
それより何より
訴求力
が違うわけです。

あぢきないテキストをスクロールして読んでってですね。

超絶キュートな少女たちが立ち現れるその瞬間の驚愕と感動と至福と言ったら!

もう一読者として蝶サイコーなわけですよ。
物書きの立場なんて吹っ飛びますよ。

というわけで、
こんな素晴らしいサプライズの橋渡しをしてくだすったすくみうさま、
貴重な時間を割いて素晴らしい挿画を描いてくだすった
たまきさま
もーPさま
みりん屋の人さま

ほんとうにありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック