子どもを産むに当たってはおなかもマ○コも痛みます(えつらんちゅうい)

ぶっちぎり月経痛で辛いところに

続・妄想的日常さんで



315 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/09/21(日) 09:32:43 ID:o/bOEGRz
「おなかを痛めて産んだ子」って聞くけどさ、実際はどうなの?
「マムコを傷めて産んだ子」じゃないの?男の俺にはよくわからんのだ。

316 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 09:39:47 ID:hXTP+QVs
>>315
苦しいのは別に出産時だけじゃないので。

317 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 10:13:05 ID:uqwwg/Wl
お前の母さんは今も苦しんでるぞ。



というレスを読んでその言葉足らずが気になったモンで、

子どもを産むに当たってはお腹もマ○コも痛みます

ということを説明してみます。

なお自分は通常分娩しか経験していないのでそれ以外の事例については検索して下さるとありがたいです。


先ず
お産ではお腹が最初に痛みます。

臍と恥骨の間の距離をおよそ等分して下さい。
その等分した真ん中に掌をあてたくらいのとこに子宮がある
というのが月経痛の際の感覚です。解剖図などを見るともう少し下ですが、
お産の際の陣痛
も大体そのあたりを中心に起こったので、そんな感じで良いでしょう。

で、お産に当たっては、もう外界でいっちょまえに生きられるようになったおよそ3000グラム3180立方センチメートルの胎児が入った子宮に子宮収縮ホルモン(オキシトン)が作用し中身を押し出さんと試みるわけです。
(胎児体積算出参照元:胎児体重推定式を作るための準備

このときの痛みを描出すると

全世界の重力がみっしり胎児の詰まった子宮という体内の小さな皮袋に集まってくる感じ

です。

まるで
イヤな方の元気玉
ですね。

いや、これないと生まれてこんわけですから、そら大切なのはわかってますけどね。

なおうちの第一子の際は首の周りにへその緒が巻きついててなかなか出てこなくて13時間かかって出血も牛乳瓶二本分だったもんで感覚を言葉で描出する余裕なぞありませんでした。初産なところにもって気力も体力も尽き果ててなんかボーっとしてました。ああこの感覚はこう言う風に描出できるななぞという余裕があったのは第二子のときです。楽なお産だったなぁ(第一子に比べて)。

まぁそういう質の痛みなんで便秘や下痢の際の病的に危機的な痛みとはちょっと違います。
やっぱり子宮という袋を作ってる筋肉がすっごい勢いと強度で収縮するわけですから
筋肉痛
とか
筋トレで過負荷をかけたときの痛みを増幅させた感じ
に近いでしょうか。
未経験の人にわかるように説明するというのはなかなかむずかしいですね。

で、そういう筋収縮の間隔が段々縮まって来て、君たちがコリコリするのが大好きな子宮孔が開いてですね、特にトラブルがなければあの立派で愛らしい赤んぼのお鉢が出てくるわけですけども、その前に恐ろしい儀式があります。

会陰切開。

これはなんであるかというと、
男の子がみんな大好きな北京オリンピック時の聖火守備形態のですね。
肛門よりの部分斜め下のあたりをですね。

お鉢が出る時に裂けないようにですね。

ハサミで。

バチンと。

いたたたたたたたたた。

するわけですよ。

もうね。

なんてんですか、子宮収縮の痛みってのはね、忘れるんですよ。
だって雌がいちいちお産の時の痛みに躊躇して一尾しか子ども産めなくなったら種の危機ですからね。
進化の過程で記憶の中のお産の痛みを宥めるシステムは折込済みなのだと思います。
つかこんなに種として難産になっちゃったのヒトくらいですからね。
他の種はおおむねつるつる産みますからね。

で、ヒトという種限定としても
切るのは進化の過程的に想定外。

こんなん多分ここ数十年の慣習ですよ。

で、これなんでやるかというと、
切らないと裂けちゃう
かららしいんですね。

いたたたたたたたたたた。
もっといたいわ。

お産が適切に進むと、合わせて会陰も程よく伸展して、お鉢が通っても切れないらしいんです。
でもそういうのはなかなか難しいらしい。
で、ぶっちゃけ
裂けちゃったのを縫合するのは切ったのを縫合するより遥かに難しいらしく
治癒も遅い上に
傷跡も綺麗にならないらしい。
そういう
予防医学的に妥当な都合
で会陰切開というのは成り立っているわけです。

じゃあ俗に言う
自然なお産
ではどうなってるの? という話なんですが、
切らないお産
推進派があるという話も聞いております。
それでうまくゆく事例もあるんでしょうが、
病院でのお産でも極度に短時間で生まれたために切開が間に合わず裂けて大変なことになった
という話もあるらしいので、
まぁどちらを選ぶかはご本人次第
とばかり記しておきます。

で、この切開、フツーにハサミで切るわけですから痛みの質も推察しやすいでしょうが、男子の方は
肛門にハサミ突っ込んで切られた
感じで想像してください。

いたたたたたたたたたたたた。

まぁそういう施術を受けるとですね、
トイレ怖い
便意怖い
ウンコ怖い
となってですね、
ぶっちゃけ自分なんか
お産は別にもっぺんくらいしてもいいが会陰切開がイヤ、本気でイヤ
という心情にまでなっちゃったわけですが。

いや、もうしませんけども。

というわけで男子諸君、
子どもを産むときはお腹もマ○コも痛みます
という理屈、わかっていただけたでしょうか。

因みにこの縫合跡、プロの目には明らからしく
以前婦人科検診受けたとき
「切りましたね」
と指摘されて

うっせーよ
よけーなお世話だよ

などと思ってしまったわけですが

まぁ、
ここを読んでる人はすべからくお母ちゃんから生まれてきたわけで
正常にせよイレギュラーにせよ、お産ってのはいろんなとこが痛むわけで
まぁそういうのを知っておくのも、自分の来し方行く末を考えるための材料になるから、いいんじゃないかなぁ、と。

あ、あともう一個。

赤んぼがおなかから出てきた後
後産
というのを子宮から出さなくてはなりません。

これ、いわゆる
胎盤

その他子宮の中に残ったもろもろ
なんですが、これが残ったまんまだとまた不具合が生じるらしくて。

で、これ
赤ん坊に乳含ませると
乳首吸われる感覚で
さっき出てきた
子宮収縮ホルモン
が分泌されて排出が促進されるらしいんですが。

やっぱり予防医学的な配慮から
必要に応じてお医者さんがお腹の上から全体重かけて両の掌底で押して出してくれます。

これも痛かったわ。

この後産排出とかは、昔やってた
天井から吊るした縄に掴まって出産
とかだと解決しそうな気がしますが、っていうか
お産の時にはもっと積極的に重力使った方がいいんじゃないのかな
とか思うんですが
まぁ病院でのお産に当たっては
「何かあったときの施術しやすさ」
を最優先に、ああいう
寝転がって強制大股開きという拘束マニア垂涎の体勢
になっているんでしょうから、仕方ないのです。



というわけで、これを読んでる君。



よくがんばって生まれてきたね。



おりこうさん。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
忘れたくても思い出せないさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくみうさま、記事の紹介ありがとうございました。
あにゅーるさま、気記事の紹介ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良く頑張って生まれてきた!!!

最後の2行…(´・ω・`)カーチャン…


カーちゃんだいじにしたってな。
カーちゃんきみらをだいじにしたってるからな。

最後の2行…(´・ω・`)カーチャン…

1113さま、コメントありがとうございました。

「肩が出てきたあとは、場に付いてる人が引きずり出すんですが、このときは力を入れてはいかんのです。
暑い日の犬の呼吸のような、なんというか忘れましたが、そういう呼吸法でやり過ごすよう言われます。私の産院では事前に指導してくれました。 」
うーん、そういやあそんなふうにやり過ごしたような…結構忘れてるもんっすねー。

「あと、痛かったのは切るときではなく、縫ってるときでした… 」
わかります! なんてんですか、切ったときって
ばちん
って鋏の音のショックがすげぇんですよ。んで縫ってる時は針と糸が抜けてく間隔がわかるのが痛くて、でも自分的に一番痛かったのがやっぱ
縫った後の行住坐臥
でした。あのあたりってのはなんてんですか行動の要なんですね。痔にだけはなるもんじゃないなぁ、とつくづく思った次第です。

では
ネコタ斑猫 拝

儀狄さま、コメントありがとうございました。

「お股を痛めて産んだ子たち」
嘘じゃないだけになんともコメントしづらいでしょうね。

サッカーチームができるくらい!
なんかもうそのくらい産んだら麻痺してそうですな。
産ませる方もすごいですな。

では
ネコタ斑猫 拝


やあ、出産時のことを思い出しました。
いきむことで頭がでてきますね。
肩が出てきたあとは、場に付いてる人が引きずり出すんですが、このときは力を入れてはいかんのです。
暑い日の犬の呼吸のような、なんというか忘れましたが、そういう呼吸法でやり過ごすよう言われます。私の産院では事前に指導してくれました。

あと、痛かったのは切るときではなく、縫ってるときでした…

この記事を読んでふと思い出した話。

かの与謝野晶子さんは、あるエッセイで「お腹を痛めて産んだ子たち」と書いたはずの所を写植屋に誤植され、
「お股を痛めて産んだ子たち」になっていて赤面したことがあったそうです(笑)

ちなみに与謝野晶子さんはサッカーチームが作れそうなくらい子供を生んでいるようで。男の私には分かりませんが、さぞ大変だったのでしょうなぁ。

小林さま、ご出産おめでとうございます!

「縫合もないのでその後ずっと裂けたまんまで産後3ヶ月位おしもが常にちくちくちくちく痛い状況でした。おしっこしたくなるだけで憂鬱です。トイレットペーパがちょっとあたっただけでも痛いので。 」
あーわかります、縫った直後のアレがずっと続く感じですね。勘弁してぇぇぇ!

「第二子のときは事前にしっかりイメージトレーニングをしてたので(妊娠後期には排便の度に練習とかしてました。まじで)落ち着いて出産にのぞみ、頭が半分くらい出てきた所でちゃんと力を抜き、無事裂けずに済みました。というか、トラウマ化していて赤子が外に出てきてる最中に力が入らなくなりました。」
これはすごい。逆に力を入れないといいんでしょうかね。
自分のバヤイ先も書いたように第一子はへその緒からまって出てこなかったので、出血して頭モーローとしてるところにお医者様が到着、ばつんと切られて
中に両手突っ込んでがっとひきだされまして。

逆にあんときには正直痛みがよくわからないくらいだったんですが。

二人目はわりと安産だったとこに先手で切られたので痛みが強く残りました。

「ちゃんと練習すれば多くの人は切開せずに済むんじゃないのと思います。」
初産では難しいかも知れません。それはやはり気になるのです。

「会陰切開とか浣腸とか毛を剃ったりしたとか聞くと、なんかちょっとやり過ぎなんじゃないのかなと思います。」
私も結構そう思います。最悪の事態に備えて手を尽くしておくというのが病院のやり方ですからね。結局当事者が何に重点を置くかによると思われるのです。自然なお産の利点とリスク、病院でのお産の利点とリスク、私の場合万一のことを考えて外科的な処置もできる総合病院の産科にお世話になりましたが、この世の哺乳類でお産を経ずにここに存在しているものなどないと考えればそう手厚くすることもないと思われるかも知れません。どちらも真実でありそれらに基づく選択肢が与えられている以上、私たちは幸いなのです。

では
ネコタ斑猫 拝

先日第二子を出産しました

こんにちは。かれこれ3ヶ月前に無事第二子を出産した小林です。

うちは第一子、第二子ともに助産院での自然分娩でした。第一子のときは激しく安産で分娩時間が4時間とかそんなもんだったのですがあまりに力一杯りきみすぎた為思い切り裂けました。しかも縫合もないのでその後ずっと裂けたまんまで産後3ヶ月位おしもが常にちくちくちくちく痛い状況でした。おしっこしたくなるだけで憂鬱です。トイレットペーパがちょっとあたっただけでも痛いので。

なので、第二子のときは事前にしっかりイメージトレーニングをしてたので(妊娠後期には排便の度に練習とかしてました。まじで)落ち着いて出産にのぞみ、頭が半分くらい出てきた所でちゃんと力を抜き、無事裂けずに済みました。というか、トラウマ化していて赤子が外に出てきてる最中に力が入らなくなりました。おかげさまで産後のトイレがかなり楽で、感動したのを覚えています。陣痛の痛みは忘れてしまいましたが、裂けたときの痛みは今でも忘れられません。やはりお産はイメージトレーニングが大事だなあ、とか、ちゃんと練習すれば多くの人は切開せずに済むんじゃないのと思います。

病院出産はしたことがないので判りませんが、会陰切開とか浣腸とか毛を剃ったりしたとか聞くと、なんかちょっとやり過ぎなんじゃないのかなと思います。必要なのだろうとはいえ。

と、長々すみません。読んでいたら色々思い出してしまって。失礼致しました。

anixiさま、こめんといたたたたたた

一体何を引っ張ったんですかァァァァl!
あれですか、切った後のへその緒ですか胎盤ですかァァァァ!
っていうか子宮が裏返るってダメな方のエロマンガですかァァァァ!
やめてェェェェ!

そういうのってどうやって戻すのかしら(汗顔焦燥しつつ)
ネコタ斑猫 拝

あいたたつながりで従姉妹の時の事を
後産の時看護士が未熟だったらしく引っ張って強制排出したらしいんです
で、子宮が裏返りかかって大変な事になったとか

1098さま、コメントありがとうございました。

ぐっと来るコメントありがとうございます。わーい。
語彙とその用法についてですが、自分の場合媒体やテーマ、想定する読者層によってかなり意図的に変えております。
たとえば今回の記事の場合、マジメに書くとただ痛いだけの記事になってしまうので、隙というか緩さを出したかった。それで
「君たちがコリコリするのが大好きな子宮孔」
とか
「男の子がみんな大好きな北京オリンピック時の聖火守備形態」
とか、そういう形容を敢えて入れてみたりしたわけです。
ここはたまに個人ニュースサイトさんに取り上げていただいたりしているブログなもんで、読み手の方もそこそこウェブの周辺に詳しかろう、と期待しての所為ですね。
2ちゃんねるまとめスレで定期的に上がる誤用の例
「しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!  」
をあえて使ったのも、読み手の知識にちょっと頼んだところがあるのです。
ブログというのはリアル非リアル含めあらゆるものが触れ合いパソコンで処理しうる形に一元化される壮大にして新鮮な水際のようなものだと思っているのです。原始の海で泡に生まれた生命のように、後に継承されうるかどうかはともかく、新しいものの生まれる場所であり、またそれゆえに表現も多彩で実験的であってよいんではないかと考えております。
ただ自分が小説の中で「すべからく」をこの用法で使うかと問われれば多分それはしません。たとえばはじめの一歩の鴨川会長インスパイアしているキャラクターを出した場合彼に使わせることはあるかもしれませんが、それもどうも無茶なような気がするのでやめておくでしょう。他の記事でもあまり使わないようにしています。今回ほど記事にふさわしくないからです。
確信犯と書くときには常に(間違った意味で)などと付記して使ったりします。これはすべからくよりもさらに人口に膾炙している用法であると認識しているためです。が、すべからくはそこまでではなく、間違った意味で、と言われても、多分鴨川会長の用例を想起できる人はあまりいないでしょう。それゆえに今回は微妙な誤用であることを知りながらあえてそれについては付記せずむしろ「ああ、鴨川かよ! 」みたいな読み手の中の連想を期待したわけです。
言葉というのはフィールドによって使い分けてナンボではあります。キャッチコピーや週刊誌中づり広告、芸人の与太話なんかのものすごい日本語を見聞きするにつけ「物心ついたときからこういう日本語が日常だった連中の語彙というのは一体どうなってしまうのだろう」などと危惧するわけですが、それはそこそこ日本語のベースが出来ている人間にとってはその誤用が計算ずくの遊びであることを推察できたとしてもそうでない幼い魂にとっては遊びもまじめも区別がつかないだろうというそういう懸念があるからで。
言葉ってのは寸刻ごとに消費されているもんですから、その正体を掴もうとするのは幽霊の標本を作ろうってぇくらい難しそうです。
辞書を編纂している人々の労苦を思うと、ほんとうに頭が下がるのです。

では
ネコタ斑猫 拝

なるほど、ありがとうございます!

>先例が積み重なって用例になる、逆に使われない用法はすたれてゆく

そうそう、そうなんですよね。確信犯の意図的みたいな使い方も辞書に記載されてて間違いといえなくなっていたり。誤用と言葉の移り変わりの境界線の見極めが難しいというか。
それを聞いた相手によっても、本来の?意味を知ってるのか、知らないのか、その使い方間違ってるよと突っ込んでくるのか、こいつ間違ってるよと思われるのか、ネコタさんのような考えを持っているのか。
そしてその用法がどの程度広まっているのか。
そんな事を考えると微妙な言葉は使わないようにしたほうが無難かなーとか思ったりしてたんです。
ネコタさんがすべからくの元の用法を知らないとは思えなかったんでどんな意図があるのか突っ込んでみたんですが… 作家さんの方が逆に?その辺柔軟なのかもしれませんね。

1096さま、コメントありがとうございました。

ハサミで切られる感覚、あのどさくさでもわかるもんなんですよ。金属の冷たい片刃を入れられてばつん!てね。とはいえ感じ方には個人差もあると思われます。で、一番きついのはそのあとに長く続く痛みです。痔の手術で切って縫われた後とか想像してみてください。局部はおっかないです。うんこ拭くたんびに感染しそうですしね。何度だいじょぶだっていわれても究極のデリケートゾーンですからね、びびりますよそりゃあ。

すべからくははじめの一歩の鴨川会長リスペクトなのでご勘弁ください。誤用誤用と剣突くしたところで言葉は流れるものですからねぇ。先例が積み重なって用例になる、逆に使われない用法はすたれてゆく、そういう流れにはいつの時代も逆らえないもんでござんしょう。
お産についてはもし女性であればやはり体験してみるとよろしうございましょう。これらは所詮他人の言葉です。よろしければその節の感覚を書きこんでいただければ幸いなのですが。そうしてもしも1096様が孕ませる方の性であるのなら、身近な経産婦さんたちに詳しく聞いてみることをお勧めします。そうすることで初めて個体差を超えた傾向について1096さんなりの得心に至るのではないでしょうか。

では
ネコタ斑猫 拝

他の痛みが強くて、ハサミでばちっと切られたのはあまり痛くないよくわからないって聞いたんですが違う場合もあるんですね。 それともあとからいたたたた?

すべからくはうる覚え、言いまつがいみたいにわざと使ってるんでしょうか
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック