東京グランスタ内の新宿アカシアロールキャベツ弁当が安くてんまくて吃驚したのであった。

東京グランスタといやぁ、できたばかりのころは
商品単価1000円以上平均価格約1400円弁当群
というバブル路線を打ち出してきて、
駅構内という絶好の立地で朝から開いてるわりにOLリーマン向けの価格じゃない
そーすると旅行客か? でも新幹線乗るんだったら駅弁に行かんか?
奥様連中か? でも何もここで弁当買わんやろ

コンセプトははっきりしておりながら価格帯が高すぎるせいでターゲットの客層が不明瞭になっていやしないか
という不安感があったんですが。

先日歩いたところ、弁当の単価が800円から1200円くらい平均という値ごろ感を取り戻していて、
これなら気軽に買えるなぁ、OLリーマンも一安心だ、
しかし価格帯を変更するには結構勇気が必要だっただろうなぁ、
などといらん感動まで覚えまして。

で、その途中
いつからあったのか知りませんが、
グランスタ一角にある新宿アカシアのロールキャベツ弁当が
650円
という、ぶっちぎりの安さを誇っているのを発見。

買ってみたんですが。

akasia.jpg

うまいですよ、これ。

左上にあるのは浅漬け的キャベツのコールスロー。
挽肉コロッケ、ソース、貝殻マカロニのトマトソース和え、二色パプリカ、レタス、という品揃え。
メインの和風なロールキャベツは温めているのをその場で汲んで入れてくれます。

で、このロールキャベツがものすごいしっかりした味付け。
類を求めるならスパムかコンビーフか、というほどに。
めちゃめちゃごはんに合いますよこれ。
で、ロールキャベツのキャベツの巻きがしっかりしてるんでなんか野菜方面も不足感ないですしね。
ソースっつかシチューは、
きちんと作ったハウスシチュー(しかも粉末)
みたいな、親しみやすい味わい。
コロッケもんまいです。
ご飯も少ないようでいてなかなかどうして量があります。
ロールキャベツと同じ深さですからね。
大きめのお茶碗一杯分くらいはあるんじゃないかと。

あと、汁物ということで、運搬が不安かと思われますが
見ての通りものすごく密閉度の高い構造になっているために
実をいうとうっかり斜めにしちゃったりもしたんですが
全くこぼれた形跡がなく、あんしん! です。

というわけで東京グランスタ初動期の価格帯が高すぎて敬遠していたあなた、
現在はいろいろお財布にやさしい路線になっておりますので
覗いてみてくださいませ。

ロールキャベツ弁当を筆頭に、
ちょっとしたぜいたく感と値ごろ感にうまく折り合いをつけ、
何よりきちんと作ったいいお味のお弁当が
そろってあなたをお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック