以前子どもの友達(小学五年生)に奉られた尊称が

まんが仙人
だったわけだが。

本日職場にて新しい称号を頂戴した。




クワガタ博士wwwwww

ちょwww自分どこの小学生だよwwwwww

まんが仙人とクワガタ博士っておまwwwwww

夏だけに草もようけ生えるわってかwwwwwww



ちなみにクワガタ博士という名を頂戴したのは、
職場の人が
「クワガタにも性格がある」
とか言い出して、
どう違うかという話で、
「普通寒くなるとクワガタは土にもぐるけど
そのクワガタはいっつも上の網んとこに止まってた」
っていう話を聞いて、おかしいなっつって思って、種類を聞いてみたらやっぱりミヤマだったわけで。
ミヤマはクワガタの中では珍しくカブトムシみたいに一年で寿命です、だから冬眠しませんよ、と言ったわけで。
で、それでまず感心されて、そのあとに
「クワガタになんかちっちゃなダニがついてね、それを水で洗っちゃったんだけどよかったのかなぁ」
と聞かれたもんで、
「それはコナダニですね、古くなった歯ブラシとかで優しくこすり落とすのが普通の駆除方法です。水で洗うのはちょっと…」
と答えた。

したらクワガタ博士wwwwww

いやこんな程度の知識ほんまもんのクワガタ博士前にしたら恥ずかしくてゆえませんがなwwwww
ていうかそういうこと知らんで飼うてるんか世のお母さん方はwwwwww

で、
「そういやコナダニってなんだ? 」
と思って検索してみたら
「小麦粉などに発生した場合、外見上はダニの姿は認められず、ダニが発生するにつれて、粉とダニが入れ替わるような具合になる。やがて粉の様子がおかしいことに気づき、よく見れば、粉がすべてうごめいているような有り様。その頃には、ダニは粉からあふれて周囲を歩き回っていることもよくあり、気が付けば、壁や机の表面に粉が吹いたようで、しかもそれがうごめいているという、背筋が寒くなる光景になることも珍しくない。」(Wikipedia)
なんて記述を発見しちゃって俺涙目wwwww
今年一番の怪談wwwww

でもミヤマ君、きっと
「交尾してーなー」
つって空見てたんだろーなー。
「俺このまんまやらねぇで死ぬのかなー。
もうすぐ俺死にそうだなー。
寒くなってきたもんなー。
死ぬ前にいっぺんくれーやれねーかなー。
いっぺんだけでいいんだけどなー」
とか思ってたんだろーなー。

せつねぇ('A‘)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モテ系に囲まれて

っつーのもなんか羨ましいんだかなんだかわかんねぇ話ですけども、…うぬぅ…なんかいい環境っぽいんだけど…まわりうまいもんに囲まれてダイエットっつーかなんつーか…とりあえずがんばれぇぇぇ!

では
ネコタ斑猫 拝

残念ながら

私の生活圏内に生息している男子はたいていリア充っつーかモテの範疇に余裕で入っている人ばかりで、ミヤマ君は見当たりません。むしろどちらかというと私がミヤマ系orz

yasuさま、コメントありがとうございました。

今だ!
その優しい気持ちのまま同じように思ってる孤独な人間のオスと番うんだ!
今ならいけるぜ!

とゆーわけで戦績報告お待ちしてます。(おい)

がんばれミヤマ君(仮名・人間)
ネコタ斑猫 拝

滂沱

>「俺このまんまやらねぇで死ぬのかなー。
>もうすぐ俺死にそうだなー。
>寒くなってきたもんなー。
>死ぬ前にいっぺんくれーやれねーかなー。
>いっぺんだけでいいんだけどなー」

せつねええええええええ。・゚・(ノД`)・゚・。
ミヤマー!私でよければいくらでもー!人間だけど!
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック