キュリー夫妻パネェ

・マリーはラジウム1グラムを8トンのピッチブレンドから作りだした。45ヶ月間の間鍋に入れたピッチブレンドを鉄の棒で掻き交ぜ煮立たせ冷ましそれを8万回繰り返した。体重が7キロ減ったらしい。
・放射線が人体に影響を及ぼすというドイツ人二人の報告書を読んで夫妻は早速人体実験。夫のピエールの腕にテープでラジウム塩を貼り付け10時間放置するとただれ、数日で傷口から膿が染み出した。その後52日して(ラジウム塩ははがしたんだろーなー)傷跡が残ったものの皮膚が元通りになったのを見て腫瘍などの病気の組織の治療に使えるのではないかと思いつく。これが現在の放射線治療の曙。

自分の体で実験したいより。

ものすごい面白い本です。チョーお勧め。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック