スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知人の結婚式に参加する際の衣装選びで気をつけたいこと

先日職場の後輩の女の子がお友達の結婚式に参加してきたらしいんだが
私以外みんな黒のドレスにピンクのショールだったんですよー
という話を聞いて正直驚愕した。
(ちなみに本人はピンクのドレスだったらしい)

で、うる覚えなんだけど、働きマン
わりと落ち着いた年齢になった友達の結婚式につい黒のスーツで行ってしまったけれども、花嫁を華やかに見せる意味でも、場を華やかにする意味でも、もっときれいな色のドレスを着てゆくべきだった
というエピソードがあったように記憶している。

黒というのは「どの色でも合わせやすい」「わりとシチュエーションを選ばない」ということで、一つドレスを持っておきたい、というときについ選んでしまう色だと思う。
んが、上記のようなビミョーな状況を避けるためにも、また場を華やかにするためにも、きれいな色目のドレスを着た方がいいんだなぁ、と思ったのだ。
そのドレスも、花嫁さん花婿さんへのご祝儀の内、ということで。
うぉ、きれいにまとまったぜ!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。