どうしてお前らはスク水がそんなに好きなんだ。

ウェブではぶっちぎりの大人気ながら、ガッコ以外で着用していた場合これほどドン引きされるであろうブツもなかろうなのだァー! なアンビバレントなアイテム、それがスク水。
いや実際二次では異界からやってきた女子あたりが人間の女子に借りてフツーに海に着てったりしてますが、三次でそれをやったら多分潮が引くように遠巻きにされます。それほどに危険で現実離れしたアイテムなのです。
また一方で女子は水着買うのが大好きです。高校生なんざ毎年買うらしいですからね(職場の先輩お母さん談)、「流行ってて」「見せたいように私を演出してくれる」水着を山ほど持っている女子がスク水をガッコ以外で着用するっていう状態は想像できないわけです。

んではなぜにそれほどに現実と乖離したアイテムスク水がウェブにおいてとてつもなく人気なのか?

一つは郷愁だと思うのです。性知りそめし頃に目の前に突きつけられる制服としての水着。親しい付き合いをしている近所の女子と海に行くという経験があったとしても、クラスで気になるあの子や到底口もきけない高嶺の花のあの子の水着姿が全部まとめて大量放出されちゃうわけです。それはもう
塩素の匂い
こんなとこに卵うみつけにきちゃうトンボ
と同列に、学校のプールに欠かせない風物です。あと大体水泳の授業って夏休み前に始まるから「まだ一度も海にいってない日焼けしてない白い肌を包む紺」というコントラストも印象的ですしね。ここにおいてスク水というのは、懐かしいからいいのか、初めての春情の発露とほぼ同時期に半裸の装丁として提示されたために特別なのか、なんだか知らんがとにかく男子の春情史において特別なポジションを占めることになるわけです。

さて。
実はスク水、並びにスク水とよく混同されたり並び称されたりしてお互いのマニアが「一緒にするな! 」と壮大かつ無駄な喧嘩をやらかしたりする競泳用水着。
この二つには、もうひとつの、そして男子連があまり言語化していない(意識化もしていない)大いなる特徴があると思うのです。

それは
「ごまかしがきかない」
難しく申しますと、
「体型補正機能を付加する余地がないからたやすく裸が類推できる」

スク水は水泳用の制服ですから、当たり前ですが体型補正機能もパッドもありません。このパッドがないというの、胸ポチの見地からするとどうかと思うのですが、とにかくスク水というのは伸縮性のある水に強いただの一枚の布を縫い合わせたものです。
そーすると華奢な骨格からぽっちゃり系、ちびっこからモデル的長身まで、あらゆる体型が何の加工もなく提示されます。
さて、翻って考えてみましょう。男子が水着着用時の姿に抱く期待とはなんでしょうか。
「その子の素の状態、つまりは裸を類推したい」
というものではないでしょうか。
で、水泳時の制服たるスク水を着用した風景というのは、水泳帽に隠された髪、化粧を落とさざるを得ない情況と相まって
もっとも正直に本人の素を提示している
状態なわけです。普段はアイぷちなあの子も、めばりがごっついこの子も、ブラにパッドがんがん入れてるあの子も、わりと細そうなあの子も、みんな取り繕いようのない、最も正直で最も未加工なからだを晒すことを強要されている。
そりゃあ凡百の水着が束になってもかなわないすさまじいシチュエーションですよ。バストアップブラ化して「もはや器」と日経の記者さんにいわしめたビキニなんかの真逆の機能ですからね。かわいい子はかわいいしそうでない子はどうがんばってもそうでないということを検閲可能にしちゃうわけですから、そらあ男子にはありがたいし、女子としてはできれば敬遠したい選択肢となるわけです。

で、「貧乳にはスク水だろ常考」という例のアレもですね、体型補正機能がついていないので貧乳を貧乳のままに鑑賞できる、という貧乳好きにはとてもうれしいシチュエーションを可能にしているからこその箴言なのではないか、と。
ほんとに最近の女子用の水着は足りないところは足して余分なところは絞ってと
「お前ら脱いだらどーすんだよ」
と突っ込みたくなるほど体型補正機能が充実しておられます。
現在のはやりもの水着界というのは、ちょっと古いんですが
見掛け上の一億総エビちゃん化
を目指してるんじゃないのか、と。
そーすると、もう貧乳は見掛け上絶滅してるわけですよ。余分を絞るのは至難ですが平らなところを補充するのは難しいことじゃない。そうすると浜辺やプールには
「脱いだらAだけど見掛け上はCだよ! 」
という女子しかおらんようになってしまうわけですよ。
で、そういう状況に対する抵抗が無自覚に表出したのが
「貧乳にはスク水だろ常考」
であると考えるわけです。
けして女子の水着はワンピースとビキニとスク水ぐらいしか知らないからだろうなんて突っ込みませんよ、ええ。

えーというわけでそろそろまとめますと
ウェブでのスク水人気は
郷愁をそそるから
春の目覚めの頃にいろいろ役に立ったから
加工不可能だから
そのぐらいしか知らないから
によるものと分析されました。

あ、あと、上記につらつら書いたような理由で、女子にとってのスク水は特段に懐かしくもないどちらかというとうれしくないアイテムだということを申し添えておきます。


駄文にゅうすさま、記事の紹介ありがとうございました。
究極最終兵器2ndWeaponさま、記事の紹介ありがとうございました。
痕跡症候群さま、記事の紹介ありがとうございました。
気にな・る・こ・と♪ さま、記事の紹介ありがとうございました。
なにもなしさま、記事の紹介ありがとうございました。
すくぅうみずぎさま、記事の紹介ありがとうございました。
やまなしレイさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツッコミさま、コメントありがとうございました。

> スクール水着にパットはあるぜ

惜しい、実に惜しい。
あなたがくだすったコメントの一つ下において、通りすがりのスク水マニア様からその件についてのツッコミは頂いております。
まさに
君の指摘した場所はすでに一年前に我々が通過しているッ!
ですな。
というわけで、せっかくなので是非とも別口のツッコミお待ちしております。

ネコタ斑猫 拝

スクール水着にパットはあるぜ

マニアってすばらしい

通りすがりのスク水まにあさま、コメントありがとうございました。
「スク水には体型補正まではいきませんが、胸パッドを入れられるタイプが存在します。 」
これは存じませんでした。いや勉強になりました。すばらしい。
「私にとってはむしろそういう心情こそが萌えポイントなのです(*゚∀゚)=3 」
お気持ちはよくわかりますが、ひつこく「着て」とかいうとマジギレされる恐れがあります。
女子によって許容範囲はそれぞれ決まっているので、加減を見ながら強要してください。

んでは
ネコタ斑猫 拝

通りすがりのスク水まにあ

通りすがりのスク水まにあです。
コンゴトモヨロシク

スク水には体型補正まではいきませんが、胸パッドを入れられるタイプが存在します。
もちろん旧スクで、です。

おそらく第二次性徴で胸が膨らんできた女子は乳首が擦れるだけで痛くなってしまうので、保護のためにそういう機能を付けたのだと思います。

そういう意味では形を整える目的でないので違うことになりますが、一応マメ知識として。

追記
>女子にとってのスク水は特段に懐かしくもないどちらかというとうれしくないアイテム
私にとってはむしろそういう心情こそが萌えポイントなのです(*゚∀゚)=3

ひんぬー好き再び君、これはジェネレーションギャップかもわからんね。

何十年も前の古い記憶を改めてみるに、自身が着用したことのあるスク水は妙にもっさりしたわりと厚めの生地でございましたな。なんというか、ブルマ的な。
そう、私はおそらく中学でブルマを着用した最後の世代、まーそんなわけで
ぺらぺら感
にまでは考えが至りませんでした。おゆるしくださいませ。
個人的には競泳用の持つ生地の薄さ、遠慮会釈のない透け感が割と好きでございます。

あと紺に白のパイピングがあるとなんか引き立つっぽい感じがしたりして
ネコタ斑猫 拝

つる子様、深読みもまたよしでございます。

モノの解釈なぞひとさまの迷惑にならなければ自分の心が楽なようにやっておればよいのでございます。ただ心配なのはその解釈から個人の嗜好が透けて見えちゃうバヤイでございますな。さてはつる子さまは服従好きではござりますまいか? などという言葉遊びも可能なのがモノの解釈の面白いところでございますな。
スク水はやはり春の目覚めの頃に男子脳の桃色フォルダに大量投入されたというのが最も大きいのではないかと推察されます。それが長じてから上書き更新の機会がなかった場合特に尾を引いてしまうのではないかな、と。いやいやいやいやなんでもございません今のは聞き流してくだされ。

では
ネコタ斑猫 拝

ちっ違うんだ…いや違わないけど、違うんだ

卓見おみそれいたしました。
…だが、まだ見落とされているスク水の魅力が、あといっこあります。それは、「質感」です!
なんというかその、「第二皮膚感覚」というべき独特の肌触り。布といえば布。しかし、あの光沢感、つや感は布を越えた何かのよう。…そう、ボンデージフェチの人が素肌に密着した皮革に、エナメルの光沢に至上の喜びを見出すように、スク水フェチはあの独特の質感にひきつけられるのです。
競泳用水着もほとんど同じでしょうって? いや、まあ、そうなんですけど、微妙に違うんだな。コストを抑えたが故のぺらぺら感、というか、機能性の弱そうな感じ。
そしてその魅力を最大限引き出すことのできる体型こそが、つるぺたさんなのです。起伏は、要りません。装飾も、絵柄も、要りません。「女性を最も引き立たせる色」といわれる紺、この1色だけあればいいのです。

スク水は、脱がせてしまってはいかんのです。あれは、肌なのです。肌そのものなのです。

…て、自分の変態さんっぷりに改めて呆れつつ、本日はこのへんにて。失礼いたしました。

深読みしすぎたようです

毎度懲りずにお邪魔します。女体を見る時の男子目線に定評のある(嘘)つる子ですこんにちは。
しかしスク水の魅力だけは正直理解できませんでした。

おっしゃるように、女子的には有難味もへったくれもないアイテムですし。
露出も(ビキニとかに比べて)全然低い、可愛くもない、一体あんなののどこがいいのかしら?と、昔、自分なりに考えたものです。

たとえば「制服」。代表的なものはセーラー服→セーラー服はもともとは海軍がルーツ→軍隊は上司の命令に絶対服従→つまりセーラー服ならびに「制服」てやつは「いかにも自分の言うことを聞きそうな」→エロイ(・∀・)!→スク水は言うなれば水上の「制服」じゃん→ムッハー!!!

という感じでやや強引に解釈して納得していました。が、こちらのエントリを読んで目からウロコでございます。私は深読みしすぎていたようです。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック