女子の水着にはデザインの自由なんてなかったんだよ…。

先日
重度の貧乳に適切な水着を考える
という記事を書いた。
その際念頭にあったのは、
「何故現在の水着デザインに多様性がないのか」
という切実な疑問であった。

が、日経トレンディネットの記事を見て驚愕すると共に得心した。

何故現在の水着デザインに多様性がないのか。

それは女子連が強力なバストアップブラ同様の
「寄せて上げて機能」
を水着にも求めているからだ。


そのために水着のほとんどはパッドを入れてもそれとわからない分厚いビキニスタイル、胸元の補正機能を隠すためのリボンあるいは飾り、というデザインに落ち着いてしまうのだ。

なるほど、普段からがっちがちのバストアップブラで胸元を固めている女子連がフツーの水着だとそれこそ「こころもとない」気持ちになるというのはよくわかる。
また、ギミックがブラに準じる以上、デザインの基準がビキニになるのもよくわかる。ワンピースだとそういう機能を持たせにくい(というよりぶっちゃけ持たせられない)のだろう。
それゆえに、あれほど毎年「今年の新作水着ショー」を謳っておきながら、変化があるのは柄や飾りや周辺の小物(例:パレオやタンクトップ)ばかり、ベースのデザインはビキニから微動だにせず、「デザインそのものの目新しさ」は望めないという現状になり果てているのである。

だがちょっと待ってほしい。
そのようなデザインの水着の隆盛とそこから当然のごとく導き出される多様性の磨滅は、すなわち
それぞれの女子のプロポーションを活かすデザイン
という視点を殺戮してはいないか。

誰もが理想的なプロポーションの世界など、銀河鉄道999の蛍の町とコブラだけで十分だ(寺沢先生は大好きだが電気使いのミスティーが貧乳という設定には殺意を覚えた)。そうであれば、ぽっちゃり系ならぽっちゃり系、ひんぬーならひんぬーで、それぞれの特性の活かしどころがあるはずだ。というよりそうであってほしい。
が、現在のがっちがちのバストアップブラに代表されるのは
「マスメディアに提示される理想的なプロポーションに多様な個性を持ったからだを押し込めるのが当然の世界」
である。
そこに個性を活かすという視点は、ない。

化粧もファッションも、そしてそれらのベースになるからだまでも、マスメディアに提示される定型に押し込めるのが当然という世界では、化粧、ファッション、そしてからだの自由なぞ望みえないのだ。

そしてこの世界には、実のところ驚くほどに男子目線が欠けていると思う。

男子は触ってもやーらかくない胸に魅力を覚えるだろうか。
動いても揺れない胸に魅力を覚えるだろうか。
そして、いざことに及んだ時、外から想像しえた適乳とも華奢な貧乳とも異なり、
背中や脇の余った肉を寄せて上げて拵えた虚乳
であったと知ったとき、どれほどの失望を覚えるだろうか。

その落胆は、たぶん女子が想像しているよりも遥かに大きい。

さらにいうなら、己の個性を殺して定型に押し込める営みにも無理がある。
個性を無視した化粧やファッションをすればするほど、逆に個々人の持つ多様性が際立ち、結局のところ「ほんとうに容姿に恵まれた人」に軍配が上がってしまうからだ。

とはいえ、女子連が個性を無視した定型に自分を押し込めようとするのも理解できなくはない。
ファッションとは個人が社会のどの階層どの集団に所属するかを示す最もわかりやすい記号だからだ。
そうやってどこかに所属していることを積極的にファッションという記号で表すことで、女子連は安堵するからだ。

だがあえて言おう。
バストアップブラは記号以前の問題だ、と。
そんなものより、多様な個性を活かしてほしいのだ、と。
定型化されたからだに、フェティシズムを発動する余地などないのだと。

だがメーカーは今後も売れる水着を作るだろう。
そうしてバストアップ機能は今後も充実してゆくだろう。
そして水着というものの持つほんとうの意味でのデザインの可能性は削られてゆくだろう。

女子の水着には、デザインの自由なんてなかったんだよ…。

参考記事
“水着のプロ”が全貌公開! 最新「パッド&寄せ上げ」事情【2008年水着トレンド報告:その4】
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つる子様、それも二次ではよく見かけるのですが

三次だとタンキニになっちゃうんですよね。あれでしょ? タイトなタンクトップを胸乳の下で切って幅広ゴム縫い付けたような感じでしょ? これもないんですよねー。貧乳の発想って似たようなもんなのかなー? そういうのでシンプルシックなのがあるとありがたいんですけどねー。つる子さんのお気持ちほんとによくわかりますわ。自分はもうほんといい年なので水着を着る機会もないでしょうが、ほんと、お若い方たちのためにも貧乳を活かす水着が増えるとよいと思っているのです。
んでは
ネコタ斑猫 拝

つる姫ナツカシスwww

すいません、あともうひとつだけ思い出したので…

私が自分に着られるような水着を探していた当時、とっきゅん水着以外のもうひとつの可能性として、

トップスの丈が短~いタンキニ

というのを考えていたのですが、どうでしょうか。もちろん見つかりませんでしたが、タンキニでありながら胴の細さを生かすことができるはずなので、あれば欲しいなと思っていました。

つる姫が出てきた私は負け組

ども、ネコタです。熱いコメントありがとうございました。
水着は長時間着用しないのとわりと伸縮性のある生地でできているせいでサイズがルーズなんでしょう。ブラでもスポーツ関連はルーズですしね。
とっきゅん水着は三次だとサイズ合わせが難しいなどという意見もありましたが、伸縮性のある生地であれば留め具さえ工夫すればなんとかなると思うのです。
「これまでも「二次元では割と当たり前なのに三次元では皆無だったファッション」が、どういうわけか三次元で流行りだしたことがありますよね。」
これはいいとこついた! 確かにニーソもゴスロリも先鞭をつけたのは二次です。なんとなればとっきゅん水着も希望が…!
で、大丈夫です、私なぞ他の記事ご覧になったらおわかりと思いますが私なぞもっといい年です。そうして日に弱く体力もないのでもう水着を着る機会もないでしょう。
つまり私の書くひんぬー関連記事とは
君ら次世代に託す希望のバトンだったんだよ…!!

とまぁなんとなくきれいにまとまった感じがしたところでしまいにします。
とゆーわけで、今後ももりもりひんぬー関連書いてゆきますので、ツッコミお待ちしております。わーい。

では
ネコタ斑猫 拝

PJ見ました。

いやーかわいいおにゃのこ満載でよろしうございますなぁ。しかし真の貧乳を満足させる水着は見当たりませんでした。残念至極。
まぁニポンの女子が歯間フロス水着を着ていて目にやさしいかというとそうでない場合もあるので一概にはいえませんが、もっと根本的な意味でのデザインの多様性があってもいいと思うのです。そのあたりからいうとなるほどピーチジョンはすぐれものでありました。っていうかあの手の雑誌見ると
「自分が着てみたいのを素敵だと思う」
のか
「好みのタイプの女の子を素敵だと思いそれに付随しているものをよいと思う」
のかあいまいな自分がおります。うーんマンダム。
自分も日経TRENDYの記事を読むまでは何がニポンの水着を画一的にしている立役者なのかわかっておりませんで、その伝からするとえらいのは件の取材をなさって記事を書かれた方だと思います。だって自分じゃ水着売り場立ち寄らないしー。というわけでほんとうにありがとうございました。あとさすが日経! と思ったのは、私のような個人ブログだと確実に突っ込んだりへたすりゃ落としたりしてるところを華麗にかわしつつ現状をきちんと浮き上がらせているところです。やっぱ日経は違うな~。
というわけで、今年の夏の研究頑張ってください! (←妙に楽しそう)
これからもテキトー更新ですがよろしくお願いします。

では
ネコタ斑猫 拝

こうなったら自作するしかないのでしょうか

本当に、水着のデザインに選択の幅がないのは、特殊体型には困りものですよね。
たとえキンタロアメのようなビキニ一色であったとしても。
例えばブラなんて体型によってカップサイズとアンダーが細かく分けられているのに、ビキニ水着だとMかLしかないという大雑把ぶりもおかしい、というか無理がある気がします。

先日のエントリの話になりますが「とっきゅん水着」は二次元では割とありますね、確かに。そこで「なんで三次元にはないんだぁ~」嘆きたい気持ちにもなりますが、今のところ二次元にだけ存在しているだけでも、希望はあるのではないでしょうか。

これまでも「二次元では割と当たり前なのに三次元では皆無だったファッション」が、どういうわけか三次元で流行りだしたことがありますよね。一番分かりやすいのだとニーソかな?ちょっと昔だとパシュミナとか。

なので、とっきゅん水着も、二次元の専売特許ではなく、三次元で流行ったりする日が、いつか、来る、かも!

あぁしかし、流行った頃には自分が年齢的にアウトになっ(ry

こんばんわPJの回し者です。
ありがとうございます、よくぞ言ってくださいました。長年引っかかりつつ、終ぞ直視できなかった私のモヤモヤをこんなに!!ばっさり斬って下さった事に感謝致します。
パリスたんだのジェニファーたんだの、向こうのセレブの皆さん(と、そうでない皆さんも)が乳首ぴんこだちにしながらTバックビキニでうろうろしてんのに、日本の水着産業全スルーですよ。
私もスルーしてましたよ。
なにかそういう意味の諺があったような気がしますが思い出せません。
ありがとうございます今年の夏の研究テーマが決まりました。
これからもネコタさんの日記拝見させていただきますね。
では、失礼致します。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック