覚悟のススメを子どもにススメづらい理由

マンガ喫茶で一気読みして二日後には取り寄せてしまった、そんなすばらしすぎる完成度のマンガ「覚悟のススメ」。作者の山口貴由さんをご存知でない方には島本和彦さんと徳弘正也さんと三浦健太郎さんと永井豪さんと一本木蛮さんを合わせて5で割ろうかと思ったら割らなくてもよかったような作風と申しておきましょう。これがもうすごい! カッコいい! 主人公の葉隠覚悟は非常にストイックな美少年。己の曽祖父が旧日本軍において開発した戦術兵器を引き継ぎ兄である散の抱く人間殲滅の野望と戦う。タイトルが覚悟のススメ、主人公の苗字が葉隠れであることからも推察されるように、非常に禁欲的で武士道的な、しかし一方で非常に優しく美しく温かい「覚悟」が第一の主題となっている。子どもたちに人間の生き様(作中の人物は全て非常に魅力的な生き様を貫き通している)、何事かを成し遂げる際の覚悟の強さ美しさ、そしてまた太平洋戦争中はむごいこともあったがそれにいや勝る人々の気高い覚悟と崇高さが確かに存在していた!戦争の狂気を打ち倒し越えるのは人間の強く気高い覚悟である ということを伝えるには絶好の著である。(ここちょっと誤認していたので訂正しました)
というわけでとっとと取り寄せたのだが。

んが、問題が。

「あのマンガ…読んだ時ですね… あの『覚悟の体/散のワキゲ/恵魅のボランティア/散とおとんの戦い/一線を越える! 』とか…初めて読んだ時…… なんていうか……その… 下品なんですが…フフ…… 勃起………しちゃいましてね…………」

なんてことになったらどーする!
初オナネタが「強化外骨格に取り憑いたまだいとけない赤子と軍部により引き離されちゃった母親の亡霊のせいで女体になっちゃったらしい超絶美形元アニキにウェディングドレスでせまられた挙句拘束されてあんなことやこんなことをされちゃうシチュエーション」
なんてなったらそのあたり詳しいつもりのお母さんでもどんな落としどころを用意していいのかわかんないヨ!

というわけで、以下そのスゲェ中身をご紹介。
(クソ重くなるので追記にしました)
先ずは葉隠覚悟。
hagakure1.jpg

文句なしかっこいいですな。はっきりいってタイプです。





で。












hamu.jpg

こんなのが表紙含め6ページ目でいきなり出てきます。股間のインモーと巨乳に相応しすぎる巨大ビーチクが生々しすぎます。

hamuko.jpg

ハム子攻め。逃れようのない体位に完敗です。

hamukazu.jpg

縛られてた人肉面になっちゃいました('A`)

oibore.jpg

次の敵。ちんこかくして玉かくさず。

tinko.jpg

シモにもほどがある。

live.jpg

第三のオナニズム。カラオケを風刺?

volunteer2.jpg

白衣の天使。この尻は捨てがたい。

volunteer3.jpg

こんなことさせてくれちゃっても

volunteer.jpg

その実こんなで

volunteer4.jpg

こんなんして誘ってくるし(いいなぁ)。

しかし恵魅をはるかに凌駕せし偉大すぎる人物、それが散さまだ!
harara.jpg


いやもうなんたって、父と戦えばこんなだし。
14years.jpg


人類の存亡を賭けた決戦! を前に散様ってば
hararabride.jpg

なんかこんなかっこで覚悟待ち構えてるし。

hararabride2.jpg

きもちちょうわかるし。

兄の美に戸惑う覚悟を差し置いて散様は
issenn.jpg

こんなこと言い切っちゃうし。

んで鎖で拘束された覚悟に
issen2.jpg

こんなことや

issenn3.jpg

こんなことやっちゃうし。

しかしながら実のところ散様もぽっくりの超絶に凄艶な漢がいる!
それは他でもない、主人公の覚悟だ!

kakugo.jpg

こんな風に少年らしいだけでなく、男らしさ全開のかっこよさをお披露目するかと思いきや

tyoukyou.jpg

こんな「高校生ちょっとまて」的完全にアウトなシーン(ただしこの覚悟は散チームの敵方が成り変わったもの、われらがヒロイン罪子ちゃんはこんなふしだらな子じゃないんだが敵方に操られてこんなことに! )

そしてそのヒロインの心を取り戻すためにこんなぐっと来るシーンを見せ付けてくれるわけだが。
kaijo.jpg


それより何よりこの覚悟、とにかく脱ぎっぷりがいい。
zennra.jpg

註:戦いの途中
tonikakuyosi.jpg

つっこみまくる敵方と冷静な散様の美しいコントラスト!

さらに

戦闘中に強化外骨格が解除されちゃった覚悟
kokann.jpg


靴底から噴出す爆芯のための構えをとる覚悟
kaikyaku.jpg



強化外骨格の入った鞄との再会を喜ぶ覚悟
care.jpg


強化外骨格の中の人たちに「罪ちゃんと我らのどっちが大切なのだ! 」的に迫られ
hentou.jpg


迷わず肉体で返答する覚悟
syuntyaku.jpg


とまぁ、あらゆる意味ですばらしすぎるシーンが満載なわけです。
なわけでもし読ませちゃったりしたら口癖が「覚悟完了! 」とか「問題ない! 」になるのは目に見えてるし、そんなことよりもしこれをおかずにしちゃったらあらゆる面において近所の小学生を寄せ付けない孤高のオナニストとなってしまうこと必定! 
しかし読ませてぇ! この心意気と生き様を共有してぇ!

えー、というわけで、覚悟のススメの世界観の頓狂な緻密さ、各キャラクターの途方もない魅力、王道ながら誰も思いつかなかったストーリィ、少しは伝わったでしょうか。
何度も書きます。覚悟のススメはすばらしいマンガです。読まないのは人生の損失です。 

皆さんも是非機会があればお読みください。

覚悟のススメ(1)


駄文にゅうすさま、おもトピさま、朝目新聞さま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

通りがかりさま、コメントありがとうございました。

むしろ心配だ!

貴由先生キャラクターの終局的な幸いに無頓着じゃないですか。

悟空道と覚悟は相当好きなんですけども
シグルイエンドは地に膝着いて涙をはらはらと落としましたからね。
それぞれがそれぞれの己に忠実故に描かれる無惨絵。
今回も設定見る限り過酷が待ってそうですしね。
自分が読んだ限りで幸せになった主人公って
悟空くらいですもんね。

でも大好きです。
藤木も覚悟もそして三重さまも好きだから切ないのです。

多分今回も単行本で追いかけるでしょう。
そのありように血沸かせ肉踊らせることでしょう。
そうしてお約束のように不幸或いは死地に身を投じてゆく愛らしい主人公を見て膝を着き嘆くでしょう。
それが屹度貴由先生に溺れたものの宿命なのです。

一言でいうと
貴由先生がんばれ!

ネコタ斑猫 拝

覚悟のススメの(続編?)連載

はじめまして。
月刊チャンピオンRED12月号で覚悟のススメの新章が連載開始です。
タイトルは「エクゾスカル零」です。
大期待ですね。


箱ミネコさま、コメントありがとうございました!

「私は「覚悟のススメ」に脳髄直撃されて漫画家になった者です(オイオイ?)」
素晴らしい!あれは脳髄を直撃するものです。

「作者の山口先生にもお会いしました☆(普通の人です、問題ない!)」
まじすか! それはうらやましい!

「私も息子(4歳)に読ませたい!
「きょうかがいこっかくぜろ!」
「そのことば、せんせんふこくとはんだんす!」とか言わせてみたいですーーー!!(病) 」
自分が言うのもなんですが4歳はアレすぎなんじゃござんせんか…? でも
読 ま せ て ぇ
ですよねぇ!

「でも同じような懸念で封印か迷う母心なのでした~ 」
中学! 中学まで待ちましょう!
私は小学校三年生の第二子にへうげもの読ませた後に、
そういやぁ秀吉の大変なシーンがあった
ことを思い出した粗忽者です。
そういうことってあるよNE!

「初書き込みで馴れ馴れしくて失敬失敬。」
いえいえ、ブログ拝見しましたら何やら同じようなバツイチで非常に親近感を…。
というか、自画像拝見して
「お、ほんわら系の人かな? 」
と思ったら…大当たりでした!
なんかちょっと嬉しいです。

では、シグルイ最新刊を待ちつつ
ネコタ斑猫 拝

初めまして☆

資料検索でたまたま引っかかって来てしまいました(笑)
私は「覚悟のススメ」に脳髄直撃されて漫画家になった者です(オイオイ?)
作者の山口先生にもお会いしました☆(普通の人です、問題ない!)

あまりに記事の内容に賛同致しましたので、
思わず書き込みします。

私も息子(4歳)に読ませたい!
「きょうかがいこっかくぜろ!」
「そのことば、せんせんふこくとはんだんす!」とか言わせてみたいですーーー!!(病)

でも同じような懸念で封印か迷う母心なのでした~

初書き込みで馴れ馴れしくて失敬失敬。

VIPPERな名無しさん、コメントありがとうございました。

そーなんですよ! 他にもアレだったりアレだったりアレだったりして
「この熱さを共有してぇ! 知り合い全部に布教してぇ! でも
ア レ な 人 だ と 思 わ れ た ら ど う し よ う」
と二の足を踏んでしまうわけですよこのいくじなしが。
わかって戴けてうれしうございます。とりあえずネットでは同志がたくさんいてそうなので大変心強くなりました。覚悟のススメ、超サイコー!

ああ、やっといえた(´;ω;`)
ネコタ斑猫 拝

946様、コメントありがとうございました。

「今のマンガ」というより、他のマンガにはないまさに源泉たる熱さに満ち満ちている、それが山口クオリティ! そしてそれはどのマンガにおいても同じです。私は雷句先生の熱さも島本先生の熱さも尾田先生の熱さもみんなみんな大好きです。全ての漫画家先生、素晴らしいマンガをありがとう!

では
ネコタ斑猫 拝

分かる、言ってる事すごく分かる!
このマンガ面白いのに友達とかには凄く進めずらいですよね

悟空道と覚悟のススメは今の漫画にはない何か(具体的には熱さとか)がある!

仏契!

お風呂あがりの774さん、コメントありがとうございました。仏契とは超COOL!ですね。気にはなっていたんですが、やっぱ必読ですね! イカス情報ありがとうございます。

では
ネコタ斑猫 拝

悟空道もすごかったのですが生憎と打ち切りでして…
仏契(ぶっちぎり)!がメインフレーズの西遊記ですた。

nni様、とにかく読め! すばらしい作品だ!

ちゅぱえもんのルーツがここに! (嘘) ぬふぅぅぅのルーツもここに! (嘘)
なんつーか、シグルイの「いやー実は皮膚描くのキライなんだよねー」とさえ言い出しそうな作画よりも覚悟のある程度現実的な作画の方が好きになり申した('A`) 三重様なんかどうしますかデフォルトで尻穴が見えちゃってるんですよ('A`) もうあらゆるものを削ぎ取られてゆく虎眼流がせつのうてせつのうて('A`) だれかたーすーけーてー
いやでも覚悟のススメはほんと面白いです。出会えたことを心から感謝してます。

では
ネコタ斑猫 拝

まーさま、コメントありがとうございました。

シグルイ全巻持ってます! なんつーか、このひとのはらわた好きはこの頃からのものだったんだなぁ、と…。シグルイ覚悟は同じくニポンの武士道の狂気を書いているわけですけども、シグルイはまこと広うなり申したが切なくて(´・ω・`)覚悟は少年誌なせいかお若かったせいか「あれだけの死闘を超えてほぼ全員が生きながらえた」という希望の見えるラストなのが読んでいて楽だったのです。シグルイお好きなら是非! 罪子ちゃんがぷにぷにボディでかわいいですぜ! 
では
ネコタ斑猫 拝

先生!意味がわかりません!

でもシグルイの人ってのは理解したw

作者が今連載中の「シグルイ」も面白いですよ!
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック