スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツ泥棒と痴漢、どっちが人として終わってるかについての見解の違い

なにやら日本代表候補の数年前のパンツ泥棒が発覚して危ういことになっているらしい。
で、
パンツ泥棒はまずいだろ
と職場で話すと
どっちかっていうと痴漢の方がまずい
ということになった。
いや、痴漢は電車とか目の前に魅力的な女体があったらうっかり触っちゃうかもしれんが、パンツ泥棒は色々計画性が必要だ。パンツのありかを知り、それをいかに取るかを考え、さらにそれを実行する。それら心理的なハードルが痴漢よりはるかに高い。それを乗り越えちゃったやつのほうがまずい。痴漢のチャンスはそこらへんにころころ転がってるが、パンツ泥棒のチャンスは自分で作らないと生まれないんだ!
となんか知らんが熱弁したら
いや、痴漢の方が他人に迷惑かける度が高いし、その考え方は男の人の考え方じゃないの?
と一刀両断された。
うーむ。
…そ、そうかな…。
とりあえず女子連の考え方としては
「痴漢の方が受けた側のダメージが大きい。ぱんつくらいとられたってどってことない」
「旦那がやっていやなのは痴漢。相手の女の子に迷惑かけてほんと悪いと思う。」
「パンツは所詮モノだから」
ということらしい。
いや! いやいやいや! 痴漢のチャンスは今そこにありますがな! 今朝の電車の中にもありますがな! パンツはよほどがんばらないとゲットできませんがな! よって人として終わってる度ではパンツの勝ち!
…ダメですか?
まぁそうか、確かにされた女の子側としてはアレか…(´・ω・`)

ま、どっちもやめとけってことやね('A`)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モモさま、ミョーに的確なコメントありがとございます!

記事の主旨とは多少違いますがなんか綺麗にまとまっている上に的確ですね! こっちとしては多分どっちも人として終わってるけれども確かに下着ドロはおわりのはじまりであるような気がいたします。いやすばらしい。感服いたしました。
ではまたのお越しをお待ちしております。
ネコタ斑猫 拝

痴漢は人として終わっていて
下着ドロは変態としてはじまっている
って事かしらと。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。