ネガティブコメントにレス付けるときに気をつけている三つのポイント

雑記的な記事を書き散らしておりますと、様々な客筋の方から様々なコメントを頂戴します。
時に頂戴する「記事内容に物申す! 」的なコメントについてお返事する際に気をつけていること。

1 プロファイル禁止
コメントの書き手について間違ってもプロファイルしては不可ません。またプロファイルした仮想上の相手に対してコメントを返すなどいよいよ不可ません。
書かれたコメントから相手を類推することはとてもたやすいことのように思われます。誰もが日常でしている仕事です。けれどもウェブ上には自分の想定を遥かに凌駕した様々な方がおられます。人生において到底遭遇しないような生活層の相手にも何のハードルも手続きもなくアクセスしまたされることができるのです。なんとなればうっかりプロファイルしてそれについてほのめかしたり或いは勝手にプロファイルした仮想敵国に対しコメントを返すような真似をしたりすると、概ね自分の人生経験の甘さや欠落について膝を付き泣く羽目になります。「誰が見たってこういうタイプだろヲイ」なんてスッゲ自信があってもやめましょう。相手の方に失礼です。

2 オウム返し戦略の導入
たとえば相手の方がこちらの主旨を取り違えている場合、相手の文章を引用しながら相手の理解したところを自分の言葉で解題しながら一つ一つの誤解についてほぐしてゆくという手法は「無意識のうちにプロファイル」を避けるためにもとても有効な手法です。まとめて自分の返事を書こうとするとやけに自意識過剰になったり卑屈になったり居丈高になったりはたまた自己弁護が過ぎたりしてしまうものです。それを一段落ずつ或いは一文ずつに解題してお返事するようにすると、いつのまにか立ち位置が「コメントの書き手に対し防戦的にお返事しようとしている自分」から「コメントの書き手と交流しようとしている自分」に摩り替わって精神衛生上も安全です。ヒトが元来種として身につけた音声による即時的コミュニケーションスタイルにはタイムラグのある書きっぱなし交流というのはありません。それゆえにタイムラグ満載でログに残る記事→コメント→レスというのには齟齬が生じやすいわけです。つまり、相手の書いた言葉をオウム返し的に引用するという手法は、ウェブにおいてヒト元来の音声による即時的コミュニケーションスタイルを擬似的になぞるための所為なのです。

3 「記事内容に物申す! 」的なコメントの中の人は間違いなくツンデレ
以前コメントはツンデレでお願いしますでも書いたんですが。
翻って自分で考えて見ましょう。自分も様々な記事を読ませていただきますが、それについてコメントをマメに書くかというとそうでもない。まぁ自分がこうやってブログ持ってて気に入った記事はそこで紹介しちゃうからってのもあるかも知れませんが、あれだけ面白い記事を沢山読ませていただいているにもかかわらずほとんどコメントを書いたことがない。
人にも拠るんでしょうが、心理的なハードルは結構高いんじゃないでしょうか。
そういう中でコメントを書いてくださるという方は、それだけでありがたいモンです。内容の是非は置いておいてもそれはツンデレ。コメントの中の人のスタンスというのはすべからく
「もう! ほっとけないんだから! 」
なわけですよ。
ほっとけないから不備を指摘する。ほっとけないから自分の感情を披露する。それがどのようなものであれ、ベクトルはまっすぐこちらに向いてるわけです。
そりゃ中には
「べっ、別にあんたのためにこの記事書いたんじゃないんだからね! 」
といいたくなるようなコメントもありますが、それはそれで結構、そうやってお返事すればよろしい。つまりツンデレ返しです。これを補足すると
「べっ、別にあんたのためにこの記事書いたんじゃないからね! でも、コメントくれてありがとう。なんだかんだ言って、あたしのこと結構気にしてくれてるんだね…。
もしよかったら、またきてくれるとうれしいな…。
今度はあなたがちゃんと面白いって思ってくれるような記事を、頑張って書いとくから…。」
ウォォォォォォ!
ヤベェこのツンデレ! ベッタベタなのになんかヤベェよ!

とまぁ書いてる自分も逆上するくらいかわいいですよねこういうこと書かれたら。また通っちゃいますよね。んで最後には相思相愛でハッピーエンドなわけですよ! 
何の話だァァァァァ!

えーというわけで、マジメな文章を書き続けられないという重い持病のためになんか最後グダグダになっちゃったんですが、とりあえず上記の三点に心を留めながらレスを書かせていただいております。

コメントを書いてくださるっていうことは、自分の記事のために時間やエネルギー他色々なコストをかけてくださるということで、ほんとうにありがたいことだと思っております。
公開している以上、より多くの方に記事を読んでいただきたいってのは本心で、それについて何かの形で反応をいただければより嬉しい。これはいわゆるネガティブコメントについても本質的には同じです。ネガティブコメントを頂戴するには、こちらがわに不備があったり、知識や経験が足らなかったり、場合によっては相手の方が記事に纏わるとても辛い経験をお持ちだったり、というような要因が確かにあるわけです。そうであれば先ずなすべきは誤解を解いたりご指導ご鞭撻に感謝したりまたただねぎらいいたわることであったりするのです。

というわけで、皆様に頂戴したコメントを鯨飲して精進してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ネコタ斑猫 拝


駄文にゅうすさま、記事の紹介有難うございました。
あにゅ~るさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック