スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊水は腐りませんが濁ります。

以前お産に当たって、某大学病院の元看護婦さんで旦那さんが同病院の小児科医、ついでにいうと個人的にお近づきになれたのは於四年制大学(つまり子どもいる状態で勉強して入りなおした)というもう完璧超人のようなすばらしい同輩に聞いた話。

「予定日より遅れると胎盤の機能が落ちて羊水が濁るから、絶対に予定日より早めに産むようにしてね。陣痛早めるにはとにかく階段上り下りすること! デパートの上から下まで全部歩いたら一発よ! 」

というわけで羊水は濁りますが、これは加齢による問題というより一度の受胎で拵えられた胎盤が経時劣化してゆくことで起こる現象と考えたほうがよさそうです。
加齢による問題としては生まれたときから抱え込んでいた卵子に生じうる遺伝子異常や母体の体力の低下などがあるわけですが、それと胎盤及び羊水の問題は別件として考えてよいのではないでしょうか。
平たく言うと
老若関係なく予定日遅れたら羊水が濁る可能性はあるということだ。

あとその同輩からの大切な口伝。

「お産の後は産んだらすぐに産後用のウエストガードルして! それするのとしないのとではウエストの戻りが全然違うから! 買っといて病院に持ち込んで、お産済んだらすぐに締めるのよ! 」

うん。
確かにこれは有効でした。ただし完璧に復元できるのは第一子までな。
第二子になったらねー。
なんてんだ、
めいっぱい小銭詰め込んで一月ほっといてから小銭取り出した皮のがま口考えてみ?
ああいう感じで伸びきった皮がもどらねぇのよ。
まぁ外形的には戻るのでやっぱ何人子ども産んでもガードルはしたほうがいいとガチで思うけれども、不可逆的に伸びた皮、こればっかりはいかんともしがたいね。切り詰めるほかねんじゃねの?

臍にいつもパタリロの口があります。うふふふふ。


RinRin王国さま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご教授有難うございます。

今回の記事では卵子と精子との染色体異常の多寡についてまで触れる機会がなかったのですが、Y染色体のバグの出現率については、Y染色体はX染色体と異なり減数分裂の際ペアになる染色体がおらずそれゆえに相同組み換えによる遺伝子補修が行われず結果高くなるというほどの理解でよろしいでしょうか? 
あと加齢による染色体異常の比率が精子の方が多いとのことですが、これは配偶子の絶対数においてでしょうかそれとも産児の異常の原因と計上してなのでしょうか? 
色々検索してみましたがそのあたり詳らかにならなかったため、お手数ではございますが参考文献などお知らせいただければ幸いです。

ネコタ斑猫 拝

加齢による染色体異常は卵子ではなく、精子が多いですよ。
特に胎児が男の子で、染色体(Y染色体)に異常がある場合の出現率はかなり高いです。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。