お母さんが息子のためにエロ画像フォルダを用意してやらねばならない時代

古きよき時代。
それは店頭にビニ本が並び河川沿いにエロ本自販機が設置され道端に裏本のきれっぱしが落ちていた時代。
その頃からすれば、
「少年よ冒険なくしてエロに辿り着くなかれ」
という箴言が意味を持たない今日の状況は隔世でありましょう。

今日のエロは着メロと共に携帯に届けられます。
えげつない(時には独創的にすぎる)誘い文句。
あけすけな(或いはチラリズムに過ぎてその先を求めたくなるような)添付画像。
そしてついクリックをした先には、
インド人もぽっくりなワンクリック過重課金サイト
インド人もあんぐりな有料サイト同時登録サイト
そしてごく稀にインド人もしっとりな無料サイト
などがあるわけです。

そこで突きつけられるのは経済的な負荷だけではありません。
優しく柔らかくうぶな未成年の心には頓狂に過ぎるような画像や動画が、あたかもこれがエロの類型であるといわんばかりの顔で並び閲覧を待っているのです。

パソコンはもっと難儀です。
あらゆるキーワードにすかさず答える画像検索。
以前はニッチであり、孤立せずにはおれなかった嗜好さえ、仲間を見つけ情報交換するに難くないのです。
いえ、そのような市場の成熟を否定しているのではありません。孤独な嗜好に悩み己の存亡を疑うなど、悲しいことです。それらは所詮嗜好です。存亡の是非にまで考えいたらずともよいのです。

ただ私が憂慮しているのは
子どもが生物学的に期待される次第を飛び級していきなりハイエンドな行為嗜好を当たり前のごとく刷り込まれてしまう
という事態なのです。

もっと素朴に、アダルトビデオを考えて見ましょう。
今でもよく覚えています。自分が大学の頃、先輩がはまりこんでいたアダルトビデオが
「葉山レイコ」
さんのものでした。
そう、あのスペイン語講座に出た葉山レイコさんです。
先輩は
「こんな美人がアダルトビデオに出るなんて! 」
と驚愕しつつ愛用なさっておられました。
自分もそれを拝見する機会を持ったのですが、彼女のような美しい御方のなさる
お口での行為
本番
が大変過激な行為として意識されておりました。

隔世でございます。

今日日のエロ動画では
フェラチオ
クンニ
中出し
シックスナイン
顔射
アクロバティック体位
コスプレ
オトナノオモチャ
このぐらいは当たり前で、更に
アナル
フェチ
レイプ
乱交
露出
もわりとニチジョーチャメシゴトになっちゃってるキライがあります。

畢竟今日日のエロ動画というものは、既に食傷気味のエロ好きの方々の鑑賞に十分に堪えるように作られているわけです。
お行儀のよさに食いつくベテランなぞいません。
つまりエロ動画とは、絶望先生風に言えば、既にして
「一見さんお断り」
の状態なのです。
それをうっかり一見さんが見てしまったらどうなるか。

百見さん向けの熟成されたエロ動画を、あたりまえ、標準と認識するでしょう。

けれどもそれらは女性がされてありがたい行為なのでしょうか。
それとも男性の劣情を過度に掻き立てるための非実用的な記号の羅列なのでしょうか。

いずれかと問われれば、女性として、後者であるとしかいいようがありますまい。

それゆえに私は子どもらのためにエロ画像フォルダを用意するのです。
微エロな写真集を集めるのです。
子どもらが生物学的な飛び級をしないように。
生物学的に妥当な段取りを踏まえた上で、生物学的な正当を弁えた上で、世界に撒き散らされているハイエンドなエロに立ち向かえるように。


障害報告@webryさま、記事の紹介ありがとうございました。
「本来であればおとうさんの仕事やもしれぬな
ひょっとしたら兄や学校の先輩の指名(使命? )なのかも
無菌室みたいな育て方をするよりもまともな子供に育つと思う」
お兄ちゃんや先輩に任せると多分驚愕させようとしてハイエンドな方向にいきなり行きそうでおっかないです。因みに先日子ども会でのお泊りを経てきた子どもが
「部屋に変態が居て眠れなかった」
というので驚愕して
「何? どんな変態? 」
と尋ねたところ
「羊が一匹の替わりにパンティが一枚って数える奴がいてそいつのせいで眠れなかった。あとそいつエロ本持ってるんだって」
というので
「それは変態だな。あとお母さんもエロ本持ってるけど読む? 」
とついでに聞いたら断られました。うちの子供たちはお母さんがエロフォルア他を標準装備しているせいで自重気味です。一番大事な写真集はビビアン・スーのファースト写真集です。大変綺麗なのでまずはあれから見せたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック