スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校バレンタイン抄

なんてんですか、この時分はどの小学校にも慈悲深い母と子がいてそういう母と子は手作りチョコレートをあたかも全員プレゼントのように満遍なく配るわけです。何しろ小学校二年の第二子のクラスでは200個拵えた剛の者もいたらしいですからね。で、小学校二年のクラスで一番多くもらったのは12個達成の通称健さん。お母さんもお父さんもモデル並の美形(というより絶対モデルだったと思う)で本人もいい顔してるんですが、それにしたってすごい。本人の性格や社交性なのでござりましょう。好きな子からもらったらしいですからね。小学校二年生にして両想いバレンタインかよこん畜生。
うち? うちは小学校四年の上が4個、下が1個です。慈悲深い母と子により名誉は守られました。なお小学校四年生あたりの方がだんじょだんだんじょだんじょッ状態になるんで本意からのバレンタインチョコはなくなるようです。義理義理義理義理義理ーッッッ! この部分勘違いしてたので追記にて訂正。 200個も作る女の子と親御さん、ほんと頭が下がります。ご苦労様です。さぁ今年のホワイトデーは何にしようかな。因みに去年は
ブーケキャンディー
ローズフラワーキャンディー
スウィートドレス
ミニバスケットキャンディー
だったんですが、今年は
派手なのはやだ(すまん)
ホワイトデーにはチョコレートを返すものだ(そうなのか? )
という第一子の進言により、なぜか
パステルシュガー
になりそうです。一緒に楽天みてて
「かわいいねー」
「女の子こういうの好きじゃない? 」
となったブツでございます。
簡単な手作りホワイトデーキットがあればこちらも手作り返すのですが、もはや無印の手作りキットは売り切れておりました。残念。
なわけでいまどきホワイトデーではメッセージによりキャンディだのマシュマロだのクッキーだの使い分けるってのはなくなったようです。そういえば最近そういう戯言聞かないよなぁ。
古い常識でものをいってすまん息子よ。


2月16日追記。
追跡取材によると、第一子の4個はけして少ない数ではないことが判明。もらっていない子もいる一方で、実のところ4個はクラスでマックスらしい。4個ゲットしたのはクラスでもなかなかいい顔の(うちもだ! )3人、で、さらに聞いたところ
「本チョコも一個もらったよ」
との話。
3人の+一個は本チョコだったのか!
イヤッフー!
いやーなんで息子がもてるとがこんなに嬉しいんでしょうかね。
で、なんでその本チョコの存在を私が知らなかったかと言うと、
なんか恥ずかしいから先に食べちゃった
からなんだと。
そか。

第二子はもらえなかった子もいるなかで一個もらったのは中堅というべきか。
しかし第二子は
「もっとチョコ食べたかったから欲しかった」
などとかわいいことを言っている。うん、わからなくもないな。
しかし健さんおそるべし。
クラスに女子が13人いる中で12個ですからね。
うちのにも来年はがんばってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。