お母さんフィルタの必要性を子どもたちに説明してみたよ

個人ニュースサイトさんご紹介から選び抜いて子どもたち用お気に入りに登録しておいたyoutube動画、たまに私が留守のときにも見ているらしい。
動画なれしてきたし、そろそろだな、と思って、お母さんフィルタの必要性について子どもたちに教えることにした。

先ず子どもが好きそうな童画風のアニメ(ただしタイトル紹介文から中身はやや暴力的と推察される)をデスクトップに出しておく。
「見たいー」というので見てみる。
やっぱり大量殺戮もの。童画風だからいいが残虐である。

というわけで諭しターイム。

「お前たち今の動画見てどう思った? 」
「うーん、ちょっとこわかった」
「そうだな。最初出てた画面からすると普通に面白い動画みたいだったけど、ちょっと内容残酷だったよな。
動画の表紙だけでは内容って言うのは結構わからないものなんだ。
で、お母さんはお前たちに面白そうだからと言ってそこらじゅうをクリックして色々な動画を気安く見て欲しくないと思ってるんだが、その話の前にお前たちに見せてるこういう動画が置いてあるyoutubeっていう場がどのようなものなのかについてまず説明しておこう。
youtubeっていうのは動画の図書館みたいなものなんだ。 
ただ、普通の図書館には司書っていう人がいて、みんなのためになる本はどんなものか、みんなが読みたいと思う本はどういうものかっていうのを考えてそれを基準に購入してるんだけど、このyoutubeっていう図書館にはそういう人がいないんだ。
さらに普通の図書館に置いてあるのは本屋さんで売ってる本だけだけど、このyoutubeっていう図書館に集まるのは、
「自分でこういう動画作ってみたけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「僕が見て面白かった動画でみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「他の人が作った動画をうまく組み合わせて新しく動画つくってみたんだけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
「うちの会社で作った動画なんだけどみんなに見て欲しいからここにおいとくね」
っていう四種類の動画なんだ。
で、選ぶ基準がないところにもってきて、色んな人がみんなに見て欲しいって思ったものをどんどん置きにくるもんだから、集まるのはほんとうに色んな動画なんだ。
そのなかには、お気に入りに入れてあるようなすっごく面白いやつもあるけど、君たちみたいに新しくて柔らかくて真っ白な心の子どもには、まだ見て欲しくないものもある。
君たちがきらいなえっちなのとか、すごくこわいのとか、気持悪いのとか。
お母さんはそういうのがyoutubeっていう場にあることが悪いことだとは思わない。人の趣味というのは多様であっていいんだ。
ただ、まだ小さい君たちにそれを見て欲しくないだけなんだ。
だからまだ小さい君たちは、お母さんが選んだものだけ見ておくようにしておくれ。
動画の周りにどんな素敵に見える表紙や言葉があっても、けっしてクリックしてはいけないよ。
わかったね」

この話をすると、
「僕たちいっぺんもそういうのクリックしてないよ」
「僕たちお母さんが選んでくれたのだけ見てるよ」
と口々にいわれた。
そうか。
そうだろうな。

しかしいつ「ちょっと見てみようかな」と思いつくかなどわからないわけで、時機を逃さずこういう話ができたことに、私は安堵したのである。

因みに子どもたちがえっちなのをことさら避けるようになったのは私がしょっちゅうエロ画像を見ていて覗きに来た子どもに
「あー第一子えっちになっちゃったー」
と冷やかしたり、テレビで巨乳様が出る度に
「おっぱい! おっぱい!  (AA略)」
をリアルでやったためだと思われる。
反面教師大成功! (←ダメ人間)
因みに子どもがえっちに興味を持ち始めたら見せてやろうと思ってる選び抜いたエロ画像フォルダも標準装備、メンテナンスもまめにしている。
計画は完璧だ! (←大迷惑)

ついでに最近ものっそ子供たちがはまった動画。
ミクランカー
全部覚えて兄弟で合唱しちゃってる子どもたちに、お前ら頼むからそれ外で歌うなよ、色々ばれるから、と言い聞かせながら家族で中毒状態。もう大好き。
作者の方、楽しい動画をありがとう。


駄文にゅうすさまがなんか記事上げたとたん紹介してくださいましておまけに惹句がそれですかという感じで明朝から赤くなったり青くなったりしながらのたうちまわっております。
恥掻きついで折角なので俺様のエロ画像フォルダが火を吹くぜ! (←前向き…? )

というわけで初級編
1621m.jpg


中級編
WindowsLiveWriter_ed48314fff50_38F_up2_viploader_net_pic_src_viploader547591_2.jpg


上級編
lady.jpg


全部拾い物ですんで、問題がござりますれば緊急にお知らせくださりませ。
ネコタ斑猫 拝


あにゅ~るさま、記事の紹介ありがとうございました。
障害報告@webryさま、記事の紹介ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブロントメモリアルさま、コメントありがとうございました。

あ、暗号…? (゚Д゚;)

ネコタ斑猫 拝

ブロントメモリアル

俺がどうやってギャルゲやったことないって証拠だよ

うん

趣味。
以前パソコン壊れたときもこのフォルダ失うのを恐れて嘆いたさ!
無事でよかったさ!

ネコタ斑猫 拝

中級者編がなかなか。

後ろ姿なのがいい。顔が見えないので勝手に自分の趣味で妄想する。
上級編は…悪くはないけどもうちょっとナニが欲しいよね、と。
しかしお母さんがこんなの用意するとは聞いたことがなく…こういうのは隠れてコソコソやることが男の子の成長にそれなりの意味があると思うんですよね。ドキドキしながらエロ本買ったりね。そういう意味でこのごろエロが実に簡単に手に入るのはまことによろしくない。
あーこれは息子さん向けというわけでもなく、ネコタさんの趣味?
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック