スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんが子どもに見せられないマンガを教えてくれ

というわけで私家版母ちゃんが子どもに見せられないマンガとそれについてのコメント。

さよなら絶望先生
→小学生にはまさに禁書。小学生がこういう斜めなものの見方したら殴りたくなること必定。でも大好きですから久米田先生! 中学2年あたりで読ませてみようか。

コックリさんが通る
→これもまた斜めな見方なんだけど、ちょっと上とは違うなぁ。高校あたりで読ませてみようか。

性別が、ない!
→面白くて勉強になるんだけど高校くらいにね。

MW
→これも高校ぐらいだな。手塚さんのマンガではシュマリの次に好きだ。あ、しまった、一番すきなのはクレーターだった。

シグルイ
→ノーコメント。

蜜室
→おい。

いぬみみずかん
→こ、高校になったら読ませたいんですけどね…良質だから…。

神罰
→この面白さを知るには土台となるべき共通言語としての多大なるマンガ知識がいるからなー。その意味でハードル高いしまだ読ませられないなー(そういう問題か? )。

逆に漂流教室は小学生のうちに読ませておきたい。実家にあるのでとってこよう。はだしのゲンはもう読ませた。あと歴史マンガに関心持ち始めたからでかい男ってモンを教える意味含めて花の慶次読ませたいんだけどもともと人気あるトコにパチンコで流行っちゃったもんだから高くなっちゃった。まぁ暫く待とうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。