アタマジラミは過去の話ではない スミスリンに替わる駆除方法ロビーコーム・ニットフリーコームのご紹介

アタマジラミは過去の話ではない。保育園・幼稚園・小学校低学年の子どもを持つ親なら大抵お馴染みのネタだ。
で、その駆除方法はスミスリンLシャンプー(楽天2本セット送料込み最安値)だけだと思ってた。
主に私が。
んが、今日ちょいとネットを散策していたところ、
ロビーコーム・ニットフリーコーム(代引き専門店)
という商品があることを知った。こちらシラミ駆除専門の櫛で、


微小針構造ステンレス製しらみ卵(ニット)駆除櫛
丈夫で安全なステンレスの歯を採用。先は丸く、皮膚を傷つけません。
スクリュー状の歯が効果的に駆除します。
国際特許取得品。
家族全員で何回でも使用でき大変経済的です。
持ち手までステンレス製のこだわり。


というすぐれもの。

罹患した人ならわかると思うが、あれは
いちゃいちゃ家族だと一家全員もれなく寄生される
シャンプーはいわれるままに使うと一回の罹患で一人一本必要(1回髪の長さに応じ10~20mll使用、二日おきに3~4回シャンプーで容量80mlのため)
シャンプー定価だと一本2760円でけっこうする
一刻も早く駆除しないと他の子どもに迷惑がかかる
というかゆいだけながら結構神経にこたえる寄生虫である。

うちの子ども達は幼稚園時代からほぼ10回くらい罹患してきた。で、ちまちま使って一回の感染で家族二本ですませてきたのだが、それでもたかがしらみに5万くらい使ってきたことになる。たかがしらみに!
で、またもらってきたわけだ。子どもたち鈍いのかなれたのかなんもいわんのだが大体私が気づく。かゆいんだもん。参るよなアタマにシラミのいるオトナ。
で、お財布にも厳しい病気で、いいかげんいやになってたところに見つけたのが上記の商品。
早速ぽちっと注文したのだが。

なんというか、最近スミスリン耐性のあるアタマジラミが現われたとか、どうしたってきっつい殺虫剤なので子どもに使うのは心配とか、色々あるなかで、それでも自分の中にはアタマジラミ=スミスリンという公式しかなかった。
お友達のお母さんは皮膚科に行ったらしいが、やはりスミスリンを買うよういわれたらしい。
ネットで検索しても上位にくるのはスミスリンを使った駆除方法である。

んが、今回そんなわけで「ニットコーム」で検索してみると、色々出てきた。

以下えげれすで子どもがアタマジラミに罹患なすった方のサイトより引用


UKで学校が決まると制服や寮に入るための準備に入る訳ですが、学校からもらった持ち物一覧表の中にどうしても理解できない単語があったんです。
Nit Comb・・・???毛糸のニット???コームっていうからつげ櫛みたいなもの?
パソコンの翻訳機では「卵コーム」!
電話で問い合わせたらなんとNitは虫だと言う!!英語ならLice
(中略)
イギリスともあろう先進国に「しらみ」なんて・・・信じられませんでした。
学校生活が始まると週に1回はしらみの検査がある。
(中略)
「日本人は髪の毛が黒いからニットが怖がって来ないから大丈夫よ。」
メイトランさん(寮生の生活のお世話をして下さる)がおっしゃる。
しらみは暗いところが嫌いとか?娘の学校は金髪の子がほとんどです。


日本でも順当にはやっとります。
で、紹介されていたえげれす流駆除方法。


学校では
①薬品を頭に付け、ナイトキャップをかぶったまま1晩過ごし、翌朝洗髪

自宅では
①酢(バルサミコ)を髪の毛全体にかけ、ナイロンキャップでおおい1時間後、洗髪

②レモンの匂いが嫌いというので、生のレモンを購入し、入浴時に浴槽へ
髪の毛から体全体にレモンの香りを。浴槽に大き目のレモン5個分を入れたら酸が強くて体がヒリヒリになってしまいました。学校のベットにはレモンの香りスプレーを振り撒く事にもしました。

③それでもとれないので、卵のある髪の毛を1本1本抜くことにしましたがハゲてしまいそう。

④そこでただのNit Comb(一般には成虫を取るニットコームが多い)では卵を取ることはできませんので、卵が取れる細い金属性の櫛を購入(イギリスの薬局ではニットコームが当たり前のように何種類もある。日本にもチェーン店のあるおしゃれなイギリスの化粧品店「THE BODY SHOP」でもUKではニットコームが販売されています。シャンプーやリンスにもニットが嫌いな香りを付けたものがあります。)
子どもの頭を膝に乗せ、陽だまりでしらみの卵をとる姿は上野動物園で見たサルの親子そのもの!
次から次へと取れる卵を櫛からセロテープで取り、A4ノートに貼っていく。
288個の卵が取れました。

最終的にはニットコームでの手作業が効を奏し、完全退治!


日本の THE BODY SHOPでもアタマジラミグシ販売してくれよ。

国際情報を掲載しているサイトも。アタマジラミの各国事情がわかってものすごい面白いので是非ご一読を。

というわけで、結構色々あるらしいよ駆除方法。
で、中でも一番物理的にシンプルで且つ効果的なのが櫛による駆除らしい。
自分が買ったのはニットフリーコーム (しらみ卵駆除櫛)だが、ロビーコームを併用したほうがよかったかもしらん。

とりあえず、この装備でうちんちでは
アタマジラミおそるるにたらず!
という状態になった。あーよかった。てか早く届け。

というわけで、アタマジラミ駆除方法の選択肢を増やすべくここに記事にした次第である。
小さいお子さんをお持ちの方、ご参考まで。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【アタマジラミ】についての検索結果をリンク集にして…

アタマジラミ に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

コメントの投稿

非公開コメント

シラミ…

ティーツリーは安心らしいですね。自分も初シラミのときにネットを自在に使える立場であったら色々ちごてたんでしょうが…。ニットフリーコームのよいところは、シャンプーしてもとれない卵を根こそぐことで次にかゆくなったときにそれがシラミのせいなのかそうではないのか視認しやすくなる点だと思われます。しかしアタマジラミが根絶し切れてないなんて子どももって初めて知ったわ…。では、またのお越しをお待ちしております。
ネコタ斑猫 拝

我が家にも初しらみが来ました!スミスリンは怖いので色々調べ、ティーツリーというアロマオイルでシャンプーしてます。お酢もレモンもいいですか!併用してみます。それと、ニットフリーコームも買おうと思っています。
とてもためになりました。ありがとうございます。
プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック