キング・クリムゾンがほんとうに消し飛ばしたかったもの ディアボロ君のひと夏の過ち(阿呆下ネタ注意) 

ディアボロは自在に「今このとき」を消し飛ばす能力を手に入れた。それはまるで無敵の能力だ。では彼はそれで満足していたのだろうか? 否。彼は満足していなかった。「今このとき」を自在に消し飛ばしながら、彼は常に不安だった。では彼がほんとうに消し飛ばしたかったのはなんだったのだろう? 過去だ。トリッシュの母親と過ごした過去だ。彼は過去から現在の彼が暴かれることをとてつもなく恐れていた。彼は何度も後悔したに違いない。トリッシュが生まれたことですら彼にとっては既に派生的な出来事だ。彼が後悔し続けたのは、
ひと夏の過ち
であり
相手があんま好みだったもんだからうっかりやっちゃった俺
であり、いっそ
なんであんとき付けてやんなかったんだよォォォォォー! あんとき付けときゃこんなことになんなかったんだよォォォォォー! 
という
ぶっちゃけ避妊ミス
なのだ。
で、賢明にもトリッシュの母親はナカダシしたディアボロにすかさず
「責任とってッッッ! 」
などと迫らなかったらしいことは、ひと夏のバカンスが終わってからトリッシュの母親がディアボロを探したというくだりから推定できる。
(あの性格だとそんなことゆわれたらもっと早くとんずらするかピー
するってぇと、トリッシュの母親が
「今日は大丈夫な日だから…生でいいワ☆ 」
などと言って計画的にはめようとしたわけではなさそうで、どっちかっつーと
(この人素敵…もし子どもが出来たらこのまま一緒にここで暮らすのもいいかもね…)
ぐらいの見込みと
(あ、やべ、俺もってねーや…どーしよ…いいや、雰囲気いいしこのままやっちゃえ! )
とまぁ
男女のばら色アンビバレンス
と共に
どー考えてもディアボロ自身が欲望に任せていってしまった
という成り行きがうかがえるわけである。
ついでにいうともしそんときディアボロがキング・クリムゾンを発動してたら、射精の瞬間を消し飛ばすことでことなきを得ていたであろうからこのときはまだスタンド能力を有していなかったのだろうと推察することができる。
あ、でも、射精の瞬間消し飛ばしたら肝心が気持ちよくなくておもんないよね。

射精の瞬間を消し飛ばしても射精の事実は消えないのでここ間違いです。何度射精と打ったら気が済むのか。

で、まぁこの記憶この後悔はディアボロの「時を消し飛ばす」能力と無縁ではないと思うのである。
彼がマフィアになるのを志した時点で、このナカダシの過去は彼に立ちはだかる。よく覚えていない妻と、顔を知らない娘、という弱み。彼女たちをもしや人質にとられるのではないか、という恐れではない。その血統から自身が暴かれることを彼は恐れたのである。
いかに己が己を隠そうとも、無邪気にあらゆる軌跡をあらわにし続けた妻と娘とがいる限り、そして自身と彼女らが血統で繋がっている限り、彼女たちの存在で自分の何を暴かれるかは想定の範囲外である。
それゆえに彼はその過去を消すことを切望した。トリッシュの存在を消すことを切望した。トリッシュの母親と過ごした時間を消すことを切望した。
だが彼に与えられたのは(きっかけは何であったにせよ)「今このとき」を消し飛ばす能力だけであった。マフィアをやってゆく上ではこれで十分すぎるほどなのだが、それは彼にとって非常に不満な能力であった。
いかに「今このとき」を消し飛ばし、戦闘においてほぼ無敵になろうとも、結局のところ過去を消すことは能わなかったからだ。

このことから何を読み取れるか。

ディアボロの轍から何を学べるか。

ナカダシ禁止。

もあろうが。


過去を消すことはできない。それゆえに「今このとき」を粗末にすると、後から取り返しがつかないことになる。


ということではなかろうか。
ディアボロは、将来のことを考えずに、目の前の快楽に流されて避妊を怠った。
結果、そのときに出来た娘をわが手で殺さねばならぬ羽目に陥った。
その個人的な責務は、たとえ「今このとき」を消し飛ばす能力を身につけても消えなかった。

一方「今このとき」を自在に消し飛ばす能力を得た彼は、まるで「過去を消せない」という自分の能力の限界に復讐するように、幾度も、そう、宿のメイドに姿を見られまいとするためにも、そんな些細な目的にさえ能力を発動している。
そんな風に「今このとき」を粗末にし続けている。
瑣末な自己都合によって、他者の「今このとき」までも粗末にしている。
そんなディアボロに与えられた罰はなんだったか。
ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムによる
「来るべき死によって今の「生」を否応なしに際立たせられざるをえない「今このとき」の永遠の繰り返し」
である。
「今このとき」を消し飛ばし続けた彼は「今このとき」に閉じ込められたのだ。
最も無惨なやり方で。

というわけで、ディアボロは私たちに
結婚前のナカダシ禁止
過去は後悔しても消せないので、今このときを大切に、慎重に

という大切なことを身をもって教えてくれたのである。
ディアボロ君に合掌。
あと、ジョルノが死んだら多分エクスペリエンス解除されるから、もう少しがんばってね、ディアボロ。
ノトーリアスタイプじゃないといいね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタ斑猫

  • Author:ネコタ斑猫
  • オリジナル百物語サイトバー理科室の管理人。本家サイトでは400字×20枚内読み切り短編連載中。死ぬまでに千物語を完成させるのが目標。
    プロフ画像は山田芳裕著「へうげもの」より。古織いいよ古織。
検索フォーム
最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSリンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック